『ハリー・ポッター』不思議ちゃんとネビルの恋の行方は!? ルーナ役イヴァナ・リンチがキャスト間の交流や作品への思いを語る!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
『ハリー・ポッター』不思議ちゃんとネビルの恋の行方は!? ルーナ役イヴァナ・リンチがキャスト間の交流や作品への思いを語る!
YouTube

『ハリー・ポッター』(2001~2011年)シリーズきっての“不思議ちゃん”ルーナ・ラブグッドを演じたイヴァナ・リンチ。リンチは、米US Weekly誌のインタビューに答え、ルーナとネビルの恋の行方や、ルーナ以外に演じてみたいキャラクターを語り、共演者とのグループチャットがあることを明かした。

ルーナとネビルは結ばれず「これはちょっと違う」と気づく⁉︎

ルーナといえば、ロン(ルパート・グリント)に対して密かにずっと想いを寄せていたが、同級生のネビル(マシュー・ルイス)から想いを寄せられていた。『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011年)では、ネビルがハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)に、「ルーナのことで頭がいっぱいでおかしくなっている」と打ち明け、「戦いの後には二人とも死んでいるかもしれない」ので、ルーナに思いを伝えると語っている。ヴォルデモートとの戦いに勝利した後、ネビルはグリフィンドールの剣を手に持ち、ルーナと一緒に座っている姿がおさめられている。その二人の関係性は続かなかったと、リンチはその理由を語っている。

「それは、戦時中のロマンスのようなものだと思っているわ。その時は、誰もがトラウマや死ぬかもしれないという考えにとらわれていた。彼らは立派な目的のために戦っていたけれど、それが終わって、二人は生き残った。そして、二人とも“これはちょっと違うな”と気づいたのではないかな。」と話した。

原作者J.K.ローリングによると、ネビルはハッフルパフの同級生ハンナ・アボットと結婚し、ルーナはニュート・スキャマンダーの孫であるロルフ・スキャマンダーと結ばれることになるという。

「ネビルは、ルーナにとって少し落ち着きすぎているのかもしれないわね。彼はホグワーツで安定した仕事をしたいと思っているの。ルーナは彼にとってはちょっと変わり者で、彼女は世界中を旅したいと思ってる。」と語った。

ルーナは父親の後を継ぎ、動物に関する本を書く編集者に⁉︎

リンチは、卒業して大人になったルーナの将来について語り、「ザ・クィブラー」誌の編集者である父親の後を継ぎ、動物に関するドキュメンタリーを制作し、本を執筆していただろうと語っている。

「ルーナは、世界中の野生の不思議な動物たちのドキュメンタリーを作っていたと思う。事実に基づいているわけではないけれど、それが彼女のやり方なの。彼女は結局、そういう父親の娘なのよ。父親はザ・クィブラー誌に奇妙な物語を書いていた。だから、ある部分は素晴らしくて、動物から学ぶような番組になると思うわ。そして一部は、これがフィクションなのかドキュメンタリーなのかわからないようなもの。どこまでが彼女の想像なのか。実際、彼女は何か本を書いていたと思うわ。」と話した。

『ハリー・ポッター』キャストのグループチャットがあると明かす!

『ハリー・ポッター』シリーズの俳優たちは、現在でも仲が良いことでたびたび話題にあがり、リンチもまた、共演者と今でも連絡を取り合っているという。リンチは、同シリーズ共演者が連絡を取り合うグループチャットがあることを明かした。

「ハリー・ポッターのグループチャットがあって、私は去年招待されたばかりなの。存在すら知らなかった。でも、パンデミックが起こって、ぱったり静かになってしまったの。一番活発なのは、女の子だったら、私とボニー(・ライト)とエマ(・ワトソン)かな。男の子たちはたまにコメントしてくれたり、誕生日おめでとうと言ってくれるの。ダン(・ラドクリフ)とルパート(・グリント)はそのグループに入ってないの。誰かがそれを聞いて『私、そのグループに入ってないよ!』と言うかもしれないから、言いたくないの。誰にも取り残されたと思ってほしくない。7人から10人くらいの小さなグループよ。」と明かした。

ルーナを演じた後に一番恋しかったこと

原作「ハリー・ポッター」シリーズのスーパーファンで、ルーナ役のオーディションを受けてスクリーンデビューを飾ったリンチ。人生の転機となった思い入れのあるルーナを演じた後に一番恋しかったことを語った。

「すべてが恋しいわ。愉快なコスチュームが恋しいかな。彼女はとても穏やかなので、私にとっては演じやすいキャラクターだったし、彼女のエネルギーの中に入っていくのは楽しいことだった。そういう人になれる機会がなくなったのはとても残念よ。穏やかで、世界や自分自身を受け入れることのできる人。共演者や関わった人達、すべての仲間が恋しい。本当に光栄なことだったの。」と語った。

ルーナ以外だったらあの独特な雰囲気の先生を演じたい!

リンチは、ルーナ以外に演じてみたい『ハリー・ポッター』のキャラクターを聞かれ、エマ・トンプソンが演じた占い学教授のシビル・トレローニーの名前を挙げた。

「そうね、まず、ルーナが一番のお気に入りよ。私にとって、宝くじに当たったようなものなの。あとは、シビル・トレローニーを演じたらかなり面白いと思う。私は占星術や星に興味があるの。そういったものをすべて信じているから、トレローニーを演じたらとても楽しいでしょうね。」と話した。

超人気映画シリーズに出演できたことは「とても非現実的な気分」

リンチは、自身のスクリーンデビューにして超人気映画シリーズに出演できたことは、どんなに時間が経っても「とても非現実的な気分」と明かした。

「私は普段、ごく普通の静かな生活をしているので、とても非現実的な気分よ。この世界に溶け込み、ニューヨークにできたハリー・ポッターのお店のような大きな事業に参加できるのは、本当に幸運なことだと思うの。でも、家に帰れば、ただ静かに自分のことをするだけ。私はこのエキサイティングな世界へのちょっとした隠し通路を知っているだけなの。そして、私が何かを見たときには、それは現実的なものに変わる。例えば、チャンネルを変えるとハリー・ポッターの映画がやっていたり、大きなイベントに招待されたり、オンラインで多くの人に支持されたり。普段とは少し離れているような気がするわね。そういったものを目にすると、体が動かなくなってしまうの。私にとってはすべてが感謝の気持ちでいっぱいよ。すべてが恵みであり、多くの扉を開いてくれた。」と語った。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 『ハリー・ポッター』不思議ちゃんとネビルの恋の行方は!? ルーナ役イヴァナ・リンチがキャスト間の交流や作品への思いを語る!