辛口評論家が選ぶA24作品ベスト10! アカデミー賞受賞作品から、2023年日本公開の話題作がランクイン!!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
辛口評論家が選ぶA24作品ベスト10! アカデミー賞受賞作品から、2023年日本公開の話題作がランクイン!!

米映画批評サイト「ロッテントマト」が選ぶA24作品のベスト10が発表!アカデミー賞受賞作から日本未公開の作品まで、辛口評論家から高い評価を受けたA24作品をご紹介する。

インディーズ映画会社でありながら、今やアカデミー賞などの賞レースで常連となっている米制作会社A24。2012年に設立されたばかりで、ロマン・コッポラ監督作『チャールズ・スワン三世の頭ン中』(2013年)から配給を開始した。当時から、定評がありながらも個性の強いクリエイターが手がける映画を劇場で上映するスタイルを貫いている。監督デビュー作を多く製作・配給していることでも話題を集め、グレタ・ガーウィグ『レディ・バード』(2017年)、アレックス・ガーランド『エクス・マキナ』(2015年)、ロバート・エガース『ウィッチ』(2015年)、アリ・アスター『ヘレディタリー/継承』(2018年)を配給し大きな話題を呼んだ。最近では『Everything Everywhere All At Once』が、コロナ禍にもかかわらずA24史上最大のヒットを記録している。「ロッテントマト」の辛口評論家たちが選ぶA24作品ベスト10にはどんな作品が浮上したのか!?

辛口評論家が選んだA24作品ベスト10

10.『EVERYTHING EVERYWHERE ALL AT ONCE(原題)』

A24史上最大のヒットを記録し、2023年に日本公開が決まった『EVERYTHING EVERYWHERE ALL AT ONCE(原題)』。アジア系女優のミシェル・ヨーが主演をつとめ、今作で20年ぶりのハリウッド復帰を果たしたキー・ホイ・クァンが共演する。監督は、ダニエル・ラドクリフの怪演で話題を呼んだ『スイス・アーミー・マン』(2016年)のダニエル・シャイナート&ダニエル・クワン。国税庁の監査官に厳しい追及を受ける主人公エブリンは、突然、気の弱い夫・ウェイモンドといくつもの並行世界(マルチバース)にトリップ!「全宇宙に悪がはびこっている。止められるのは君しかいない」と告げられ、エブリンは悪と戦うべく立ち上がる。

9.『メナシェ(原題)』(2017年)

ニューヨーク市ブルックリンに住むユダヤ教ハシド派のメナシェは妻に先立たれてしまう。ハシド派の指導者は「適切な家庭で子どもは育てられるべき」と、メナシェが再婚しない限り親権を認めようとしない。メナシェは伝統に反して、一人息子の親権を取り戻すべく奮闘する。ジョシュア・Z・ワインスタインが監督をつとめ、全編イディッシュ語で製作された。

8.『ファースト・カウ(原題)』(2019年)

『ウェンディ&ルーシー』(2008年)のケリー・ライカート監督が手がけた西部劇『ファースト・カウ(原題)』。舞台は1820年代のアメリカ北西部。さすらいの旅人である料理人クッキー(ジョン・マガロ)は旅の途中、オレゴン州で毛皮狩りの猟師たちと加わり、中国人移民キン・ルー(オライオン・リー)と出会う。一攫千金を夢見る2人は、地主自慢の乳牛をこっそり使って金を稼ぐ方法を思いつくが……。共演に『愛すべき夫妻の秘密』(2021年)のアリア・ショウカット『ジュラシック・ワールド/炎の王国 』(2018年)のトビー・ジョーンズが名を連ねた。

7.『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』(2017年)

前作『タンジェリン』(2015年)で注目を集めたショーン・ベイカー監督がフロリダの安モーテルを舞台に、社会の底辺で生きる母娘の厳しくも愛おしい日々を優しく見つめた感動ドラマ『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』。やんちゃな6歳の女の子が、過酷な現実の中でも周囲の大人たちに守られて伸び伸びと暮らしていく姿を、次第に浮かび上がるアメリカ社会の矛盾とともにカラフルな映像美で描き出していく。主演は天才子役と目されるブルックリン・キンバリー・プリンスと演技初挑戦のブリア・ヴィネイト。共演に本作でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたウィレム・デフォー

“夢の国”ディズニー・ワールドのすぐ隣にある安モーテルに流れ着いたその日暮らしのシングルマザー、ヘイリーと6歳の娘ムーニー。無職のヘイリーが滞在費の工面に頭を悩ませる一方、ムーニーは同じモーテルに暮らす子どもたちと一緒に、周囲の迷惑も顧みずにイタズラし放題の冒険に満ちたキラキラの毎日を送っていた。管理人のボビーは、そんなムーニーたちのやんちゃぶりに手を焼きながらも、優しく見守っていくのだったが……。

6.『フェアウェル』(2019年)

新鋭監督のルル・ワンが、自身と家族の体験を基に描いた感動のハートフル・コメディ『フェアウェル』。小規模作品ながら口コミで広がり、全米でサプライズ・ヒットを記録するとともに賞レースでも話題を呼んだ。ニューヨークに暮らす中国系アメリカ人の女性が、ガンで余命わずかの祖母に会うため帰郷し、嘘の結婚式を口実に集まった親戚一同とともに祖母を囲んで過ごす数日間を笑いと涙でハートウォーミングに描く。主演は『オーシャンズ8』(2018年)『ジュマンジ/ネクスト・レベル』(2019年)のオークワフィナ。共演にツィ・マーダイアナ・リンチャオ・シュウチェンが名を連ねた。

5.『ミナリ』(2020年)

