劇場最新作『ONE PIECE FILM RED』尾田栄一郎「ちょっと女子描かせて!」 あらすじ、キャスト、Adoが歌う楽曲・ワールドプレミアの模様を一挙ご紹介!!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
劇場最新作『ONE PIECE FILM RED』尾田栄一郎「ちょっと女子描かせて!」 あらすじ、キャスト、Adoが歌う楽曲・ワールドプレミアの模様を一挙ご紹介!!
『ONE PIECE FILM RED』©︎尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

日本を代表する人気漫画「ONE PIECE」の劇場最新作『ONE PIECE FILM RED』が2022年8月6日(土)に劇場公開される。本作のあらすじやキャスト情報、本作を彩る音楽、7月22日(金)に開催されたワールドプレミアでの模様をご紹介したい!!

『ONE PIECE FILM RED』は、国内外で人気を誇る尾⽥栄⼀郎の人気漫画「ONE PIECE」の劇場最新作。本作の主人公は、世界で最も愛されている歌姫、ウタ。素性を隠したまま発信するその歌声は”別次元”と評されていた。そんな彼女が初めて公の前に姿を現すライブが開催される。色めき立つ海賊たち、目を光らせる海軍、そして何も知らずにただ彼女の歌声を楽しみにきたルフィ率いる麦わらの一味、海賊、海軍、世界中のウタファンが会場を埋め尽くす中、今まさに全世界待望の歌声が響き渡ろうとしていた。物語は、彼女が”シャンクスの娘”という衝撃の事実から動き出す──。「世界を歌で幸せにしたい」とただ願い、ステージに立つウタ。ウタの過去を知る謎の人物・ゴードン、そして垣間見えるシャンクスの影。音楽の島・エレジアで再会したルフィとウタの出会いは12年前のフーシャ村へと遡る。

原作者・尾田栄一郎のコメント全文「ちょっと女子描かせてくれ!」

本作の総合プロデューサーを「ONE PIECE」の生みの親である尾田栄一郎がつとめた。尾田は製作にあたり「映画で伝説のジジイを描くのもう疲れたんだよ!笑 ちょっと女子描かせてくれ!今、僕らが作りたいキャラクターはこいつだ!!っていうスタート。そして今やONE PIECEと対極にいるんじゃないの?っていう谷口悟朗大先生は、実はルフィをこの世で初めてアニメ化してくれた人だって知ってました?新作『RED』!! 空想しながら超ご期待ください!!」とコメントした。

『ONE PIECE FILM RED』©︎尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

監督のコメント、豪華スタッフ、キャスト&音楽製作陣の情報まとめ!

谷口監督「今まで見たことがない『ONE PIECE』を表現したい」

監督は人気アニメ「コードギアス」シリーズや「スクライド」「プラネテス」「revisionsリヴィジョンズ」などで、国内外から高い評価を得ている谷口悟朗がメガホンをとった。「ジャンプ・スーパー・アニメツアー‘98」の中で放送された『ONE PIECE』初のアニメ作品「ONE PIECE 倒せ!海賊ギャンザック」で監督デビューした谷口が、今作で23年ぶりに「ONE PIECE」へ戻り、シリーズへ新たな風を吹き込んだ。谷口監督は「今まで見たことがない『ONE PIECE』を表現したい。スタッフたちの力を借りて、新しい可能性を見出していきたいと思っています。」と意気込んだ。

本作の脚本は、映画『キングダム』「TOKYO MER~走る緊急救命室~」そして『ONE PIECE FILM GOLD』で脚本をつとめた黒岩勉「2年間かけて、尾田さんや谷口監督と話し合い、みんなの力を結集して紡ぎだした物語です。きっと多くの人の心に刺さる素晴らしい映画になるはず。」と明かした。

超豪華な声優陣が集結!! 『ONE PIECE FILM RED』キャスト情報

本作にはルフィ役の田中真弓、ナミ役の岡村明美、ゾロ役の中井和哉、ウソップ役の山口勝平、サンジ役の平田広明、チョッパー役の大谷育江、ロビン役の山口由里子、フランキー役の矢尾一樹、ブルック役のチョー、ジンベエ役の宝亀克寿ら、「ONE PIECE」シリーズでおなじみのキャストのほか、本作のキーパーソンである謎の男・ゴードンを『スター・ウォーズ』シリーズのカイロ・レンの吹替えなどで知られる津田健次郎が演じる。

