黒澤明「生きる」が脚本カズオ・イシグロで再び映画化 『生きる LIVING』ビル・ナイ、ゴールデングローブ賞主演男優賞ノミネート

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
黒澤明「生きる」が脚本カズオ・イシグロで再び映画化 『生きる LIVING』ビル・ナイ、ゴールデングローブ賞主演男優賞ノミネート
『生きる LIVING』©︎Number 9 Films Living Limited

黒澤明監督の名作『生きる』(1952年)が、ノーベル賞作家カズオ・イシグロの脚本で『生きる LIVING』として再び映画化。「第80回ゴールデングローブ賞」の主演男優賞にビル・ナイがノミネートされた。

脚本カズオ・イシグロ×主演ビル・ナイ

本作の舞台は第二次世界大戦後のイギリス。「日の名残り」「わたしを離さないで」などで知られる作家カズオ・イシグロが脚本を手掛け、2011年に『Beauty(原題)』でカンヌ国際映画祭のクィア・パルムを受賞したオリヴァー・ハーマナスが監督を務める。

主演は『ラブ・アクチュアリー』『アバウト・タイム 愛おしい時間について』『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどに出演するイギリスの名優ビル・ナイ。

予告映像も公開された本作は、すでにサンダンス映画祭やヴェネチア国際映画祭、サン・セバスティアン国際映画祭、トロント国際映画祭、東京国際映画祭といった世界の映画祭で上映され、本年度アカデミー賞の有力候補と目されている。

『生きる LIVING』は2023年3月31日(金)より全国公開

『生きる LIVING』©︎Number 9 Films Living Limited

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『生きる LIVING』

1953年。第二次世界大戦後、いまだ復興途上のロンドン。公務員のウィリアムズ(ビル・ナイ)は、今日も同じ列車の同じ車両で通勤する。ピン・ストライプ背広に身を包み、山高帽を目深に被ったいわゆる“お堅い”英国紳士だ。役所の市民課に勤める彼は、部下に煙たがられながら事務処理に追われる毎日。家では孤独を感じ、自分の人生を空虚で無意味なものだと感じていた。そんなある日、彼は医者から癌であることを宣告され、余命半年であることを知る―
彼は歯車でしかなかった日々に別れを告げ、自分の人生を見つめ直し始める。手遅れになる前に充実した人生を手に入れようと。仕事を放棄し、海辺のリゾートで酒を飲みバカ騒ぎをしてみるが、なんだかしっくりこない。病魔は彼の身体を蝕んでいく…。ロンドンに戻った彼は、かつて彼の下で働いていたマーガレット(エイミー・ルー・ウッド)に再会する。今の彼女は社会で自分の力を試そうとバイタリティに溢れていた。そんな彼女に惹かれ、ささやかな時間を過ごすうちに、彼はまるで啓示を受けたかのように新しい一歩を踏み出すことを決意。その一歩は、やがて無関心だったまわりの人々をも変えることになる―

出演:ビル・ナイ エイミー・ルー・ウッド アレックス・シャープ トム・バーク
原作:黒澤明 監督作品『生きる』 
監督:オリヴァー・ハーマナス
脚本:カズオ・イシグロ
音楽:エミリー・レヴィネイズ・ファルーシュ

制作年: 2022
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 黒澤明「生きる」が脚本カズオ・イシグロで再び映画化 『生きる LIVING』ビル・ナイ、ゴールデングローブ賞主演男優賞ノミネート