ヒグチユウコ、話題作『JUNK HEAD』オマージュのイラスト到着!「JUNK HEAD」展の開催も決定!!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
ヒグチユウコ、話題作『JUNK HEAD』オマージュのイラスト到着!「JUNK HEAD」展の開催も決定!!
ヒグチユウコ×『JUNK HEAD』©️2021 MAGNET/YAMIKEN

一人の日本人が独学で作り始め7年間かけて完成させ、絶賛公開中の壮大なSFストップモーションアニメ『JUNK HEAD』。 2021年3月26日(金)に全国10館でスタートし口コミで大ヒットを記録、その後公開劇場数(今後公開劇場含む)を増やし続け100館を超えた。この度、2021年10月7日(木)から2021年12月26日(日)の間、画家・絵本作家のヒグチユウコのギャラリー「ボリス雑貨店」にて「JUNK HEAD」展(仮称)の開催が発表された!併せて、ヒグチユウコが本作にオマージュを捧げた描き下ろしイラストも解禁された。

堀貴秀監督作『JUNK HEAD』公開後の早い段階でアップリンク渋谷にて本作を鑑賞しその世界観を気に入ったヒグチユウコは、本作について「堀監督のつくったキャラクターをそのまま描きたかったのですが、3バカがかわいすぎてついギュスターヴ3匹にしてしまいました。JUNK HEADにはいろんな素晴らしいワクワクが詰まってます。是非沢山の人に観てほしいです」とコメントを寄せた。そして、ヒグチユウコはSNS上で堀監督が3部作の次回作制作の準備をしていることを知り、応援を申し出。堀監督とも意気投合し、今秋、「JUNK HEAD」展(仮称)を実施する運びとなった。展示会では本作の撮影で使用されたキャラクターのパペットの他、緻密に作り上げられたセットなどが展示される他、様々な展示アイデアを現在検討中。「JUNK HEAD」のグッズなども発売される予定だ。

『JUNK HEAD』©️2021 MAGNET/YAMIKEN

また、今回解禁となったヒグチユウコが本作にオマージュを捧げた描き下ろしイラストは、自身のキャラクター「ギュスターヴくん」と触れ合う「JUNK HEAD」に登場する「トロちゃん」が描かれた作品となっている。(本イラストの商品展開も構想中)。

ミニシアターランキング2週連続1位を記録し多くの観客から絶賛されている本作。一人で始めた「JUNK HEAD」は多くの観客からの支持を得て、その世界観は映画の中だけではない広がりを見せ始めている。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『JUNK HEAD』

環境破壊が止まらず、もはや地上は住めないほど汚染された。人類は地下開発を目指し、その労働力として人工生命体マリガンを創造する。ところが、自我に目覚めたマリガンが人類に反乱、地下を乗っ取ってしまう。それから1600年──遺伝子操作により永遠と言える命を得た人類は、その代償として生殖能力を失った。そんな人類に新種のウイルスが襲いかかり、人口の30%が失われる。絶滅の危機に瀕した人類は、独自に進化していたマリガンの調査を開始。政府が募集した地下調査員に、生徒が激減したダンス講師の“主人公”が名乗りを上げる。地下へと潜入し、〈死〉と隣り合わせになることで命を実感した主人公は、マリガンたちと協力して人類再生の道を探る。今、広大な地下世界の迷宮で、クセ者ぞろいのマリガンとの奇想天外な冒険が始まる!

制作年: 2017
監督:
音楽:
声の出演:
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • ヒグチユウコ、話題作『JUNK HEAD』オマージュのイラスト到着!「JUNK HEAD」展の開催も決定!!