ビンタ一発で人間をふっ飛ばし、ゾンビも素手で殴る!マ・ドンソクの暴力が堪能できるバイオレンスアクション映画5選

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
ビンタ一発で人間をふっ飛ばし、ゾンビも素手で殴る!マ・ドンソクの暴力が堪能できるバイオレンスアクション映画5選
『犯罪都市 THE ROUNDUP』©︎ABO Entertainment Co.,Ltd. & BIGPUNCH PICTURES & HONG FILM & B.A.ENTERTAINMENT CORPORATION

世界で人気沸騰中の“マブリー”ことマ・ドンソクが主演とプロデュースを務める最新作『犯罪都市 THE ROUND UP』。マ・ドンソク演じる規格外の最強刑事、マ・ソクトが拳ひとつで犯罪都市をぶっ叩くクライムアクション『犯罪都市』の第2作目となる本作は、ソン・ソック(『私の解放日誌』『D.P. -脱走兵追跡官-』)演じる冷酷非道な凶悪犯との空前絶後のバトルが描かれる。これまでにも大きな肉体と激しいアクションで大暴れしてきたマ・ドンソクが出演するバイオレンスアクション映画を紹介しよう。

『ザ・バッドガイズ』(2021年)

マ・ドンソク、キム・サンジュンが出演する韓国ドラマ『バッドガイズ』の劇場版。囚人たちを乗せた護送車が突如襲撃され、凶悪犯たちが脱走してしまう事件が発生。この史上最悪の事件を解決するために、警察上層部から依頼を受けたキム・サンジュン演じる元警察官が収監中の犯罪者たち=バッド・ガイズを集めた極秘プロジェクト“特殊犯罪捜査課”を始動させる。そのメンバーは、マ・ドンソクが演じる元ヤクザ、チャン・ギヨン演じる元エリート刑事、キム・アジュン演じる元天才詐欺師。4人からなる最凶チームで凶悪犯を追い詰めていき、悪人VS悪人の戦いが繰り広げられる。マ・ドンソクは “伝説の拳”と呼ばれて恐れられている元ヤクザのパク・ウンチョルを演じ、その大木のような豪腕を武器に素手で強敵に立ち向かう姿を披露している。

『無双の鉄拳』(2019年)

妻を誘拐されて怒りを爆発させる夫の復讐を描くノワールアクション。マ・ドンソクが演じるのは、かつて一度キレたら誰にも止められない“雄牛“の異名を持ちながらも、いまでは闇の世界から足を洗って最愛の妻と暮らしているドンチョル。ある夜、妻を誘拐したという電話が何者かから入り、怒りに震えるドンチョルは、愛する妻を救い出すために独自で動き出す。その裏では人身売買組織が暗躍していた。眠っていた本能が目を覚ました“怒れる雄牛“ドンチョルが、体ひとつで敵地へ殴り込み、丸太のような上腕筋を見せつけながら大暴れし、怒りの肉弾戦を繰り広げる。ドンチョルを闇の世界から戻してくれた妻を演じるのはソン・ジヒョ。

『悪人伝』(2020年)

極悪組長と暴力刑事が無差別殺人鬼に立ち向かう凶悪バイオレンスアクション。マ・ドンソク演じる凶暴なヤクザの組長チャン・ドンスは、何者かに襲撃されるが一命をとりとめ、犯人探しに動き出す。一方で、キム・ムヨル扮する暴力的な手段も辞さない荒くれ者のチョン刑事は、その捜査をとおして連続無差別殺人鬼による犯行だと確信する。お互いに敵意を剥き出しにしながら自らの手で犯人を捕らえようとしていた2人だったが、いつしか連続無差別殺人鬼を追い詰めるべく共闘することに。マ・ドンソクが破壊力抜群のアクションと隆々たる体躯からにじみ出る説得力のある演技で観客を魅了する本作は、2019年のカンヌ国際映画祭ミッドナイト・スクリーニング部門の正式上映作品に選ばれ、シルヴェスター・スタローン製作、マ・ドンソク主演によるハリウッド・リメイクも決定している。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2017年)

マ・ドンソクがコン・ユ、チョン・ユミ、チェ・ウシクらと共演したサバイバルアクション。ソウル発プサン行きの高速鉄道で謎の感染爆発が起こり、疾走する密室と化した列車内で感染者たちが凶暴化する。終着駅まであと2時間、時速300km超えの密室空間を舞台に、乗客たちが生き残りをかけて決死の戦いに挑むノンストップサバイバルがはじまる。マ・ドンソクは出産間近の妻と一緒に列車に乗り合わせた夫のサンファを熱演。素手でゾンビたちをなぎ倒し、愛する妻を守り抜こうと大奮闘する姿を披露して注目を集めた。この韓国発のゾンビホラーは世界的ヒットを記録し、マ・ドンソクは大ブレイクを果たす。

『犯罪都市』(2018年)

マ・ドンソクが拳ひとつで闘いを挑む怪物刑事に扮し、危険な任務をこなす韓国警察の死闘を描くクライムアクション。強力班(強行犯係)のマ・ソクトは、ナイフで向かってくるヤクザにもひるまず、張り手ひとつでなぎ倒すコワモテ刑事だ。本作では実話を元に、韓国警察VS中国の新興勢力VS韓国マフィアの激突を描く。中国の新興勢力を率いるボスをユン・ゲサン、最大勢力の韓国人暴力団のボスをチョ・ジェユンが演じている。マ・ドンソクが自ら企画してバイオレンスモード全開で最強刑事を演じた本作は、韓国では青少年観覧不可映画としては歴代3位となる大ヒットを記録した。

“マブリー”演じるマ・ソクト刑事がパワーアップした拳で戻ってきた最新作『犯罪都市 THE ROUND UP』は大ヒット上映中

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『犯罪都市 THE ROUNDUP』

韓国・衿川(クムチョン)署強力班に犯罪者の引き渡しのためにベトナム行きの任務が命じられる。向かったのは、強引な捜査で世間の目を集めがちな型破り刑事マ・ソクトと頼りない班長チョン・イルマン。そこで明らかになったのは、冷酷な凶悪犯罪者カン・ヘサンの存在とカンが起こした誘拐事件だった。マ・ソクトは持ち前の正義感から現地警察の制止を振り切って強引に捜査を開始するが……その先に想像を絶する死闘が待っていた。

監督:イ・サンヨン
脚本:キム・ミンソン

出演:マ・ドンソク、ソン・ソック、チェ・グィファ、パク・ジファン、ホ・ドンウォン、ハジュン、チョン・ジェグァン

制作年: 2022
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • ビンタ一発で人間をふっ飛ばし、ゾンビも素手で殴る!マ・ドンソクの暴力が堪能できるバイオレンスアクション映画5選