『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』マーゴット・ロビーとデヴィッド・ダストマルチャンの最新コメントが到着! ジェームズ・ガン監督は「ルールをぶち壊した」!?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』マーゴット・ロビーとデヴィッド・ダストマルチャンの最新コメントが到着! ジェームズ・ガン監督は「ルールをぶち壊した」!?

2021年8月13日(金)より全国公開のジェームズ・ガン監督最新作『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』。主演のマーゴット・ロビーデヴィッド・ダストマルチャン「ジェームズ・ガンはルールをぶち壊した!」と本作の魅力を語った。出演者たちも想像していなかった意外な方向に向かっていくらしいぞ!

全世界で興行収入が約810億円を超える前作『スーサイド・スクワッド』(2016年)に次ぐ本作は、全員終身刑の人気ヴィランたちが政府から極秘の通達を受け、減刑と引き換えに成功率0%のデス・ミッション「カイジュウ」プロジェクトの阻止に挑む姿を描く。マーゴット・ロビー(ハーレイ・クイン)、ヴィオラ・デイヴィス(アマンダ・ウォラー)、ジョエル・キナマン(リック・フラッグ)、マイケル・ルーカー(サバント)、フルーラ・ボルク(ジャベリン)、デビッド・ダストマルチャン(ポルカドットマン)、ダニエラ・メルシオール(ラットキャッチャー2)、イドリス・エルバ(ブラッドスポート)、スティーブ・エイジー(キング・シャーク)、ピート・デヴィッドソン(ブラックガード)、ネイサン・フィリオン(T.D.K)、ショーン・ガン(ウィーゼル)、ジェイ・コートニー(キャプテン・ブーメラン)、ジョン・シナ(ピースメーカー)ら極悪ヴィランが登場する!

何が起こるか予測不能⁉︎ ロビーが本作の魅力を明かす

ヴィラン達がクレイジーに大暴れしているため、R15+指定となった本作。ロビーは米Collider誌のインタビューで、初めて脚本を読んだ時の印象について語り、「ルールがなくて、どこに物語が向かっているのか分からなかった」と明かした。

「彼がすべてのルールをぶち破った点がとても気に入ったの。すぐに破ったのよ。映画の冒頭5分で人を殺しまくっていて、“あら、ルールなんて無いじゃない!何が起こるか分からないわ!”と思ったわ。初めて台本を読んだ時、ルールがなくて、どこへでも物語が向かっていけると思ったの。私はとてもドキドキワクワクしているし、ちょっと怖いのよ。」とロビーは明かした。

「ワーナー・ブラザースがジェームズに何をやっても良いと許したことで、ジェームズ・ガンの魅力や素晴らしさが映画に詰まっているよ。人々を驚かし、感動もさせるような素晴らしい映画だよ。」と、ダストマルチャンは付け加えた。

ファンが驚くポイントは巨大なセット‼︎

「ファンが驚いてしまうような点はある?」と聞かれたロビーは、撮影のために作られたセットがとてつもなく巨大だったことを明かした。

「ここ最近では見られないような巨大なセットだったことかしら。撮影中に私たちは水の中に投げ出されて、建物が崩れていた。そこには本物のビーチがあったし、本物の爆発もあった。度肝を抜かれたわ。最近はCGIで作られてしまうけれど、私たちは本当にそこで演じていたの。素晴らしい経験だった。」とロビーは話した。

「最後まで生き残れないキャラクターが多いことに驚くよ」と最新映像で語っていたガン。どこまでやりたい放題に殺ってしまったのか⁉︎ 劇場で目撃したい!

『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』は、2021年8月13日(金)より全国公開。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』

人類最大の危機、それは極秘「怪獣」プロジェクト⁉ 世界の運命を託されたのは、なんと 14 人全員終身刑のクソやばいヤツら!サメ人間、悪カワ、武器オタ、筋肉野郎、水玉の陰キャ、ほか多数ーー政府指令で、減刑と引き換えに悪党たちが暴れまくる、成功率 0%のデス・ミッション開幕!

制作年: 2021
監督:
脚本:
出演:
吹替:
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』マーゴット・ロビーとデヴィッド・ダストマルチャンの最新コメントが到着! ジェームズ・ガン監督は「ルールをぶち壊した」!?