友情、家族、殺人、時間、オカルト……恋愛以外、全部盛り!『ザ・コール』は“現在と過去”バトルが勃発するサイコスリラー

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:市川力夫
友情、家族、殺人、時間、オカルト……恋愛以外、全部盛り!『ザ・コール』は“現在と過去”バトルが勃発するサイコスリラー
Netflixオリジナル映画『ザ・コール』独占配信中

電話を通して20年の時が繋がる!?

2020年公開の話題作『TENET テネット』が「現在」VS「未来」だったのに対し、韓国から「現在」VS「過去」の傑作が誕生!

Netflixオリジナル映画『ザ・コール』独占配信中

疎遠になっていた母親が倒れ、看病のため久しぶりに片田舎の実家に帰ってきたソヨン(パク・シネ)。しかし、帰省の道中でスマホを落としてしまっていたからさぁ大変。家にある古いコードレス電話機を引っ張りだして使ってみることに。と、その時ちょうど電話が鳴る。出てみると、なにやら助けを求める女性の声! 最初はいたずら電話かと思って無視したが、何度もかかってくる電話に取り合うと、電話口の女性ヨンスク(チョン・ジョンソ)は一緒に暮らす養母から虐待を受けているという。そして、会話を重ねると信じられないことが発覚。なんと、ソヨンとヨンスクは時空を超え同じ家で電話を通じて繋がっていたのだった……!

Netflixオリジナル映画『ザ・コール』独占配信中

『ザ・コール』は、2019年と1999年の時間が電話で繋がっていながらも、時が同時進行で進む。1999年に生きるヨンスクが庭にタイムカプセルを入れ、2019年に生きるソヨンが掘り返すと、すぐに20年ぶん時を経たタイムカプセルを発見。過去の出来事がすぐさま現在に反映されるというわけだ。

そんなこんなでヨンスクは半ば監禁状態だった家を抜け出し、99年に事故で亡くなるはずのソヨンの父親を救うことに成功。すると、ソヨンの暮らしが一瞬で一変し、両親と幸せに暮らす現在へと書き換えられる。いっぽうで悲惨な暮らしぶりは変わらず、おまけに最悪な運命を辿ることをソヨンから教えてもらったヨンスクは、ただでさえ不安定だった精神がバランスを崩し、未来を変えるために次々と殺人を犯してしまう。そして、行き場のない怒りは幸せの絶頂であるソヨンに向けられ、時空を超えて繋がっていた奇妙な友情は決裂。ついには、99年に生きる幼いソヨンの命をも狙いだす……。

Netflixオリジナル映画『ザ・コール』独占配信中

父子が30年の時を超えて無線機で繋がり、連続殺人犯を追いつめる『オーロラの彼方へ』(2000年)や、20年の時を超えて無線機で愛を育む若い男女を描いた韓国映画『リメンバー・ミー』(2000年)を思いだすが、本作は2011年のイギリス・プエルトリコ合作映画『恐怖ノ黒電話』を基に韓国風リメイクしたもの。とはいえ、『恐怖ノ黒電話』からは「過去を人質に取られる」というアイデアだけ拝借したもので、他の要素はほぼオリジナル。ちょっとしたことで「現在」に変化を起こせる「過去」のほうが圧倒的に有利なのは言うまでもなく、もはや「現在」に打つ手ナシ! という絶望感は受け継いでいながら、要素モリモリの『ザ・コール』を観てからでは『恐怖ノ黒電話』が物足りなくなってしまうはずだ。

Netflixオリジナル映画『ザ・コール』独占配信中

新鋭&ベテラン女優が集結! 友情、家族、殺人、時間、オカルト……恋愛以外は全部盛り!!

ソヨンを演じるのは、「美男(イケメン)ですね」(2009年)などで日本でも広く知られるが、近年ラブコメ・イメージを払拭するかのような役柄が多くなりつつあるパク・シネ。対するヨンスク役のチョン・ジョンソは、巨匠イ・チャンドン監督作『バーニング』(2018年)で鮮烈デビューを飾った新鋭で、霊媒師の養母から虐待並みの除霊を毎日のように受けていた、という高難易度の設定を背負った誰にも止められない暴走殺人マシンをパワフルに演じている。

Netflixオリジナル映画『ザ・コール』独占配信中

ほかにも、ヨンスクを苦しめる霊媒師にはドラマ「トッケビ ~君がくれた愛しい日々~」(2017年)で知名度を上げ、スーパーモデルのような見た目で何の役でもこなすイエル。ソヨンの母親役にはミス・コリアで「憧れの50代」として支持されるキム・ソンリョンなどが出演。これだけの女性俳優たちが集まりながら、恋愛要素一切ナシ。逆に言うと友情も家族も殺人も時間もオカルトも、恋愛以外全部盛りというのはわかりやすいアティテュードだろう。

Netflixオリジナル映画『ザ・コール』独占配信中

脚本も手がける監督は、これが長編デビューとなった現在30歳のイ・チュンヒョン。とんでもなく甘いマスクの持ち主で、「イケメン監督」なんて時代遅れの注目のされ方をしているが、紆余曲折し常に驚かせてくれるシナリオは多少強引でも確かな「手腕」ってやつを感じずにいられない。コロナ禍の影響で劇場公開からNetflix配信となった本作だが、結果的には韓国エンタメの底力を世界中に知らしめることとなり、今この時も着実にファンを増やし続けているはずだ。

Netflixオリジナル映画『ザ・コール』独占配信中

文:市川力夫

『ザ・コール』はNetflixで独占配信中

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ザ・コール』

古い電話の向こうから聞こえてくるのは、運命を変えようとする連続殺人犯の声。20年という時間をこえ、同じ家に暮らす2人の女の人生がいま大きくゆがみ始める。

制作年: 2020
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 友情、家族、殺人、時間、オカルト……恋愛以外、全部盛り!『ザ・コール』は“現在と過去”バトルが勃発するサイコスリラー