本作のヒロインでシャンクスの娘であるウタは、「交響詩篇エウレカセブン」のエウレカや「コードギアス」シリーズのナナリー・ランペルージで知られる名塚佳織が声を、そして、圧倒的な歌唱力と表現力で瞬く間に話題となった歌手のAdoが歌唱パートを担当する。ウタに憧れる少女ロミィを新津ちせ、羊飼いの少年ヨルエカを梶裕貴が担当する。

また、本作にはルフィが憧れる海賊団であり、原作コミックでわずかの登場となった赤髪海賊団がスクリーンデビューを果たす。シャンクス役に池田秀一、ベン・ベックマン役に田原アルノ、ラッキー・ルウ役に土門仁、ヤソップ役に小林通孝が引き続きボイスキャストを担当。新たに、ライムジュース役を小野健一、ボンク・パンチ役を中村浩太郎、モンスター役を島田 敏、ビルディング・スネイク役を二又一成、ホンゴウ役を緑川光、ハウリング・ガブ役を中田譲治、ロックスター役を斎藤志郎が演じる。映画冒頭に登場する映画オリジナルキャラクターのクラゲ海賊団の船長・エボシ、ハナガサ、カギノテを、俳優の山田裕貴霜降り明星粗品せいやが演じる。そして、四皇シャーロット・リンリン(通称:ビッグ・マム)が率いるビッグ・マム海賊団から、シャーロット家次男のカタクリ、四男のオーブン、 八女のブリュレが登場することが明らかになっている。

音楽製作陣も豪華!! ウタの歌唱担当はAdo!!

歌姫・ウタの歌唱パートを担当するのは、19歳の歌い手Ado。作中でウタが歌う楽曲を提供したのは、中田ヤスタカMrs. GREEN APPLEVaundyFAKE TYPE.澤野弘之折坂悠太秦 基博の7組の超豪華アーティストたちだ。Adoが歌う主題歌「新時代(ウタ from ONE PIECE FILM RED)」のミュージックビデオは、YouTubeでの再生回数が1800万回を超えるほど注目を集めている。作中で歌姫・ウタが歌う楽曲に魅了されること間違いなし!ウタが織りなす音楽の世界にぜひ浸ってみてほしい。

『ONE PIECE FILM RED』ワールドプレミア in 日本武道館が開催!!

“ONE PIECEの日”である7月22日(金)には日本武道館で『ONE PIECE FILM RED』のワールドプレミアが開催され、全世界同時生配信が行われた。谷口監督とルフィ役の田中真弓ら麦わらの一味のほか、名塚佳織池田秀一津田健次郎山田裕貴霜降り明星粗品せいやの声優陣総勢17人がステージに集結。オープニングアクトとして、Adoが担当したヒロインの歌姫・ウタが自身初のライブを行い、「新時代」「逆光」(楽曲提供:Vaundy)、「私は最強」(楽曲提供:Mrs. GREEN APPLE)を、会場に集まった4,000人の観客の前で披露した。

監督が見どころを明かす「“全て”に注目してほしい」!!

同イベントでは、谷口監督が本作の注目してほしいポイントを語る場面があった。監督は「私の立場からだとなかなか言うのは難しいんですよ。なぜかというと、それは“全て”になってしまうんです。全てのシーンが意味を持って、次のシーンにつながって発展していきます。昔から見ている人は昔から見ているなりに楽しめるポイントだったり、初めて見る人も楽しめるようにと、いろんなところで楽しめるように構成されています。作品は最終的に皆さんのお手元に届いて、皆さんの中で完成していくものだと思います。皆さんの中でそれぞれ好きなところを見つけていただけると一番嬉しいです」と語った。

『ONE PIECE FILM RED』は2022年8月6日(土)より劇場公開!

『ONE PIECE FILM RED』©︎尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

PR

ジャンル

  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 劇場最新作『ONE PIECE FILM RED』尾田栄一郎「ちょっと女子描かせて!」 あらすじ、キャスト、Adoが歌う楽曲・ワールドプレミアの模様を一挙ご紹介!!