『ブラック・ウィドウ』2020年11月6日(金)日米同時公開決定!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
『ブラック・ウィドウ』2020年11月6日(金)日米同時公開決定!
『ブラック・ウィドウ』©Marvel Studios 2020

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、米国での公開の延期を発表していた『ブラック・ウィドウ』の日本公開日が2020年11月6日(金)に決定した。

全米公開日が延期になったことは先日お伝えした通りだが、日本公開日が11月6日(金)に決定したことで、日米同時公開となる。

『アベンジャーズ』シリーズ(2012年~)に登場、美しき最強スパイ“ブラック・ウィドウ”の過去と秘密が描かれる本作。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)の直後を舞台に、暗殺者だった彼女はなぜアベンジャーズというヒーローになったのかが明かされることになる。

ブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフを演じるのは、第92回アカデミー賞で主演女優賞&助演女優賞のWノミネートを果たしたスカーレット・ヨハンソン。ブラック・ウィドウが“妹”と呼び、彼女と同等の戦闘能力を持つエレーナを、同じく第92回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた若手女優フローレンス・ピューが演じる。

ヨハンソンは「本作では人生のとても暗い場所にいるナターシャが描かれる。彼女は自分自身と格闘していて、どうしたら良いか分からずに呆然と立ち尽くしているような状況なの。そういう時こそ、人は自分自身と向き合わなければいけないのよ。」と語っている。

第92回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた女優2人の“姉妹”共演に期待が集まる!

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE