メッシは「ゴッホやミケランジェロ」「神からの贈り物」 母国・アルゼンチン時代のルーツを辿る

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
メッシは「ゴッホやミケランジェロ」「神からの贈り物」 母国・アルゼンチン時代のルーツを辿る
『ディス・イズ・フットボール』

サッカーが世界にもたらした多大な影響を見てゆくAmazonプライム・ビデオのドキュメンタリー番組『ディス・イズ・フットボール』(エピソード6「驚異」)において、リオネル・メッシの才能の秘密が解き明かされている。

アルゼンチン代表として、スペインの名門FCバルセロナなどで活躍してきた最も偉大なサッカー選手、リオネル・メッシ。その卓越した才能から驚異的なプレーを見せ、ときに“最も偉大な芸術家”とも呼ばれるメッシのルーツをたどってみよう。

メッシの生まれ故郷であるアルゼンチン・ロサリオは、サッカーの街として知られる。「ニューウェルズ・オールドボーイズ」と「ロサリオ・セントラル」という2つの強豪チームを擁し、スタジアムにはフーリガンも多く集まるそうだ。これまでにこの地から輩出されたアルゼンチン代表選手は、マキシ・ロドリゲス、ガブリエル・バティストゥータほか60〜70人いるとされる。

幼い頃のメッシは、近所の子どもたちが集まる広場でのびのびとサッカーをし、地元のサッカー教室に通っていたという。当時のチーム監督だったキケ・ドミンゲスは「レオ(メッシ)は4歳か5歳でサッカーを始めました。レオに教えることなど何もなかった。天賦の才の持ち主。要するにゴッホやミケランジェロみたいな天才芸術家と同じ。彼がいた間、チームは無敗だった」と振り返る。メッシは12歳でスペインのバルセロナへ移住することになるが、彼が持つ謙虚さやあらゆるものはこの街で身につけたと幼馴染のディエゴ・バジェホスは考えている。

アルゼンチンにはメッシという世界一の選手がいながらも、W杯で優勝を逃してきたことには複雑な思いがあるようだ。ブエノスアイレスにある大統領官邸でアルゼンチン大統領のマウリシオ・マクリは「W杯で勝つのは大変なことです。実に難しい。世界トップレベルの強さも必要ですが、運も必要です。幸運というのは選手の自信に繋がりますよね。魔法のように……」と語る。サッカー人気の高いアルゼンチンだけに「皆負けは嫌だ。サッカーと結びついた国民の自尊心が傷ついて、試合が楽しめなくなる」という国民の感情も理解している。そして、「我々はメッシを評価して感謝をすべきです。彼がアルゼンチンにいるのは喜びですから。彼は神からの贈り物です」とメッシがいる時代に感謝し、彼に賛辞を送っている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Leo Messi(@leomessi)がシェアした投稿

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ディス・イズ・フットボール』

サッカーが世界にもたらした多大な影響を見てゆく、感動的な6つのドキュメンタリー。インドのストリートから、内戦後のルワンダの野原、チャンピオンズリーグのピッチまで、世界規模で描くシリーズだ。サッカーにまつわる数奇な物語や、国と国をつなげ、世代を超えて感動をもたらし、人々の心をひきつけるサッカーの力を伝える。

制作年: 2019
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • メッシは「ゴッホやミケランジェロ」「神からの贈り物」 母国・アルゼンチン時代のルーツを辿る