猛威を振るう「COVID-23」により隔離された世界を描く―― マイケル・ベイ最新作『ソングバード』予告公開!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
猛威を振るう「COVID-23」により隔離された世界を描く―― マイケル・ベイ最新作『ソングバード』予告公開!
YouTube

『トランスフォーマー』シリーズ(2007年~2017年)のマイケル・ベイが製作を手掛けたパンデミック・スリラー映画『ソングバード(原題)』の予告編が公開された。

本作の舞台は2024年、恐ろしいウイルス「COVID-23」が猛威を振るい、4年間ロックダウンが続き荒廃した世界。感染したアメリカ人はみなQゾーンと呼ばれる隔離キャンプに強制的に入れられ、決してそこから逃れることができない。このウイルスに免疫がある主人公の運び屋ニコ(K・J・アパ)は、監禁されている恋人サラ(ソフィア・カーソン)との間に希望と愛を見出していく。サラの感染が疑われはじめたとき、ニコは彼女を救う唯一の方法を求めて、荒廃したロサンゼルスの街を必死に駆け抜けるのだった―。

主人公ニコを演じる『リバーデイル』(2017年〜)のK・J・アパ、恋人サラを演じる『ディセンダント』(2015年~)のソフィア・カーソンの他には、『ゴースト/ニューヨークの幻』(1990年)のデミ・ムーア『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019年)のブラッドリー・ウィットフォード『ドクター・ドリトル』(2020年)のクレイグ・ロビンソンらが出演する。

本作は、新型コロナウイルス感染拡大によりロックダウンされたロサンゼルスで撮影されるという異例の計画が報じられていた。感染対策がしっかり講じられた上で、順調に撮影は進められていたようだ。

『ソングバード(原題)』は現在、ポストプロダクション(撮影後作業)の段階にあり、公開日は未定のままだ。続報に期待したい。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 猛威を振るう「COVID-23」により隔離された世界を描く―― マイケル・ベイ最新作『ソングバード』予告公開!