吉岡里帆・モトーラ世理奈・水カン詩羽・松本まりか共演 川上未映子の原作小説、初の映画化『アイスクリームフィーバー』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
吉岡里帆・モトーラ世理奈・水カン詩羽・松本まりか共演 川上未映子の原作小説、初の映画化『アイスクリームフィーバー』
©︎2023「アイスクリームフィーバー」製作委員会

新感覚ラブストーリーが誕生

アートディレクター・千原徹也初監督作品『アイスクリームフィーバー』が、2023年夏に公開が決定した。

千原は「映画制作をデザインする」と題し、長年の夢だった“映画を作ること”をアートディレクターの視点から構築し、従来の映画製作のやり方に囚われない手法で企画立案した。原作は、川上未映子の短編集「愛の夢とか」(講談社刊)に収録されている「アイスクリーム熱」。近年、ナタリー・ポートマンからも熱い支持を受け、国内外問わず女性の圧倒的共感を得る川上未映子の原作小説、初の映画化作品となる。

魅力的な女優4人のアンサンブルが実現

アイスクリーム屋のアルバイト、常田菜摘役で主演を務めるのは、映画ファンから絶大な支持を受け、映画賞を席巻している『ハケンアニメ!』や、Disney+配信作品「ガンニバル」など、話題作への出演が相次ぐ人気俳優、吉岡里帆。アイスクリーム屋の常連客の作家、橋本佐保を演じるのは、ファッションモデルとして活躍する一方、『風の電話』や『異動辞令は音楽隊!』など、女優としても唯一無二の繊細な存在感を放つモトーラ世理奈。

そして常田菜摘(吉岡里帆)のアルバイトの後輩、桑島貴子役には、音楽ユニット・水曜日のカンパネラでボーカルを務める詩羽が扮し、本作で映画デビューを飾っている。さらに、アイスクリーム屋の近所の銭湯に通う、仕事が生きがいの、高嶋優役は『ぜんぶ、ボクのせい』や『夜、鳥たちが啼く』など気鋭の監督作品への出演が絶えず、憑依的な演技で様々な一面を見せる実力派女優、松本まりかが務める。

主な登場人物は10代~30代の4人の女性。彼女たちの“想い”と“人生”が交錯する。

20代後半、夢を諦めかけている、常田菜摘 ・・・・・吉岡里帆
20代前半、人生に怯えて一歩踏み出せない、橋本佐保 ・・・・・モトーラ世理奈
10代後半、まだ恋が何かも知らない、桑島貴子 ・・・・・詩羽(水曜日のカンパネラ)
30代後半、人生のわだかまりに蓋をしている、高嶋優 ・・・・・松本まりか

あこがれにも似た想い。相手のことで頭がいっぱい。でもこの気持ちが恋かもわからない。
相手に対する気持ちを言葉にできない。告白もできない。
そんな、それぞれの“好きのような想い”が、すれ違う。

吉岡里帆
アイデアが止まらないアートディレクター千原徹也さんの記念すべき初監督作品ということで、新しい試みたっぷりの面白い現場でした!
モトーラ世理奈ちゃんと沢山笑い合ったのが一番の思い出。仲良しのスタッフさんや共演者の方も多く、クランクインからチームワークばっちりで改めて参加できて良かったなと感じました。
アートに特化している座組みなこともあり、美術や衣装、細やかな世界観の表現にも注目して頂きたいです。アイスクリームが食べたくなりますよ。

モトーラ世理奈
千原徹也さんからこの映画のお話を聞いたのは、一昨年「東京デザインが生まれる日」でご一緒した時でした。千原さんの”作る”思いがこもった映画です。私もその一部となれてとても嬉しいです。アイスクリームの冷たくて甘い、きゅ〜っとした気持ちになります。ぜひアイスクリームも食べに行くワクワクした気持ちで観に行ってほしいです。お楽しみに!

詩羽(水曜日のカンパネラ)
映画『アイスクリームフィーバー』に桑島貴子役で出演させていただきます、水曜日のカンパネラの詩羽です。
「今度映画撮るから詩羽も出てくださいよ〜」と(千原さんらしい)ラフなお誘いをしていただき、気づいた時にはクランクイン、そしてクランクアップをしていました。
私が演じた貴子は、アイスクリーム屋でアルバイトをする10代後半のまだ怖いものを知らない少女。でも実は“何も知らない”わけではなくて、知っているけど分かっているけど分からないフリをするのが上手で、笑って誤魔化すのが得意な少女なんじゃないかなと思っています。私も無敵だと思っていたあのキラキラした学生時代にたくさんの壁にぶつかってきた身だったので、どこかで本心ではなかったり誤魔化して人一倍自分と対話をする貴子にとても共感する部分が多く、撮影中は演じるというよりも感じたままに貴子として過ごす日々を送ることができました。
千原さんの初監督作品である映画に、私も初演技として参加することができてすごく幸せです。映画の中では初めてのダンスにも挑戦させていただきました。
『アイスクリームフィーバー』を通し、わたし詩羽の新たな一面をたくさん感じて楽しんでいただけたら嬉しいです。

松本まりか
こんな自由な発想で作る映画、参加しないなんて選択肢があるでしょうか?

千原さんから溢れ続ける、多様多彩なアイディアクリエイティブ、そして情熱。台本に記された監督の、この作品への突き刺さるような序文を読み、もうすでに心は決まっていました。

これまでの概念を壊し
新しく面白い挑戦をしよう
演技とはいえない演技を楽しもう
転んだっていいじゃん
わからないものを否定するのではなく
楽しもう

ファッションとデザインと映画
映画を越えて広がっていく景色
「異物こそ愛ス」

SHIBUYAのニューカルチャーがここからまたひとつ誕生するんじゃないかと、わくわくしながら絶賛撮影中です。
お楽しみに〜

千原徹也監督
「映画制作をデザインする」と題し、企画を立てたのは、もう3年半前のことです。
夢だった映画監督をデザインという視点から構築し、スタッフ、キャスト、制作方法、宣伝方法まで今までにないやり方を目指して、できた映画です。
内容も、感じたことのない異色のラブストーリーになっています。複雑に絡み合う時間軸や心情は、少々難解かもしれませんがそれぞれの解釈で楽しんでいただけたらと思います。
僕は、デザインの力で映画は変わると思っています。たくさんの人の力でここまできました。公開が本当に楽しみです。

『アイスクリームフィーバー』は2023年夏にTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開

©︎2023「アイスクリームフィーバー」製作委員会

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『アイスクリームフィーバー』

出演:吉岡里帆、モトーラ世理奈、詩羽(水曜日のカンパネラ)、松本まりか

監督:千原徹也
原案:川上未映子「アイスクリーム熱」

  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 吉岡里帆・モトーラ世理奈・水カン詩羽・松本まりか共演 川上未映子の原作小説、初の映画化『アイスクリームフィーバー』