本年度アカデミー賞の最有力候補 巨匠スティーヴン・スピルバーグの自伝的映画『フェイブルマンズ』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
本年度アカデミー賞の最有力候補 巨匠スティーヴン・スピルバーグの自伝的映画『フェイブルマンズ』
『フェイブルマンズ』© Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督の最新作『フェイブルマンズ』が、2023年3月3日(金)より全国公開が決定した。本年度アカデミー賞の最有力候補として期待が高まる本作より、予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

50年にわたるキャリアの中で、『ジョーズ』『E.T.』『ジュラシック・パーク』など、史上最も愛され、変幻自在なフィルモグラフィを世界に送り出してきた巨匠スティーヴン・スピルバーグ。最新作では、“映画監督”になる夢を叶えた自身の原体験を描く。

予告編は、暗がりの中、映写機から伸びた眩い光を両手で包み込む少年が、母(ミシェル・ウィリアムズ)から「映画は夢、決して忘れることのない」と、8ミリカメラを手渡される象徴的な映像で始まる。成長したサミー・フェイブルマン少年(ガブリエル・ラベル)が、家族や仲間たちとの日々を過ごす傍ら、サミーの夢を支える母と、その夢を“趣味” としか見做さない父(ポール・ダノ)との葛藤をも描き出す。その幾つかのシーンは、スピルバーグ監督自身のフィルモグラフィを思い起こさせる。ラストは「何が一番面白かった?」と尋ねる母と、初めて映画を観たサミーの夢見るような表情で終わり、まさに映画監督になる夢の“原体験”にふさわしい心を揺さぶる映像となっている。

『フェイブルマンズ』© Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

母を演じるのは、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』などでアカデミー賞に4度ノミネートされたミシェル・ウィリアムズ、父には『THE BATMAN-ザ・バットマン』のポール・ダノ。豪華実力派俳優が集結し、スピルバーグが「この物語を語らずに自分のキャリアを終えるなんて、想像すらできない」とまでコメントするなど、自身の熱い想いが込められた渾身の作品となっている。

ポスタービジュアルは、暗がりの映画スタジオに向かって1人の青年が歩く後ろ姿と、その先に浮かび上がる、サミーの子供時代からの大切な思い出が映し出され、「人生の出来事、そのひとつひとつが映画になった」というスピルバーグ監督の人生を彷彿とさせるキャッチコピーが添えられている。

『フェイブルマンズ』© Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『フェイブルマンズ』

初めて映画館を訪れて以来、映画に夢中になったサミー・フェイブルマン少年(ガブリエル・ラベル)が、両親との葛藤や絆、そして様々な人々との出会いによって成長していきながら、人生の一瞬一瞬を探求し、夢を追い求める。

監督/脚本:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:トニー・クシュナー
音楽:ジョン・ウィリアムズ
衣装:マーク・ブリッジス
美術:リック・カーター
編集:マイケル・カーン、サラ・ブロシャー
撮影:ヤヌス・カミンスキー

制作年: 2022
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 本年度アカデミー賞の最有力候補 巨匠スティーヴン・スピルバーグの自伝的映画『フェイブルマンズ』