ヤクザが幕末にタイムスリップ 映画と舞台が連動「東映ムビ×ステ」第5弾『仁義なき幕末-龍馬死闘篇-』 - BANGER!!!

ヤクザが幕末にタイムスリップ 映画と舞台が連動「東映ムビ×ステ」第5弾『仁義なき幕末-龍馬死闘篇-』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
ヤクザが幕末にタイムスリップ 映画と舞台が連動「東映ムビ×ステ」第5弾『仁義なき幕末-龍馬死闘篇-』
『仁義なき幕末-龍馬死闘篇-』©︎2023 toei-movie-st

映画と舞台を完全連動させるプロジェクト「東映ムビ×ステ」の第5弾『仁義なき幕末-龍馬死闘篇-』が2023年春に公開される。

豪華キャストが共演

本作は、幕末とヤクザという掛け合わせがいままでにない新しいコンセプトで、豪華キャストでどの世代にもワクワクできる作品。

映画・舞台ともに主人公を務めるのは、初出演舞台であるミュージカル『薄桜鬼』で初主演を務めたほか、舞台『東京リベンジャーズ』ではマイキーこと佐野万次郎を演じ、さらには大人気漫画が原作のミュージカル『進撃の巨人 the Musical』(2023年1月上演)では人気キャラクターのリヴァイを演じるなど、数多くの舞台やドラマで活躍する・松田凌。本作では令和のヤクザ「村田組」の若頭である主人公・村田恭次役を演じ、新感覚な時代劇に初挑戦。

また、本作でその物語の鍵を握る志士・坂本龍馬の妻の今作のヒロイン・おりょうに、舞台『祇園の姉妹』主演・おもちゃ役やTV『ビブリア古書堂の事件手帖』主演・篠川栞子役、映画『ガッチャマン』、映画『L♡DK』主演・西森葵役など、数々の舞台・映画・ドラマで主役やヒロインを務めてきた女優・剛力彩芽が出演する。

『仁義なき幕末-龍馬死闘篇-』©︎2023 toei-movie-st

映画と演劇が連動

「東映ムビ×ステ」とは、ひとつの作品世界で語られる「ムービー(映画)」と「ステージ(演劇)」を公開&上演するプロジェクト。映画と演劇はそれぞれ独立した作品ながら、物語は連動。メディアの境界線を行き来する物語は、これまでにない新しい感覚を呼び覚ましている。

プロジェクト第1弾は、映画『GOZEN-純恋の剣-』(2019年7月公開)、舞台『GOZEN-狂乱の剣-』(2019年9月東京・大阪上演)を製作。第2弾は、映画『死神遣いの事件帖–傀儡夜曲-』(2020年6月公開)、舞台『死神遣いの事件帖–鎮魂協曲-』(2020年7月・8月上演)を製作。第3弾は、映画『漆黑天-終の語り-』(2022年初夏公開)、舞台『漆黑天-始の語り-』(2022年8月上演)。第4弾は、ムビ×ステ第2弾『死神遣いの事件帖』の続編である第2シリーズが公開されている。

東映ムビ×ステ『仁義なき幕末-龍馬死闘篇-』は2023年春公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • ヤクザが幕末にタイムスリップ 映画と舞台が連動「東映ムビ×ステ」第5弾『仁義なき幕末-龍馬死闘篇-』