今作の猟奇犯はジグソウではない!?『ソウ』シリーズを熟知した評論家が『スパイラル:ソウ オールリセット』の見どころを語る“公開前必見”の特別映像到着!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
今作の猟奇犯はジグソウではない!?『ソウ』シリーズを熟知した評論家が『スパイラル:ソウ オールリセット』の見どころを語る“公開前必見”の特別映像到着!
『スパイラル:ソウ オールリセット』メイキング写真®, TM & © 2021 Lions Gate Ent. Inc. All Rights Reserved.

BANGER!!!執筆陣の映画評論家・松崎健夫氏、氏家譲寿(ナマニク)氏が、2021年9月10日(金)より全国公開の映画『スパイラル:ソウ オールリセット』の解説&見どころを話す、特別映像が解禁となった!また『ソウ』シリーズ2~4作目を手掛け、本作のメガホンを取るダーレン・リン・バウズマン監督からコメントが到着した。

ジグソウを超える猟奇犯による新章誕生!

今回到着した特別映像は、スリラー映画の最高峰『ソウ』シリーズの最新作『スパイラル:ソウ オールリセット』公開を記念して制作され、『ソウ』シリーズを熟知した映画評論家の松崎健夫氏、氏家譲寿(ナマニク)氏が登場し【『ソウ』シリーズとは一体何なのか?】【最新作の見所】を、見識者として解説していく。映像冒頭では、過去の『ソウ』(2004年)『ソウ2』(2005年)の映像が流れ、日本のみならず世界でも大ヒットを記録したスリラー映画である事を説明。さらに松崎氏が「ホラー映画のアイコン的なジグソウやビリー人形という新しいキャラクターを生み出し、それは2000年代を代表するキャラクターとなった」と、世界中のホラーファンが熱狂した要因を注釈する。

続けてシリーズ最新作であり新章となる本作のパートに移り、地下鉄で発生した警察官の猟奇殺人事件をきっかけに、ストーリーが展開されていくと解説され、全く新しい“ジグソウを凌駕する猟奇犯”が現れるという事実を説明。猟奇犯が仕掛ける数々のトラップの一部や、主演のほか、原案・製作総指揮を務めている本作のキーパーソン、クリス・ロック演じるバンクス刑事らが翻弄される姿が映し出されると、松崎氏が「猟奇犯のメッセージの声が聞き覚えのあるジグソウのものではない。今作の猟奇犯はジグソウではないと巧妙に明かしている」と重要発言も!本作の犯人はジグソウの模倣犯?それともジグソウとはまったく違う思想を持った人物なのか?

『スパイラル:ソウ オールリセット』©2020 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

続けてホラー映画を研究する氏家氏が「リアリティのある拷問ガジェットで執行されるデスゲームが連続します。観た事のないショッキング映像でドキドキ! ゾクゾク感がたっぷりです!」と本作の演出やゴア描写を絶賛!シリーズファンのみならず、未見の観客も楽しめる内容だと評してくれた。「マザーファッカー」の使い手である、サミュエル・L・ジャクソンの登場シーンも映し出されており、圧倒的な存在感を見せてくれているようだ。今回、公開された特別映像は本作の見所が詰まった内容となっている。

ダーレン・リン・バウズマン監督からコメントが到着!

『スパイラル:ソウ オールリセット』メイキング写真®, TM & © 2021 Lions Gate Ent. Inc. All Rights Reserved.

本作のメガホンを取るダーレン・リン・バウズマン監督は『ソウ』シリーズ2~4作目を手掛け、今ではこのシリーズ象徴する多くの手法やテンプレートを確立した重要人物だ。クリス・ロックからの熱烈なオファーによって『ソウ』シリーズに復帰を果たしたバウズマンから、これから『スパイラル:ソウ オールリセット』を見る皆さんにメッセージが届いたぞ!「ぼくたちは、ファンが何を求めているのか、続編に何を期待しているのか分かっている。だから、いつもみんなの予想の裏をかいて、一歩先にいるようにしているんだ。なんていうか、ファンとゲームをしている感覚かな。みんなの知恵がぼくらに勝つか、また 今回もぼくたちがみんなを欺くことができるか、問題はそこだけだよね」と、笑顔で語ってくれた。

“『ソウ』シリーズであって、『ソウ』ではない”、完全なる新章。『ソウ』シリーズのファンも、まだ本シリーズを観たことのない方も楽しめる一作だ。ジグソウを凌駕する猟奇犯が、一体どの人物なのか。いよいよ公開が迫る。

ムービープラスで特別映像のロングバージョンが絶賛放送中!

「映画館へ行こう」出演者:(左から)松崎健夫、MC 小林麗菜、氏家譲寿(ナマニク)

CS映画専門チャンネル ムービープラスの新作映画情報番組「映画館へ行こう 8月号」では、『スパイラル:ソウ オールリセット』を大特集!松崎健夫氏、氏家譲寿(ナマニク)氏が本作の見どころを徹底解説するロングバージョンを2021年8月19日(木)11時30分ほか放送。『ソウ』シリーズが長年に渡り成功し続けられた理由や、最新作の注目ポイントを明かしてくれたぞ。そして、ムービープラスでは最新作公開に合わせて、『ソウ』『ソウ2』を2021年8月24日(火)翌0:15~ほか放送!最新作を観に行く前に、ぜひ過去作をおさらいしておこう!

『スパイラル:ソウ オールリセット』は、2021年9月10日(金)全国公開!

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『スパイラル:ソウ オールリセット』

地下鉄の線路上。舌を固定され、宙吊りの男。舌を引き抜いて生きるか、ぶらさがったまま死ぬか?猛スピードの電車が轟音を立てて迫り、やがて無残にも男の体は四散する。それはジグソウを凌駕する猟奇犯が仕掛けた、新たなゲームの始まりだった――。ターゲットは《全て警察官》。不気味な渦巻模様と青い箱が、捜査にあたるジークと相棒ウィリアムを挑発する。やがて、伝説的刑事でありジークの父・マーカスまでもが姿を消し、追い詰められていくジーク。ゲームは追うほどに過激さを増し、戦慄のクライマックスが待ち受ける。

制作年: 2021
監督:
脚本:
音楽:
出演:
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 今作の猟奇犯はジグソウではない!?『ソウ』シリーズを熟知した評論家が『スパイラル:ソウ オールリセット』の見どころを語る“公開前必見”の特別映像到着!