ハリウッドの“超・高額”ギャラ事情まとめ! 配信映画の方が稼げる⁉︎ ロック様は体格もギャラも超ド級!!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
ハリウッドの“超・高額”ギャラ事情まとめ! 配信映画の方が稼げる⁉︎ ロック様は体格もギャラも超ド級!!
YouTube

“ロック様”こと人気俳優のドウェイン・ジョンソンが、新作映画『レッド・ワン(原題)』で総額5,000万ドル(約55億円)の報酬を得ることを米Varietyが報じた。「世界で最も稼いだ俳優」で、2019年から2年連続で首位を獲得しているロック様の勢いは止まらない!

体格もギャラも常人離れのロック様の勢いは衰えず!

常人離れした破格の高額ギャラが支払われるハリウッドスターの給料事情は、誰もが気になるところだろう。米フォーブス誌が毎年発表している「世界で最も稼いだ俳優」ランキングに2019年から2年連続で首位を獲得しているロック様は、現在公開中の主演映画『ジャングル・クルーズ』やDC最新作『ブラックアダム』など多くの作品に出演する超売れっ子俳優だ。同ランキング2位にランクインしたライアン・レイノルズとともに主演をつとめるNetflix映画『レッド・ノーティス』の公開も控えており、『カリフォルニア・ダウン』(2015年)の続編への出演も決まっている。俳優業のみならず、人気スポーツ用品ブランド、アンダーアーマーの広告塔をつとめるなど世界的にその名が知られている。

配信映画の方が稼げる⁉︎ 高額ギャラには動画配信サービス特有の理由があった‼︎

Netflixが続編2作の権利を獲得した『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』(2019年)では、ダニエル・クレイグが続編2作で1億ドル(約110億円)を超える報酬を手にする例外はあるが、ハリウッドで活躍する売れっ子俳優は一般的に2,000万ドル(約22億円)ほどの報酬を受け取る。ロック様へ5,000万ドルという高額な報酬になった理由の一つに、NetflixやAmazonなどの動画配信サービスが、作品が映画館で独占的に公開された場合に受け取るであろう予想興行収入の割合に基づいて、俳優に前払いで報酬を支払っていることにある。

例えば、アダム・マッケイ監督が手がけるNetflix映画『ドント・ルック・アップ(原題)』レオナルド・ディカプリオは3,000万ドル(約33億円)、ジェニファー・ローレンスに2,500万ドル(約27億円)の報酬が支払われる。また、Netflix映画『リーブ・ザ・ワールド・ビハインド(原題)』ジュリア・ロバーツに2,500万ドル(約27億円)が支払われることが明らかになっており、Netflix映画『ザ・グレイ・マン(原題)』ライアン・ゴズリングに約2,000万ドル(約22億円)が支払われる。

それでもロック様に新作映画『レッド・ワン』で総額5,000万ドルを支払うと決めたAmazonは、かなり思い切った行動に出ているように思えるが、それはロック様に絶大な人気があってのこと。ロック様に支払う報酬以上に稼げると確信しているからに違いない。

ロック様主演のディズニー最新作『ジャングル・クルーズ』は、映画館&ディズニープラス プレミア アクセスで大ヒット同時公開中。
ロック様&ガル・ガドット&ライアン・レイノルズ主演アクション映画『レッド・ノーティス』は、2021年11月12日(金)よりNetflixにて全世界独占配信!

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • ハリウッドの“超・高額”ギャラ事情まとめ! 配信映画の方が稼げる⁉︎ ロック様は体格もギャラも超ド級!!