『ヴェノム』俳優がブラジリアン柔術で金メダル!トム・ハーディのサプライズ出場に対戦相手やファンから絶賛の声!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
『ヴェノム』俳優がブラジリアン柔術で金メダル!トム・ハーディのサプライズ出場に対戦相手やファンから絶賛の声!
Twitter

俳優のトム・ハーディは、イギリスのミルトン・キーンズで開催された「2022年ブラジリアン柔術オープン選手権」にサプライズ出場した。本名のエドワード・ハーディで大会に出場し、なんと金メダルを獲得した!

トム・ハーディが格闘技のチャンピオンに

トム・ハーディといえば、大ヒットを記録した『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015年)や、アメコミの人気キャラであるベイン(『ダークナイト ライジング』)とヴェノム(『ヴェノム』シリーズ)を演じた人気俳優だ。そんな世界的な俳優であるハーディが、大会に出ることは事前に明かされず、イギリスのミルトン・ケインズにある学校のホールにハーディが現れたとき、観客や他の競技者は唖然としたそうだ。主催者は、彼は単に “約束を守った”と明かす。

大会の主催者は、ハーディが先月のイギリスのウルバーハンプトンで開催されたREORGオープン柔術選手権に登場した後、大会に参加することに同意したとCNNに語った。また、このイベントの広報担当者は、ガーディアン紙に「誰もが彼を知っていますが、彼はとても謙虚で、人々が彼と一緒に写真を撮るために時間を割いてくれることを喜んでいました。」とハーディの気さくな人柄を明かす。そして、大会を席巻した45歳のハーディの実力については「あのレベルに到達するためには、献身的な努力とハードワークが必要です。彼は技術的にも、肉体的にも、精神的にも優れている。相手を服従させ、タップアウトさせるという、可能な限り最高の方法で勝ちたいと思う格闘家だ。」と語り、ハーディが今後もトーナメントに参加することを望んでいると述べた。

「最もタフなライバルの一人。ベインのキャラクター通りに生きていました。

そして、彼の対戦相手の一人は「私は緊張して殻に閉じこもっていた。ハーディは、『私であることを忘れて、いつも通りやればいい』と言いました」とハーディとの秘話を明かした。格闘技のベテラン、ダニー・アップルビー「私は6つのトーナメントに出場し、すべてで表彰台に上ったことがあるんだ。でも、彼はおそらく私が経験した中で最もタフなライバルでしょう。彼は確かにベインのキャラクター通りに生きていました。」とハーディがベインに非常によく似ていると評した。

ハーディは、そのサプライズな勝利についてファンから絶賛され、一日中SNSの世界的なトレンドとなっていることは言うまでもない。ハーディがテレビ番組の企画ではなく、純粋に好きな格闘技を楽しんでいる姿が何よりも好感が持てるところだ。俳優業におけるハーディの次の予定は、『ヴェノム』3作目で、現在脚本家のケリー・マーセルとストーリーを練っているところである。ハーディは、『ザ・レイド』(2011年)のギャレス・エヴァンス監督が手がけるNetflixのアクション映画「ハヴォック(原題)」にも出演する予定だ。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

PR

ジャンル

  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 『ヴェノム』俳優がブラジリアン柔術で金メダル!トム・ハーディのサプライズ出場に対戦相手やファンから絶賛の声!