• BANGER!!! トップ
  • >
  • 映画
  • >
  • 「拷問ポルノ」を継承した超問題作が14年を経て日本上陸『クロムスカル』はハマったら逃れられない底なし沼

「拷問ポルノ」を継承した超問題作が14年を経て日本上陸『クロムスカル』はハマったら逃れられない底なし沼

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
「拷問ポルノ」を継承した超問題作が14年を経て日本上陸『クロムスカル』はハマったら逃れられない底なし沼
『クロムスカル』© 2009 DRY COUNTY FILMS,LLC.
1 2

「殺して撮る!」

なんてかっこいい売り文句なのだろう!

世のスラッシャー映画好きが映画を評価する際、もっとも重要になるのは「殺害シーン」のインパクトだろう。どれだけリアルなのか? どのくらい血が出るのか? どのくらい痛そうなのか?

“その趣味”がなければ「ただの変態じゃないか!」と思われるだろうが、この世界は一度ハマったら帰ってこられない底なし沼だ。

『クロムスカル』© 2009 DRY COUNTY FILMS,LLC.

とにかく残虐、身体も丈夫

『クロムスカル』に登場する殺人鬼クロムスカル。その名の通り銀色の骸骨マスクを医療用の糊で顔面に貼り付けたスキンヘッド野郎。肩には型落ちのDVカセット方式デジカムを装着し、自ら凶行を録画し続ける彼はスラッシャー映画ファンの夢を叶えてくれる変態である。

とにかく彼は、目についた人間を殺して殺して殺しまくる。当然、録画しているのでインパクト重視。愛用の指通し付き巨大サバイバルナイフをカウボーイよろしくクルクル回しながら、余裕しゃくしゃくで腹を切り裂き、顎を砕き、頭を割る。

しかも体が丈夫。目を金属棒で突き刺されたり、2~3発弾丸をくらったりしても全く問題ない(痛がりはするし、ちゃんと自分で治療する)のだ。

『クロムスカル』© 2009 DRY COUNTY FILMS,LLC.

そんな頼もしい変態殺人鬼に立ち向かうのは、記憶を失った女性シンディ。彼女は葬儀場の棺桶に閉じ込められた状態で覚醒。なんとか棺桶を脱出したところにクロムスカルが現れ、理由もなく追われ続ける恐怖の夜を味わうことになる。

シンディは助けを求めてコンビニや隣家を訪ねてまわるのだが、出会う人はかたっぱしから殺されてしまう。歩く死神と化すシンディ。しかし、妻をクロムスカルに狩られた男とパソコン大好き男と3人でクロムスカルに立ち向かうのだ。

シンディを演じるのは、『ゲーム・オブ・スローンズ』(2011年~2019年)でサーセイ・ラニスターを演じたレナ・ヘディ。場面スチールを見ると気が付くかもしれないが、かなり若く見える。実は『クロムスカル』2009年制作の映画なのだ。

『クロムスカル』© 2009 DRY COUNTY FILMS,LLC.

次ページ:一時代を築いた拷問ポルノというジャンル
1 2
Share On
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

『クロムスカル』

2009年に完成、全編に繰り広げられる過激なバイオレンスの数々が話題となり世界中でカルト化し、続編も製作される人気作となりながら、あまりに強烈すぎる残酷描写で日本の配給会社やビデオメーカーが上映やリリースを躊躇し、未公開となっていた伝説のスプラッターがついに日本にやって来る。

監督・脚本:ロバート・ホール
出演:ボビー・スー・ルーサー ケヴィン・ゲイジ ジョナサン・シェック
   ルーカス・ティル ショーン・ウェーレン レナ・ヘディ
   トーマス・デッカー リチャード・リンチ

制作年: 2009
PR