この村では人が喰われるらしい “人間の本質”を暴く驚愕の結末とは?衝撃のサスペンスコミック『ガンニバル』が実写化 - BANGER!!!

この村では人が喰われるらしい “人間の本質”を暴く驚愕の結末とは?衝撃のサスペンスコミック『ガンニバル』が実写化

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
この村では人が喰われるらしい “人間の本質”を暴く驚愕の結末とは?衝撃のサスペンスコミック『ガンニバル』が実写化
『ガンニバル』© 2022 Disney

柳楽優弥主演、日本発オリジナルシリーズ『ガンニバル』が、Disney+で2022年12月28日(水)より独占配信される。

Disney+独占配信の日本発サイコスリラー大作

2018年の連載開始以来、累計発行部数200万部を超える二宮正明が放つ衝撃のサスペンスコミック「ガンニバル」を実写ドラマ化した本作。狂気の世界へと誘われて行く主人公の警察官・阿川大悟を柳楽優弥、供花村を支配する後藤家次期当主・後藤恵介を笠松将、大悟の妻・阿川有希(ゆうき)を吉岡里帆が演じる。

監督は、『岬の兄妹』『さがす』が国内外で絶賛された鬼才・片山慎三。脚本を『ドライブ・マイ・カー』でアカデミー賞国際長編映画賞を受賞した大江崇允が務める。

公開中の予告編は、11月30日(水)にシンガポールで開催された<ディズニー・コンテンツ・ショーケース2022>で世界同時解禁されたもの。頭部から流血する主人公・阿川大悟(柳楽優弥)、異様な笑いを見せる後藤恵介(笠松将)、「顔を喰われた」と証言する寺山京介(高杉真宙)など、狂気に満ちたシーンが衝撃的だ。

本ビジュアルは、“後藤家に関わってはいけない”という禁忌に触れた大悟が、人間とは思えない謎の大男に引きずられ、供花村(くげむら)に隠された闇に喰われていく姿を捉えたもの。もう後戻りは出来ないところまで来てしまった大悟に待ち受ける、壮絶な運命を予感させる仕上がりとなっている。

『ガンニバル』はディズニープラスのスターで2022年12月28日(水)より独占配信開始

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ガンニバル』

都会から遠く離れた山間の“供花村”に、家族と共に駐在として赴任した阿川大悟。しかし、美しい村には、ある噂があった―この村では人が喰われるらしい…。
警察官としての信念で真相を探る大悟だが、やがて村の穏やかな日常が“おそろしい”顔を見せ始める。次々と起こる不可解な出来事に、友好的だがどこか不気味な村人たち…大悟はすべてに疑心暗鬼になり、狂気の淵へ追いつめられてゆく。
おかしいのは自分か、やつらなのか…“人間の本質”を暴く、全世界を震撼させる驚愕の結末とは。

原作:「ガンニバル」二宮正明(日本文芸社刊)
監督:片山慎三 川井隼人
脚本:大江崇允
出演:柳楽優弥、笠松将、吉岡里帆、高杉真宙、北香那、杉田雷麟、山下リオ、田中俊介、志水心音、吉原光夫、六角精児、酒向芳、矢柴俊博、河井青葉、赤堀雅秋、二階堂智 小木茂光、利重剛、中村梅雀、倍賞美津子

制作年: 2022
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • この村では人が喰われるらしい “人間の本質”を暴く驚愕の結末とは?衝撃のサスペンスコミック『ガンニバル』が実写化