「あおり運転」の映画が話題に!! この執念深い“悪漢”から逃げ切れるか…『アオラレ』日本公開&場面写真が解禁!!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
「あおり運転」の映画が話題に!! この執念深い“悪漢”から逃げ切れるか…『アオラレ』日本公開&場面写真が解禁!!
『アオラレ』©2021 SOLSTICE STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

『グラディエーター』(2000年)でアカデミー主演男優賞を受賞した名優ラッセル・クロウ主演最新作『アオラレ』。このたび、2021年5月より全国公開されることが決定、あわせて場面写真が解禁された!

世界中でロックダウンが相次いだ後の公開にも関わらず、18の国と地域でNo.1ヒットを記録した本作。今や社会問題となっている「あおり運転」は身近な恐怖として存在している。そんな誰しもが経験する可能性のある「あおり運転」の恐ろしさを描く。

『アオラレ』©2021 SOLSTICE STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

本作は、子供を送り届けるため車を走らせるシングルマザーのレイチェル(カレン・ピストリアス)が、見知らぬ“男”(ラッセル・クロウ)と信号で言い合いになってしまうところから始まる。「運転マナーがなっていない」とその男に言われ、謝罪を求められるが、レイチェルはそれを拒否。そのささいな小競り合いから、レイチェルは想像もしていなかった恐怖に巻き込まれることになる。男は常軌を逸した行動でレイチェルを追い詰めていく。果たして、レイチェルはその“男”の【アオリ】から逃げ切ることが出来るのか⁉︎ 怖いながらも、爽快な展開に、ストレス発散できるノンストップ・アクションスリラーの傑作が誕生した!

本作のメガホンを取ったのは『レッド・バレッツ』(2011年)『幸せでおカネが買えるワケ』(2009年)のデリック・ボルテ。出演には、謎の“男”を演じるクロウをはじめ、“男”の暴力的なあおり運転のターゲットになってしまう母親レイチェル役に『移動都市/モータル・エンジン』(2018年)のカレン・ピストリアス。息子カイル役に『チャイルド・プレイ』(2019年)のガブリエル・ベイトマンなどが出演している。

この度あわせて解禁となった場面写真は、凄みを増した顔圧と鋭い眼光でこちらを“アオル”、クロウ演じる“男”のビジュアルがどこまでも追いかけてきそうな恐怖を感じさせ、見る者を圧倒させる仕上がりとなっている。まさにラッセル史上最恐のキャラクターであり、映画史に新たな歴史を刻む“悪漢”の誕生を予感させるビジュアルといえる。そして、その“男”から逃げ惑いながらも必死に戦おうとする母親と息子の逼迫した様子も写し出されており、果たしてこの親子が無事にこの“男”から逃げ切れるのか、予測不能な展開が待ち受ける本作への期待が高まる!

『アオラレ』©2021 SOLSTICE STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

運転手同士のちょっとしたいざこざが、思いもよらない悲劇へと展開していく本作。素性が全く分からない“男”とレイチェルの壮絶な戦いの先に果たしてどのようなクライマックスが待ち受けているのか⁉︎
『アオラレ』は2021年5月より全国ロードショー。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『アオラレ』

美容師のレイチェルは今日も寝坊。あわてて息子のカイルを学校へ送りながら職場へと向かうが、高速道路は大渋滞。度重なる遅刻に、ついに首となる。最悪の気分のまま下道を走るが、信号待ちで止まると、前の車は青になっても発進しないクラクションを鳴らすがまだ動かない。イラついたレイチェルが追い越すと、つけてきたドライバーの男が「運転マナーがなっていない」と言う。レイチェルに謝罪を求めるが、彼女は拒絶して車を出す。息子を学校に送り届けたものの、ガソリンスタンドの売店でさっきの男に尾けられていることに気づく。店員は「あおり運転の常習犯よ」と警告。車に戻ったレイチェルはある異変に気付いた。が、時すでに遅し。信じられない狂気の執念に駆り立てられた男の”あおり運転”が、ノンストップで始まるのだった――

制作年: 2020
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 「あおり運転」の映画が話題に!! この執念深い“悪漢”から逃げ切れるか…『アオラレ』日本公開&場面写真が解禁!!