「この瞬間を待っていたんだ!」真田広之の渾身の“キメ台詞”にキャスト・スタッフが歓喜!! 映画版『モータル・コンバット』最新予告と真田広之インタビューが到着!!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
「この瞬間を待っていたんだ!」真田広之の渾身の“キメ台詞”にキャスト・スタッフが歓喜!! 映画版『モータル・コンバット』最新予告と真田広之インタビューが到着!!
YouTube

米人気対戦型格闘ゲームの新実写映画『モータル・コンバット(原題)』の予告編が公開された。スコーピオン役の真田広之が華麗な剣さばきを披露、ライデン役の浅野忠信も登場しているぞ!

公開された予告編には、サブゼロ、スコーピオン、ライデン、リュウ・カン、カノウ、ソニア・ブレイドなど、同ゲームシリーズに登場するお馴染みのキャラクターが、アウト・ワールドの軍団相手に、ゲームさながらの過激なアクションを披露!新たに、暗殺者リープテイルや4本の腕を持つゴロー、サブゼロに似た謎の忍者が登場している。

物語は、封建時代でのサブゼロとスコーピオンの確執から始まり、コール・ヤングらが登場する現代へとシフトしていき、トーナメント対決が繰り広げられる。そして、スコーピオンの生い立ちにも触れられているという。

本作には、『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013年)のジョー・タスリム『スキャンダル』(2019年)のジョシュ・ローソン『パワーレンジャー』(2017年)のルディ・リン『MEG ザ・モンスター』(2018年)のジェシカ・マクナミー『デッドプール2』(2018年)のルイス・タン、そして、ハリウッドで活躍する真田広之浅野忠信らが出演。

真田広之、スコーピオンのフレーズ “Get over here!”と叫んだらキャスト・スタッフが歓喜した事を明かす!

真田は、リハーサルでスコーピオンの有名なフレーズ“Get over here!”を叫んだ時には、キャスト・スタッフが喜んだという秘話を米Entertainment Weeklyに明かしている。

「スコーピオンには2つの有名なフレーズがあって、私はそのフレーズを楽しむことができたんです。初めてリハーサルで、“Get over here!”と叫んで、スコーピオン特有の動きを披露したときには、キャストやスタッフの反応が良かったです。「やった!」と言ってくれました。「この瞬間を待っていたんだ!」と言われました。」と明かした。

また、スコーピオンという同ゲームシリーズで最も象徴的なキャラクターを演じるにあたり、スコーピオンの研究を重ねたことも告白。

「振付師やスタント達と戦闘スタイルを相談して、リハーサルに飛び込みました。オリジナルのものを作ろうとしました。ハンゾウ・ハサシは日系のキャラクターなので、本物の動きを作ろうとしました。」と明かした。

「私は、モータル・コンバットのゲームをプレイしたことがなかったんです。私にとって、有名なゲームキャラクターを演じるのは初めての事でした。誰もが彼の武器や戦闘スタイルを知っているので、かなりのプレッシャーを感じました。この作品を通じて、観客は、スコーピオンがなぜ戦うのか、戦っている間に、何を考えているのかを理解することができると思います。」と真田は話した。

『モータル・コンバット』は、2021年4月16日(金)より全米公開、あわせてHBO Maxにて配信開始。日本での公開日は未定。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 「この瞬間を待っていたんだ!」真田広之の渾身の“キメ台詞”にキャスト・スタッフが歓喜!! 映画版『モータル・コンバット』最新予告と真田広之インタビューが到着!!