“最強の老人”再び降臨!! 『ドント・ブリーズ2』最新予告編が到着! あの惨劇から8年後、そこには衝撃の展開が!?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
“最強の老人”再び降臨!! 『ドント・ブリーズ2』最新予告編が到着! あの惨劇から8年後、そこには衝撃の展開が!?
YouTube

世界興行収入170億円を超える大ヒットホラー映画『ドント・ブリーズ』(2016年)。この度、待望の続編作『ドント・ブリーズ2』が、2021年8月13日(金)より全国公開されることが決定、予告編映像が公開された。

ホラー映画史上“最強の老人”と呼び声高いあの盲目の老人の8年後の戦慄を描く本作。前作に引き続き、主人公の盲目の老人ノーマン・ノードストロームをスティーヴン・ラングが熱演。ほかに、『スリー・ビルボード』(2017年)のブレンダン・セクストン3世マデリン・グレースらが出演する。監督をつとめるのは、前作でフェデ・アルバレス監督とともに脚本を手掛けたロド・サヤゲス。また、アルバレスも引き続き共同脚本・製作として名を連ね、『死霊のはらわた』シリーズ(1981年〜1993年)のサム・ライミが前作に続き、製作として参加している。

このたび解禁された予告編には、目を疑うような光景が。なんとあの盲目の老人は、少女を“大切”に育てていた。8年前の惨劇が起こった屋敷で、二人だけの生活を誰にも邪魔されないよう静かに暮らす老人。しかし彼の少女に向ける表情には、何らかの事情と不気味さを窺わせる—。そんな中、ある謎の武装集団が現れ、少女に近づき屋敷へと足を踏み入れた時、ついにその狂気が目を覚ます。少女をめぐり、暗闇での惨劇、再び。なぜ老人は、その少女に異常なまでに固執するのか。全ての真実を知った時、前作を超える衝撃に息が止まる!

今作も予測不可能⁉︎ 製作者がその魅力を語る!

前作で監督をつとめ、今作では製作をつとめるアルバレスは、今作の魅力について語った。

「今作の真の主役は少女です。ノーマンは、影のキャラクターのようなものですよ。彼のことを知り始めたときに、彼は一体何をしているのか、理解できなくなってしまうような人物です。彼の行動は良い理由から来ているのか、悪い理由なのかさえも理解できなくなるはずです。今作は本当に魅力的で、早く皆さんに見ていただきたいです。何が起こるかわからないですからね。サヤゲスと私は、人々が不愉快だと思うことはすべて、最終的には愉快なものだと考えていました。だからこそ、『ドント・ブリーズ2』のことを笑いながら考えているのです。続編といっても、まったく違うものになっています。1作目の魅力がすべて詰まっていると思いますが、ストーリー的にはまったく違うアプローチで作られています。」とアルバレスは語った。

また、サヤゲスは「1作目が終わった後、私たちは『物語はまだ終わっていない』と思いました。この男は、自分にとって不公平だと感じたことを償おうとし続けるだろう。さて、彼はこれからどうするのだろう?もしかしたら、なんとかして家族を持つ方法を見つけるかもしれません。それはそれで良い道だと思います。この男が、失ってしまった家族をどうやって再現しようとし続けるのか、それを見るのは興味深いことです。」と付け加えた。

なぜ、あの盲目の老人は少女を育てることになったのか…⁉︎ 驚愕の真実を目撃せよ!
『ドント・ブリーズ2』は、2021年8月13日(金)より全国ロードショー。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • “最強の老人”再び降臨!! 『ドント・ブリーズ2』最新予告編が到着! あの惨劇から8年後、そこには衝撃の展開が!?