センセーショナルな側面だけじゃない!ホイットニーの真実が語られる『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』ワールドプレミア開催レポート

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
センセーショナルな側面だけじゃない!ホイットニーの真実が語られる『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』ワールドプレミア開催レポート
『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』(左から)ナフェッサ・ウィリアムス、スタンリー・トゥッチ、ナオミ・アッキー、クライヴ・デイヴィス、タマラ・チュニー

ナオミ・アッキー、スタンリー・トゥッチら登壇!

伝説の歌姫ホイットニー・ヒューストンの没後10年を迎えた2022年、『ボヘミアン・ラプソディ』の脚本家が彼女の半生を描く映画『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』が、12月23日(金)より全国の映画館で公開される。

この度、全米公開を前に、アメリカ・ロサンゼルスにてワールドプレミアが開催!ホイットニーをセレブレートする映画のプレミアに相応しく、会場にはホイットニーの曲たちが流れ、ダンサーたちのクールなダンスとともに、ホイットニー・ヒューストンを演じたナオミ・アッキーはもちろん、彼女の生涯の音楽パートナーだったクライヴ・デイヴィスと彼を演じたスタンリー・トゥッチ、夫ボビー・ブラウンを演じたアシュトン・サンダース、監督のケイシー・レモンズらが登壇した。

「とてもパワフルな映画であり、真実を語っています」

歌姫ホイットニーを彷彿させるような煌びやかなシルバーのタイトなドレスで登場したナオミ・アッキー。ホイットニーを演じるにあたって「すごく時間がかかりました。自信が持てるまで8か月はかかりました。アクセントのトレーニング、動きのトレーニングなど。素晴らしい経験でした」と思い返し、「彼女は粘り強く、パイオニアで怖いもの知らずでした。音楽のスキルは完璧。情熱を持って歌っていたので、彼女は今でもなお皆さんに愛されているのだと思います」と改めてホイットニーへの賛辞を送り「映画は、音楽が盛り沢山。真実も。喜びや悲しみと言った感情も」と見所を伝えた。

『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』ナオミ・アッキー

女優として映画『羊たちの沈黙』などに出演し、第92回アカデミー賞では主演女優賞及び歌曲賞にもノミネートされた映画『ハリエット』でも監督を務めたレモンズ監督。この度初めて実在の人物に焦点を当てた作品のメガホンを取るにあたって「手ごわかったし、チャレンジングでした。でも素晴らしい経験でしたし、キャストとスタッフも最高でした」と感謝。

そして「(ホイットニーは)史上最高のミュージシャンであった上に、文化的アイコンであり、美しく、努力家でもありました。彼女の観客との関係性は稀にみるもので、まるで恋とでも言えるものでした」そして「彼女の人生の浮き沈みをバランスよく描写するのはとても難しかったです。彼女をセレブレートする映画にしました」「しかし、すべての人生がそうであるように、いい時もあれば悪いときもあり、彼女も例外ではありません。バランスを慎重にみながら、それも映画に入れ込みました」と本作の意図を明かした。

『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』アシュトン・サンダース

大ヒットした『ボヘミアン・ラプソディ』も手がけてきた脚本家アンソニー・マクカーテン「4年前、クライヴ(・デイヴィス)からホイットニー・ヒューストンの映画の脚本とプロデューサーのオファーを受けたこと」が本作を引き受けるきっかけだったと言う。

そして「彼女の話は何度も語られていますが、音楽が欠けていた」ことを知り「音楽なしでは彼女の人生は語れないのです。彼女は比類のない音楽の天才でした」と、本作では、これまで語られていなかったホイットニーの側面を知り、“音楽に全てを捧げた”彼女の人生と音楽の熱意に対して向き合うことにチャレンジしたと振り返った。

ホイットニーが19歳の時に出会い、最後まで彼女の音楽パートナーとしてタッグを組んでいた、伝説のプロデューサークライヴ・デイヴィスも登壇。ボブ・ディラン、ジャニス・ジョプリン、ブルース・スプリングスティーンら多数のアーティストをヒットへと導いてきた彼は「本作こそが「皆さんが知りたい、彼女はどういう人で、何に動機づけられ、何に影響され、何があって早すぎた死に至ったのかにしっかりと答えられる映画」と断言。

『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』(左から)クライヴ・デイヴィス、スタンリー・トゥッチ

これまで作られてきたホイットニーについてのいくつかの作品にも触れ、それらは「センセーショナルな側面を中心に描くだけで、ホイットニーの全体像を描くことができなかった出来の悪いもの」だったと一刀両断!「まずは音楽で彼女をセレブレートしましょう」と提案、本作こそ「彼女の時代で最高の歌唱力を持っていたホイットニーの声と音楽をセレブレートする、とてもパワフルな映画であり、真実を語っています」と絶賛した。

『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』は2022年12月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国の映画館にて公開

【本作に登場する主な楽曲】
「I Will Always Love You」
「Greatest Love Of All」
「I Wanna Dance With Somebody」
「Saving All My Love For You」
「So Emotional」
「How Will I Know」
「Iʼm Your Baby Tonight」
「Where Do Broken Hearts Go」 など

伝説が蘇る! ホログラムコンサートも見逃せない

2023年1月には、世界各国で感動の渦を巻き起こしたホイットニー・ヒューストンのホログラムコンサートが日本初上陸。最先端のホログラム技術でよみがえったホイットニーが生バンド、ダンサーたちとともに「I Will Always Love You」「I Wanna Dance With Somebody」など名曲の数々を歌い上げる。これまでラスベガスやイギリスなどで上演され、地元ファン・メディアに大絶賛された臨場感たっぷりのホログラムコンサートは要チェックだ。

▼イベント割対象チケットも受付中
日時:2023年1月26日(木)〜28日(土)
会場:オーチャードホール(東京・渋谷区)

詳細はこちらをご覧ください。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』

監督:ケイシー・レモンズ
脚本:アンソニー・マクカーテン 
出演:ナオミ・アッキー スタンリー・トゥッチ アシュトン・サンダース

制作年: 2022
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • センセーショナルな側面だけじゃない!ホイットニーの真実が語られる『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』ワールドプレミア開催レポート