『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』 大ヒットの秘密 世界最高峰の映像技術、豪華キャスト陣はどのようにして物語を紡いだのか? - BANGER!!!

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』 大ヒットの秘密 世界最高峰の映像技術、豪華キャスト陣はどのようにして物語を紡いだのか?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』 大ヒットの秘密 世界最高峰の映像技術、豪華キャスト陣はどのようにして物語を紡いだのか?
『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』©︎2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

ジェームズ・キャメロン監督最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』より、壮大な世界観の秘密に迫るメイキング映像が公開された。

シガニー・ウィーバー73歳は“14歳の少女”をどう演じた?

2022年12月16日に全世界公開され、世界中で大ヒットを記録している『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』。このたび公開されたメイキング映像では、世界最高峰の映像技術を駆使し、豪華キャスト陣が如何にドラマチックな物語を紡いでいったのかが明らかになっている。

「パフォーマンスキャプチャは演技全体を捉える。俳優が生み出した動き、感情、表情など全てをね」と語るのはジェームズ・キャメロン監督。メイキング動画では、役者たちがマーカーやスーツを付け演技をする撮影裏が公開されており、ナヴィの姿の中に、確かに役者が存在することを実感することができる。

『アバター』シリーズに初めて参加した若手俳優たちは、「ピンポン玉みたいなボールが全身に付いている。それらを通して俳優の動きがCG化される」(ネテヤム役:ジェームズ・フラッターズ)、「光学式の小型カメラが動きを読み取りCGを作り出すんだ」(ロアク役:ブリテン・ダルトン)と語っており、ジェイクとその家族たちの数奇な運命と、彼らの絆を丁寧に描き切るために、表情、感情までをリアルに表現したことが明かされている。

さらに製作陣が描こうとしたのは、前作の主人公ジェイク・サリーとネイティリの子供たちが体験する“葛藤”と“成長”。環境の変化に葛藤するティーンエイジャーならではの苦悩を描きつつ、新たな場所での出会いや初めての経験を経て学んでいく彼らの成長の過程が描かれている。

映像では、御年73歳のシガニー・ウィーバーが14歳のキリを演じるお茶目な姿が垣間見えるが、シガニーは「CG技術が14歳の私を引き出し役づくりを助けてくれた。経験したことのない役柄だったけど少女に戻れて楽しかったわ」と、年の差を感じさせない最新のCG技術を絶賛。

プロデューサーのジョン・ランドーが「続編において大きく進歩した技術はフェイシャルキャプチャだ。前作よりも正確に演技を捉えられる」と語るように、キャスト一人一人の渾身の演技をそのまま映像に反映した本作の、感情移入してしまうような家族の愛と絆の物語と、新たに紡がれたティーンエイジャーの物語を是非劇場で確かめよう。

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は全国公開中

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』 大ヒットの秘密 世界最高峰の映像技術、豪華キャスト陣はどのようにして物語を紡いだのか?