リー・アイザック・チョン監督が、自らの体験をベースに撮り上げ、全米のみならず世界中の映画賞を席巻する活躍で話題となった感動の家族ドラマ『ミナリ』。アメリカン・ドリームを信じて韓国からやって来た移民家族を主人公に、そのままならない日々を厳しくも温かなまなざしで丁寧に描き出していく。主演は「ウォーキング・デッド」シリーズ(2010年〜2022年)、『バーニング 劇場版』(2018年)のスティーヴン・ユァン。共演は『ハナ 奇跡の46日間』(2012年)のハン・イェリと、本作の型破りなおばあちゃん役でアカデミー助演女優賞に輝いたベテラン女優ユン・ヨジョン

1980年代のアメリカ。農業での成功を夢見てアーカンソー州の高原に土地を買い、家族で引っ越してきた韓国系移民のジェイコブ。しかしそこは、誰も手を付けようとしなかった荒れ果てた土地。農業で生計を立てるためには想像を絶する困難が待っていた。それでも、しっかり者の長女アンと好奇心旺盛な弟デビッドは、少しずつ新しい生活に馴染んでいく。一方、妻のモニカは不便な生活に苛立ちを募らせ、夢ばかり追うジェイコブとの溝は深まるばかり。そんな中、夫婦は幼い姉弟の面倒を見てもらうために、韓国から母スンジャを呼び寄せるのだったが……。

4.『ムーンライト』(2016年)

第89回アカデミー賞で作品賞を含む3冠に輝いた『ムーンライト』。長編映画2作目だったバリー・ジェンキンズが監督をつとめ、貧困地域に生まれた孤独な黒人少年を主人公に、彼が自らのセクシャリティに悩み、自分のアイデンティティと居場所を探し求めてもがき苦しみながら成長していくさまを、少年期、青年期、成人期の3パートに分け、革新的な映像美とともに描き出したヒューマン・ドラマ。

内気な少年シャロンは、母ポーラと2人暮らしだったが、ポーラは麻薬中毒でほとんど育児放棄状態。学校ではリトルとあだ名され、いつもいじめられていた。シャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友だちだった。そんなある日、いじめられているところをフアンという男に助けられる。以来、フアンとその恋人テレサに我が子のように目をかけてもらい、初めて人の温もりを感じるシャロン。高校生になっても、相変わらずいじめは続いていた。そんな中、唯一の友ケヴィンに対して友情以上の感情を抱き始めていたシャロンだったが……。

3.『マルセル・ザ・シェル・ウィズ・シューズ・オン(原題)』(2021年)

主人公は身長3cmほどの貝(!)マルセル。人間の祖母のコニーとペットのアランとともに生活を送っている。かつては貝のコミュニティが存在していたが、マルセルはたった1匹の生き残りとして暮らしている。しかし、あるドキュメンタリー作家がAirbnbで彼らを見つけ、短編映画をネットに投稿したことで、マルセルは何百万人もの熱狂的なファンを持つ人気者になる。それをきっかけに、マルセルに降りかかる前代未聞の危機と、行方不明になった家族を見つける新たな希望をもたらすことになる。監督はディーン・フライシャー=キャンプ

2.『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』(2018年)

シャイで不器用な女の子が、中学卒業を前に自分を変えようと悪戦苦闘する姿をリアルに描き、数々の映画賞を賑わせるなど全米で高い評価を受けた思春期コメディ『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』。主演は本作で一躍ハリウッド期待の若手となったエルシー・フィッシャー。監督はコメディアンやミュージシャンとして活躍し、本作が記念すべき監督デビュー作となるボー・バーナム

優しいけどお節介なシングルファーザーの父と2人暮らしのケイラは憂鬱な中学校生活を送っていた。卒業目前だというのに友だちは一人もおらず、“学年で最も無口な子”に選ばれてしまう始末。なんとか自分を変えようとがんばってはみるものの、なぜかいつも空回り。そんなある日、クラスのイケてる女子からプール・パーティーに誘われ、勇気を振り絞って参加するケイラだったが……。

1.『レディ・バード』

「ロッテントマト」の評論家がA24のベスト映画に選んだのは『レディ・バード』『フランシス・ハ』(2012年)『ミストレス・アメリカ』(2015年)に出演したグレタ・ガーウィグが、生まれ故郷カリフォルニア州サクラメントを舞台に単独監督デビューを飾った本作。静かな地元の町に閉塞感を抱き、都会に憧れる活発で反抗的なヒロインの恋や友情、母親との確執など悩める高校最後の1年を瑞々しいタッチでつづる。主演は本作の演技で『つぐない』(2007年)『ブルックリン』(2015年)に続いて3度目のアカデミー賞ノミネートとなったシアーシャ・ローナン。共演は同じくアカデミー賞にノミネートされたローリー・メトカーフ

2002年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感漂うこの町で窮屈な日々を送るクリスティン。堅苦しいカトリック系高校に通う彼女は、自分のことをレディ・バードと称し、何かと反発しては苛立ちを募らせていた。とくに口うるさい母親とはことあるごとに衝突してしまう。大学進学を巡っても、大都会ニューヨークに行きたい彼女は地元に残ってほしい母親と喧嘩して大騒動に。そんな中、ダニーという好青年のボーイフレンドができるクリスティンだったが……。

今回10位にランクインしたA24史上最大のヒット作『EVERYTHING EVERYWHERE ALL AT ONCE(原題)』は2023年3月に日本公開が決定している。ぜひチェックしてみよう!

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

PR

ジャンル

  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 辛口評論家が選ぶA24作品ベスト10! アカデミー賞受賞作品から、2023年日本公開の話題作がランクイン!!