プーチンの“邪悪な正体”を世界中が知る事になる 警察と遺族が全面協力したノンフィクション『リトビネンコ暗殺』 - BANGER!!!

プーチンの“邪悪な正体”を世界中が知る事になる 警察と遺族が全面協力したノンフィクション『リトビネンコ暗殺』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
プーチンの“邪悪な正体”を世界中が知る事になる 警察と遺族が全面協力したノンフィクション『リトビネンコ暗殺』
『リトビネンコ暗殺』©ITV Studios Limited All rights reserved.

世界中を震え上がらせた“リトビネンコ事件”の10年間に及ぶ捜査の全貌を完全映像化したノンフィクションドラマ『リトビネンコ暗殺』(全4話/第1話無料)が、スターチャンネルEXで独占配信中。また、TV放送「BS10 スターチャンネル」では2月6日(月)から放送される(2月5日第1話先行無料)。

“ロンドン警視庁史上最も複雑、かつ危険な捜査”と言われた「リトビネンコ事件」

本作は、この未曽有の事件の真相を追求し、懸命に戦ったロンドン警視庁の捜査官たちと、夫を亡くした妻、マリーナ・リトビネンコの10年間に及ぶ苦難の捜査の全貌を、警察と遺族が全面協力のもと、徹底的なリサーチに基づき映像化したノンフィクションドラマ。

本物であることにこだわり、実際の現場でロケ撮影

心に響くドラマにするために、ロンドンの日本食レストラン「itsu(イツ)」、リトビネンコが眠るハイゲート墓地など実際の現場で撮影。その墓地での撮影の日、 20219月に欧州人権裁判所がリトビネンコ殺害の責任はロシアにあると判決を下し、ロシア政府に対して、妻マリーナに損害賠償金の支払いを命じた。しかしこの判決内容を受け、ロシア政府の大統領報道官は「事実無根」として非難し、賠償金の支払い拒否を表明した。本作の公開は現在進行中のロシアによるウクライナ侵攻という国際情勢とも重なって、世界中で熱い注目を集めており、本国イギリスのほか日本を含む世界80ヵ国以上での配信・放送が決定している。

安藤優子(ジャーナリスト)
今、ウクライナで起きていること、インドでの反政府ロシア人富豪の不審死など、このドラマがどれほどの勇気と正義を持って作られたか、想像を絶します。実行犯だけではなく、その背後にある元凶の責任を問うた妻マリーナ、警察、司法、のあるべき姿に称賛を送ります。

デーブ・スペクター(放送ジャーナリスト)
「死人に口なし」を覆す実話!毒殺あっても黙殺はない。 相次ぐプーチンの関与が疑われる暗殺や未遂の不審死を徹底的に検証し、 支える家族や警察や関係者の信念が伝わる。 ロシアとウクライナ情勢の中で必見のドラマ。プーチンに「ニェット」だけどこのドラマに「ダー!」

小原ブラス(ロシア人コラムニスト)
国の敵と見なされたロシア人は世界のどこにいようと狙われる。このドラマを通してプーチンを糾弾することがどれほど危険なことか、生々しい実態が世界に伝わるのではないかと思う。 今、このドラマをみることに大きな意味があると感じた。

ピーター・バラカン(ブロードキャスター)
毒殺されたリトビネンコ本人も、奥さんを始め周りの関係者も、犯人の処罰がありえないと分かっていながら、 それでも残虐なプーチン体制に堂々と反旗を翻す姿は素晴らしい。イギリス警察の捜査も見事なもので、必見の作品だと思います。

常岡浩介(リトビネンコ夫妻の友人、フリー記者)
リトビネンコやマリーナさんや、多くの人たちのたたかいの成果で、 ようやく、世界中の人たちがプーチンの邪悪な正体を知り、今まさにウクライナで追い詰めようとしている。貴重なノンフィクションを誰もが見て欲しい。

【配信】「スターチャンネルEX」
字幕版:配信中 ※毎週木曜1話ずつ更新/第1話は無料
吹替版:1月19日(木)より配信開始  ※毎週木曜1話ずつ更新

【放送】「BS10 スターチャンネル」
STAR1 字幕版:2月6日(月)より毎週月曜よる11:00 ほか ※2月5日(日)吹替版 第1話 無料放送
STAR3 吹替版:2月8日(水)より毎週水曜よる10:00 ほか

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『リトビネンコ暗殺』

2006年11月1日、ロンドン。ロシアからの亡命者、アレクサンドル・リトビネンコ(デヴィッド・テナント)はイギリス国籍を取得したことを妻マリーナ(マルガリータ・レヴィエヴァ)と息子アナトーリ(テミーラン・ブラエヴ)とともに喜んだのもつかの間、吐血する。病院で彼は「暗殺者に毒を盛られた」と主張。そして死の床でロンドン警視庁のブレント・ハイアット警部補(ニール・マスケル)らに自分が元FSB(ロシア連邦保安局)職員であることを明かし、「暗殺を指示したのはウラジーミル・プーチンだ」と訴え死亡する。死後、リトビネンコの体内からは猛毒の放射性物質“ポロニウム210”が検出される。誰がリトビネンコを暗殺したのかー。真実を知るためにマリーナとロンドン警視庁の苦難の戦いが始まるー。

監督:ジム・フィールド・スミス
出演:デヴィッド・テナント、マルガリータ・レヴィエヴァ、マーク・ボナー、ニール・マスケル

  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • プーチンの“邪悪な正体”を世界中が知る事になる 警察と遺族が全面協力したノンフィクション『リトビネンコ暗殺』