『キューティ・ブロンド』20周年!「私の人生を変えた一生に一度の役」主演のリース・ウィザースプーンらがメッセージをSNSに投稿!!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
『キューティ・ブロンド』20周年!「私の人生を変えた一生に一度の役」主演のリース・ウィザースプーンらがメッセージをSNSに投稿!!
Facebook

2021年で公開20周年を迎えたリース・ウィザースプーン主演映画『キューティ・ブロンド』。この度、ウィザースプーンが同作の懐かしい舞台裏写真を投稿し、「私の人生を変えた一生に一度の役」と語った。そして、あの『ブラック・ウィドウ』の女優が、エルの代名詞・ホットピンクのワンピース姿を披露した!

2001年に公開された同作は、ファッションと美容が大好きなブロンドの主人公エル・ウッズが、弁護士志望の恋人ワーナーに「ブロンドだから」という理由だけでフラれてしまったことから、恋人を見返すために弁護士を目指し奮起する姿を描いたロマンティック・コメディ。ウィザースプーンの出世作となった同作で、ウィザースプーンは頭脳明晰で苦境に負けない天真爛漫なエルを演じた。同作が大ヒットを記録したことをきっかけに、ウィザースプーンは世界的に認知されるハリウッド女優となった。

このたびウィザースプーンは、公開20周年を記念して、数々の舞台裏写真を投稿。写真の中には、エルがヘア&ネイルサロンで“曲げてスナップ!”をする姿や、エルが裁判所の階段でエメット(ルーク・ウィルソン)とキスする姿が。

「20年前の今日、『キューティ・ブロンド』が公開されました。エル・ウッズを演じることは一生に一度の役であり、彼女の物語を皆さんと共有することができたことは、とても光栄に思っています。全てのミーム、ミュージカルナンバー、ハロウィン衣装、そして、“曲げてスナップ!”は、この20年間で私にたくさんの喜びをもたらしてくれました。 エルは、次に何をするのかな?」と感謝の気持ちを明かした。

エルの恋敵でいじわるなヴィヴィアンを演じたセルマ・ブレアも、懐かしい舞台裏写真を公開している。

「まだ携帯電話にカメラがついていない時代のことでした。私は小さなヴィンテージカメラを持って歩いていましたが、撮るのを忘れていました。なぜなら、マシュー・デイヴィスと一緒にトレーラーで話をしたり、リースの演技を見たりと忙しく過ごしていたからです。一生の友だちもできました。つま先立ちをして背が高く見えるようにして集合写真を撮った直後、ビリー・エリオットの真似をして顔から転んだりしました。みんな大好きです。」とその想いを語った。

フローレンス・ピュー、エルの代名詞ホットピンクのワンピ姿を披露!

マーベル最新作『ブラック・ウィドウ』(映画館&ディズニープラス プレミア アクセス大ヒット同時公開中!)に出演するフローレンス・ピューは、『キューティ・ブロンド』公開20周年を記念して、エルのトレードマークといえるホットピンクのワンピースを身にまとった姿を披露。『ミッドサマー』(2019年)などの話題作に出演し、高い演技力で評価される一方で、ファッションアイコンとしても注目を集めているピューだけに、その着こなしは見事だ!

「パリの風が吹くホットピンクなバルコニーでのひととき。愛情を注いでくれたパリの皆さんに感謝しています。友人や同僚、ファンの皆さんのおかげで完璧なものになりました。これは『ブラック・ウィドウ』の記者会見の最終日を飾った、美しいヴェルサーチを身にまとった姿です。エドガー・アラン・ポーの名言“風は私たちの友人であり、風は私たちの敵であった。しかし、大きなピンクのヴェルサーチを履いているときは問題ではない”をここに捧げます。」とピューは冗談まじりに『キューティ・ブロンド』への愛を語った。

気になる続編最新作『キューティ・ブロンド3』は⁉︎

何年も話題になっては消えていたシリーズ続編作『キューティ・ブロンド3(仮題)』。前作『キューティ・ブロンド/ハッピーMAX』(2003年)から約20年が経とうとしているが、2018年に同作の製作が決定し、2020年には、全米公開日が2022年5月に決定したことが明らかになっている。現在のところ、あらすじは明らかになっていないものの、ウィザースプーンが再びエルを演じ、40代になったエルの姿が描かれるとのことだ。

超ポジティブガールだったエルは、どんな40代を迎えているのか、続報に期待したい!

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 『キューティ・ブロンド』20周年!「私の人生を変えた一生に一度の役」主演のリース・ウィザースプーンらがメッセージをSNSに投稿!!