『バビロン』マーゴット・ロビーは、ハーレイ・クインに負けないゴージャスで狂ったキャラクター

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
『バビロン』マーゴット・ロビーは、ハーレイ・クインに負けないゴージャスで狂ったキャラクター
『バビロン』©︎2022 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

若き天才監督デイミアン・チャゼル最新作

『ラ・ラ・ランド』でアカデミー監督賞を史上最年少で受賞、いま最も映画に愛される若き天才監督デイミアン・チャゼルが、オスカー俳優の大スターブラッド・ピット、いま世界で最も輝く女優の一人マーゴット・ロビーほか豪華キャストを迎え、再びハリウッドを舞台に描く夢と音楽のエンタテインメント最新作『バビロン』が、2023年2月10日(金)に全国公開される。

ゴールデンエイジ(黄金時代)と呼ばれた1920年代ハリウッド、サイレント映画からトーキー映画へと移り変わる時代。富と名声、野心に彩られた映画業界で夢を叶えようとする男女の運命を描く。共演者には、トビー・マグワイア、サマラ・ウィーヴィング、オリヴィア・ワイルド、キャサリン・ウォーターストン、新鋭ディエゴ・カルバ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシストのフリー、など多彩なキャストが集結。楽曲は、現在もCMで連日使用される『ラ・ラ・ランド』のあの名曲を作曲し、「第89回アカデミー賞」作曲賞・歌曲賞を受賞したジャスティン・ハーウィッツが担当。ジャズ・エイジと呼ばれたジャズ全盛期の音楽をいかに作曲するかも注目のポイントとなっている。『ラ・ラ・ランド』以来の脚本執筆となったチャゼル監督の、映画に対する強い情熱を感じさせ、賞レース常連の監督・スタッフとメインキャストによる夢の組合せが実現した。

新鋭女優ネリー・ラロイ役を演じるマーゴット・ロビー

本作でマーゴット・ロビーが演じるのは、スターになることを夢みてニュージャージー州の田舎からロサンゼルスに飛び出してきたネリー・ラロイ。自信と野心に溢れ、人々を魅了する輝きを放ちながら、恐れ知らずで向こう見ずなパワフルな女性だ。自分を売り込むために乗り込んだパーティーでのぶっ飛んだ振る舞いが目を引き、映画出演のチャンスを手に入れ、持ち前の明るさと特別な才能でスターへの階段を登り始める。しかし、ゴールデンエイジ(黄金時代)と呼ばれた1920年代のハリウッドは、サイレント映画からトーキー映画へと移り変わり、映画産業そのものの規模も急拡大していくまさに過渡期。次第に時代の荒波に揉まれていくことになっていき…。

マーゴットといえば、アメリカのDCコミックを映画化した人気シリーズ『スーサイド・スクワッド』『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』などでハーレイ・クイン役を演じ、その破天荒なキャラクターとポップなビジュアルで日本でも大人気に。本作では、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』以来のブラッド・ピットとの共演に加え、史上最年少でアカデミー監督賞を受賞した『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督とタッグを組んで、ハーレイ・クインに負けず劣らずのゴージャスでクレイジーなキャラクターを熱演している。

人々の欲望と思惑がうずまく映画界を生き抜く強かさ、そして併せ持った純粋さと美しさで”黄金期”と呼ばれたハリウッドを、底辺から駆け上がっていくその姿は、観る者に強烈なインパクトを与え、一心不乱に、時に大胆に夢を追いかける姿に心奪われる。

きらびやかで、夢と希望が溢れて人が群がっていたハリウッドのゴールデンエイジ(黄金時代)。移り変わる時代の中で、ネリーが行きつく果てに待つのは、栄光か破滅か…?

『バビロン』は2023年2月10日(金)より全国公開

『バビロン』©︎2022 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 『バビロン』マーゴット・ロビーは、ハーレイ・クインに負けないゴージャスで狂ったキャラクター