今年は映画館で甲子園を! 大谷翔平を輩出した花巻東高校や横浜隼⼈⾼校を追うドキュメンタリー公開!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
今年は映画館で甲子園を! 大谷翔平を輩出した花巻東高校や横浜隼⼈⾼校を追うドキュメンタリー公開!
『甲子園:フィールド・オブ・ドリームス』©2019 Cineric Creative/NHK/NHK Enterprises

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、戦後初めて夏の甲子園が中止となった2020年。高校野球界にとって異例の年となったこの夏、「今年は映画館で甲子園を。」をテーマに、100年以上の歴史を持つ高校野球に関する2本のドキュメンタリー映画、『甲子園:フィールド・オブ・ドリームス』(2019年)『第50回全国高校野球選手権大会 ⻘春』(1968年)が劇場公開されることが決定した。

このたび公開される2作品は、高校野球ファンにはたまらない、第50回と第100回、夏の甲子園の歴史において節目となる記念大会を追ったもの。時代が変わっても守り続けるべき高校野球の「伝統」、移りゆく時代と共に変えるべき高校野球の「革新」、2作品を通じて、その両側面から高校野球の魅力を追体験できる。

1本目は、第100回記念大会出場を目指す球児たちとその指導者を追った『甲子園:フィールド・オブ・ドリームス』。2本目は、巨匠・市川崑監督が第50回記念大会を圧倒的なスケールで映画化、1968年9月に劇場公開され「幻の傑作」と語り継がれる『第50回全国高校野球選手権大会 ⻘春』だ。

『甲子園:フィールド・オブ・ドリームス』©2019 Cineric Creative/NHK/NHK Enterprises

そしてアメリカでは2019年にワールドプレミア上映が開催されて話題を集めた『甲子園:フィールド・オブ・ドリームス』。本作は「高校野球という日本独自の文化を海外に紹介したい」という監督と制作陣の願いから日米の国際共同制作作品として誕生した。ニューヨークを拠点に活躍する若き女性映像作家・山崎エマが監督をつとめ、アメリカの撮影クルーとともに、100回記念大会に挑む高校球児の甲子園にかける姿を追った。

山崎監督は野球の本場アメリカでの反響について「アメリカでは日本の高校野球の認知度はなく、ただピッチャーが投げすぎて肩を壊すのがおかしいといった、一つの報道が独り歩きしている状況でした。このドキュメンタリーを通じて、日本人が高校野球をなぜ100年以上も大事にしているか、その全体像を届けようと思いました。アメリカでは野球のビジネス面が強いので、純粋に野球に真っ当している子供たちの映像はアメリカの観客の心にも刺さったようです。」と語る。

『甲子園:フィールド・オブ・ドリームス』©2019 Cineric Creative/NHK/NHK Enterprises

本作は、神奈川県・横浜隼人高校岩手県・花巻東高校の、球児とその指導者への1年にわたる⻑期取材を元に製作されたドキュメンタリー映画だ。山崎監督は、この2校を選んだ理由について「このドキュメンタリーはもともと海外の方に観てもらうために作ったので、メジャーリーガーに関連する学校だとより注目してもらえると思うので、大谷翔平選手、菊池雄星選手を生んだ岩手県の花巻東高校と、そしてアメリカから輸入された野球が、港町である横浜では歴史が長く、とても盛んであるということから横浜隼人高校を取材しました。横浜隼人・水谷哲也監督は、花巻東・佐々木洋監督が師弟関係にあって、また水谷監督の息子の公省くんが花巻東への入校が決まっていて、色んなドラマが見られるのではないかと思いこの2校を取材しました。」と語る。

『甲子園:フィールド・オブ・ドリームス』⼭崎エマ監督

新型コロナウイルス感染拡大の防止のために、夏の甲子園が中止なってしまったが、山崎監督はこのタイミングだからこそ『甲子園:フィールド・オブ・ドリームス』を日本の観客に届けたいと語る。「皮肉な話で、コロナで甲子園が中止になってしまったから、日本でこのタイミングで上映することになりました。甲子園はやってほしかったという想いはありますが、せっかく頂いたチャンスなので喜びたいと思っています。色んな工夫があって交流試合や県大会を独自にやって、高校野球の存在を感じることができていますが、このドキュメンタリーが本来の甲子園が帰ってくるまでの“繋ぎ”になればいいなと思っています。2年前の野球が日常にあって、甲子園がある生活を感じてもらえると、一瞬立ち止まって、高校野球の在り方を改めて考える機会になればいいなと思います。」

『甲子園:フィールド・オブ・ドリームス』©2019 Cineric Creative/NHK/NHK Enterprises

『甲子園:フィールド・オブ・ドリームス』は、2020年8月21日(金)より丸の内TOEI、アップリンク渋谷ほか全国順次公開。『第50回全国高校野球選手権大会 青春』は丸の内TOEI、アップリンク渋谷ほか全国順次公開中。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『甲子園:フィールド・オブ・ドリームス』

2018 年、夏の甲⼦園は 100 回⼤会を迎えた。その記念すべき年の特別プロジェクトとして、⽶・シネリック・クリエイティブ/NHK/NHK エンタープライズで取り組んだ国際共同制作作品。主⼈公の横浜隼⼈⾼校の⽔⾕哲也監督は、30 年近いキャリアの中でも特別な思いでこの記念すべき年に挑んでいた。⾃称「昭和の頑固オヤジ」である⽔⾕は、勝つことのみならず、挨拶や掃除などを徹底し⼈間形成を重要視。更には、メジャーリーガー⼤⾕翔平や菊池雄星を輩出した花巻東⾼校野球部の佐々⽊洋監督の恩師でもある。この作品ではこの 2 ⼈の監督の 100 回⼤会の年を追いながら、⾼校野球を⽇本の社会の縮図と位置づけ、変わりゆく時代を考える。昭和から平成、そして未来へ。時代とともに変えるべきもの、変えてはならないもの…純粋に⻘春の全てをぶつける⾼校球児と、教育の最前線にたつ指導者の葛藤、そして喜びを⾒つめる。

制作年: 2018
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 今年は映画館で甲子園を! 大谷翔平を輩出した花巻東高校や横浜隼⼈⾼校を追うドキュメンタリー公開!