S・スピルバーグ初の自伝的作品『フェイブルマンズ』、ゴールデングローブ賞主要5部門ノミネート

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
S・スピルバーグ初の自伝的作品『フェイブルマンズ』、ゴールデングローブ賞主要5部門ノミネート
『フェイブルマンズ』© Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

スピルバーグ最新作がゴールデングローブ賞ノミネート!

50年にわたるキャリアの中で、『ジョーズ』から『E.T.』、『ジュラシック・パーク』など史上最も愛され、変幻自在なフィルモグラフィを世界に送り出してきた巨匠スティーヴン・スピルバーグが、“映画監督”になる夢を叶えた自身の原体験を描く最新作『フェイブルマンズ』が2023年3月3日(金)より全国公開。

本年度アカデミー賞の最有力候補としての期待も高まる『フェイブルマンズ』だが、その前哨戦ともいえる「第80回ゴールデングローブ賞」にて、作品賞(ドラマ部門)、主演女優賞(ドラマ部門)、監督賞、脚本賞、作曲賞の5部門にノミネートされた。

『フェイブルマンズ』© Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

巨匠スティーヴン・スピルバーグ初の自伝的作品

先日行われた「第47回トロント国際映画祭」の最高賞である観客賞の受賞に続き、この度ゴールデングローブ賞にて主要5部門にノミネートされた本作は、初めて映画館を訪れて以来、映画に夢中になったサミー・フェイブルマン少年(ガブリエル・ラベル)が両親との葛藤や絆、そして様々な人々との出会いによって成長していきながら、人生の一瞬一瞬を探求し、夢を追い求める姿を描く。

サミーの母親であり、芸術家のミッツィを演じるのは『マンチェスター・バイ・ザ・シー』などでアカデミー賞に4度ノミネートされたミシェル・ウィリアムズ、成功した科学者である父親バート役には『THE BATMAN -ザ・バットマン-』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のポール・ダノ。

本作は、米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」でも91%という高評価を記録中。映画史にその名を刻んできた巨匠、スティーヴン・スピルバーグ監督渾身の自伝的作品に、世界中から注目が集まっている。

『フェイブルマンズ』は2023年3月3日(金)より全国公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • S・スピルバーグ初の自伝的作品『フェイブルマンズ』、ゴールデングローブ賞主要5部門ノミネート