ホラー&アメコミ経験者の映画に外れナシ!? ジェームズ・ワンが“ホラー映画”にカムバック!『マリグナント 狂暴な悪夢』が2021年11月12日公開!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
ホラー&アメコミ経験者の映画に外れナシ!? ジェームズ・ワンが“ホラー映画”にカムバック!『マリグナント 狂暴な悪夢』が2021年11月12日公開!
『マリグナント 狂暴な悪夢』© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

『アクアマン』(2018年)が世界中で大ヒットを記録し、今や映画界の大ヒットメーカーになったジェームズ・ワン監督が自ら書き下ろした待望の最新ホラー映画『マリグナント 狂暴な悪夢』が、2021年11月12日(金)より公開される。

『死霊館』ユニバース(2013年〜)、『ソウ』シリーズ(2004年〜2010年)の生みの親で、『インシディアス』シリーズ(2010年〜)など数々の傑作ホラーを手掛けるなど、誰もが潜在的に恐れている日常的な“恐怖”を増幅させながら、ホラーの定石をことごとく覆すことで全世界を震え上がらせてきたホラー界の異才、ジェームズ・ワン。予想できない驚きと、未知の恐怖が記憶に残り続ける数々の傑作ホラーを生み出してきた監督は、ホラー映画で培った抜群のカメラワークと圧倒的なスピードと迫力で『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015年)ではシリーズ史上最高興行収入を記録した。

『マリグナント 狂暴な悪夢』メイキング写真© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

“ホラー映画×アメコミ映画”経験者が撮る映画に一切の外れナシ!?

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)や、今年の8月に公開された『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』で監督をつとめたジェームズ・ガンは今やアメコミ映画監督として最も有名な監督の一人。彼はトロマ・エンターテインメントというカルト的人気を誇るB級ホラー・コメディ映画製作会社の作品でキャリアをスタートさせた後、『ドーン・オブ・ザ・デッド』(2004年)に脚本、自身で監督を務めた『スリザー』(2006年)などのホラー作品を経て、超大作映画の監督に抜擢されたのだ。このように“ホラー畑出身者”が大ヒットシリーズや、マーベル、DCなどのアメコミ映画の監督を務め、成功を収めているケースは少なくない。

ジョージ・A・ロメオ不朽の名作『ゾンビ』(1978年)のリメイクとなる『ドーン・オブ・ザ・デッド』(2004年)で映画監督デビューを果たしたザック・スナイダー『ウォッチメン』(2009年)で重厚な世界観を見事に表現し、『マン・オブ・スティール』(2013年)、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年)をはじめとするDCエクステンデッド・ユニバースに参加した。また2002~07年の『スパイダーマン』3部作を手がけたサム・ライミ『死霊のはらわた』シリーズ(1981年〜1993年)を生み出したホラー畑出身の映画監督。今後はMCU『ドクター・ストレンジ』の続編で監督を務めることが決定しており、“ホラー畑出身監督”の手腕に外れナシと言えるだろう。

『マリグナント 狂暴な悪夢』© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

そして、日本公開が迫るなか未だ物語の全貌が見えてこない本作のメガホンを取ったのは『ソウ』シリーズや『死霊館』シリーズを生み出した“ホラー界の異才”ジェームズ・ワン。完全ネタバレ厳禁の中、一足先に本編を鑑賞した人たちから「あらゆるジャンルを全てブチ込んだ究極のカオスムービー!!」「まったく見たことのない世界へと連れていってくれる」とジャンルブレンダーな世界観に熱狂したコメントが飛び交う異様な作品となった『マリグナント 狂暴な悪夢』。この怪作を作り上げたワン監督がホラー映画を撮るのは『死霊館 エンフィールド事件』(2016年)以来約5年振りで、本作の公開を今か今かと待ちわびているファンも多いだろう。

ワン監督は「もう何年もこのジャンルから遠ざかっていたが、そろそろ私のルーツであるインディペンデントの世界、つまり『ソウ』や『狼の死刑宣告』(2007年)といったパンチの効いたホラーサスペンス作品へ立ち戻るときがきたと感じたんだ」と本作を撮るきっかけについて語っており、『ワイルド・スピード SKY MISSION』『アクアマン』といった超大作映画を世に贈り届け、そこで培った経験や超絶アクションが本作に存分に活かされているからこそ、前述した熱狂を生み出しているのかもしれない。

『マリグナント 狂暴な悪夢』メイキング写真© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

本作でワン監督は原案と製作を手がけ、製作総指揮を『ゴジラvsコング』(2021年)のエリック・マクレオド『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』(2021年)のジャドソン・スコットらがつとめた。『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(2017年)のアナベル・ウォーリス『サモン・ザ・ダークネス』(2019年)のマディー・ハッソンジョージ・ヤングミコール・ブリアナ・ホワイトらが出演する。

『マリグナント 狂暴な悪夢』© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

ホラー映画を経験し、大ヒットシリーズ、アメコミ大作映画と着実に成功を収めてきたジェームズ・ワン“ホラー映画”にカムバックし、完全オリジナルストーリーとして生み出した本作が巻き起こす熱狂の謎を、是非劇場で確かめてみてはいかがだろうか⁉︎

『マリグナント 狂暴な悪夢』© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

ジェームズ・ワン監督の最新ホラー映画『マリグナント 狂暴な悪夢』は、2021年11月12日(金)より公開。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • ホラー&アメコミ経験者の映画に外れナシ!? ジェームズ・ワンが“ホラー映画”にカムバック!『マリグナント 狂暴な悪夢』が2021年11月12日公開!