スター・ウォーズ、スパイダーマン超え 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』国内映画館史上最多1466スクリーンでの上映決定

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
スター・ウォーズ、スパイダーマン超え 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』国内映画館史上最多1466スクリーンでの上映決定
『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』©︎2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

12月16日(金)より公開中の映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が、日本国内の映画館史上最多となる全国1466スクリーンでの上映が決定した。

あの人気シリーズを超えるスクリーン数

美しい海とそこに宿る生物たちの息吹、そして、神秘の星パンドラの侵略を目論む人類と、先住民ナヴィとの激しい戦いと心を揺さぶる感動のドラマが、人類史上最高の映像美でエモーショナルに描かれる本作。先日のLAプレミアでは、日本を含むワールドプレミアのフィナーレを飾るに相応しい豪華で大規模なイベントが執り行われ、大きな話題となった。

今週末の全世界公開を目前に控え、日本中の注目が本作に集まるなか、日本国内の映画館史上最多となる全国1466スクリーンでの上映が決定した。

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』©︎2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

これまでのディズニー配給作品の記録は、2019年に公開された『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の967スクリーン。そして、日本映画界の歴代スクリーン数は2012年に公開されたソニー・ピクチャーズ配給の『アメイジング・スパイダーマン』の1092スクリーンが最多。この記録から見ても、本作の1466スクリーンという数字がいかに驚異的なのかがよく分かる。

また、公開されるバージョンも通常の2Dをはじめ、圧倒的な没入感と鑑賞を超えた“体験”を約束するドルビーシネマ/アトモス3DやIMAX3D、RealD、4DX、ScreenXなど、その数30を超える最多規模を提供。さらに、現在の標準の2倍のレート(48fps)で撮影、映写されたハイフレームレート(HFR)のシーンでは、肉眼で実際に見る光景をより忠実に再現しており、圧巻のクオリティーを体験できる。

「すべての劇場で最高のアバター体験を」

この超異例ともいえる興行展開は、長年キャメロン監督と一緒に映画を作り続けてきたプロデューサーのジョン・ランドー氏いわく「本作を鑑賞する観客に、すべての劇場のそれぞれの上映バージョンで最高のアバター体験をしてもらうため」に用意されたという。

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は大ヒット公開中

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』

神秘の星パンドラの一員となった元海兵隊員のジェイクは、ナヴィの女性ネイティリと家族を築き、子供たちと平和に暮らしていた。再び人類がパンドラに現れるまでは…。神聖な森を追われた一家は、“海の部族”の元へ身を寄せる。だが、この美しい海辺の楽園にも、侵略の手は迫っていた…

監督:ジェームズ・キャメロン
製作:ジェームズ・キャメロン、ジョン・ランドー

出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーバー、スティーヴン・ラング

制作年: 2022
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • スター・ウォーズ、スパイダーマン超え 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』国内映画館史上最多1466スクリーンでの上映決定