“人を喰べる若者たち” 世界中で物議を醸した禁断の純愛ホラー『ボーンズ アンド オール』の裏側

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
“人を喰べる若者たち” 世界中で物議を醸した禁断の純愛ホラー『ボーンズ アンド オール』の裏側
『ボーンズ アンド オール』© 2022 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights reserved.

2023年2月17日(金)より公開される禁断の純愛ホラー『ボーンズ アンド オール』より、舞台裏に潜入した“メイキング・オブ・ボーンズ アンド オール”の映像が解禁された。

世界中で賛否を呼んでいる「禁断の純愛ホラー」

社会の片隅で生きるマレンとリーが抱える秘密。それは生きるため本能的に人を喰べてしまうこと。その「謎」を解くための二人の逃避行、そして予想だにしない純愛のゆくえとは……。

「第79回ヴェネツィア国際映画祭」で監督賞、新人俳優賞の2冠に輝いた本作。ルカ・グァダニーノ監督によるティモシー・シャラメ主演作ということで、アカデミー賞で主要4部門にノミネートされ脚色賞に輝いた『君の名前で僕を呼んで』に続く再タッグ作としても話題を呼んでいる。

また、本作はヴェネツィア国際映画祭後も、アカデミー賞の前哨戦に数えられるインディペンデント・スピリット賞やゴッサム賞で複数の部門にノミネートされている。

映画の舞台裏に潜入した動画が解禁

人を喰べたくなる衝動を抱え、父の元を離れたった一人で生きる術を探す旅に出たマレン。そこで自分と同じ宿命を背負った青年リーと出会い、「どうしたらいい? 泣く? 叫ぶ? 笑う?」と問いかけ、リーは即座に「叫ぶな」と応じる。

マレン役のテイラー・ラッセルが「社会からあぶれた二人の若者の物語。極限の状況で自分探しをする二人は恋に落ちる」と解説すると、“人喰い”を終えたリーに「もう行って、血だらけよ」とマレンが声をかける衝撃の本編映像が続き、「闇に引き込まれる逃避行ロマンス」が幕をあける。

リーを演じたティモシー・シャラメは、ルカ・グァダニーノ監督について「正真正銘の芸術家だ」と讃える。『君の名前で僕を呼んで』に続く本作で、プロデューサーデビューを果たしたシャラメは、「ルカとの2作目で初めて創造的な取り組みができた」と真摯に語った。

「脚本を読んだ瞬間、強く惹かれる何かを感じた」という監督は、「登場人物を映画の世界観の中で考え、二人が打ち解けていく様子を描くこと」を目指したと明かす。

結びには、マーク・ライランス演じる謎の男サリー、何者かに追われて逃げるマレン、いきなり人を殴りつけるリー、そして闇の中で何者かが「愛がお前を解放してくれるかもな」という謎の言葉が畳みかけられ、まさに衝撃度マックスの本編映像が連射されていく。

映画祭を席巻している監督・キャストが語る禁断のテーマとは? 全世界が驚愕し、賛否両論を巻き起こした禁断の純愛ホラー『ボーンズ アンド オール』(R18+指定作品)は、2023年2月17日(金)より公開される。

『ボーンズ アンド オール』© 2022 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights reserved.

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • “人を喰べる若者たち” 世界中で物議を醸した禁断の純愛ホラー『ボーンズ アンド オール』の裏側