どうしたアサイラム!?『ホワイトシャーク 海底の白い死神』は正統派シリアス路線を貫いたマイケル・マドセン主演のド真面目サメ映画

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:知的風ハット
どうしたアサイラム!?『ホワイトシャーク 海底の白い死神』は正統派シリアス路線を貫いたマイケル・マドセン主演のド真面目サメ映画
『ホワイトシャーク 海底の白い死神』©2020,The Global Asylum LLC. All Rights Reserved.

カヤック中に獰猛なサメに襲われる恐怖!

モデルのサラは写真撮影のため、フロリダ湾のカジョー海盆近くに現れた岩礁へと出発する。仕事仲間と共にカヤックのパドルを漕ぎ、はるばる訪れたその撮影現場はまさに絶景。美しい海を楽しみつつも作業を進めていた一同だが、そこで思わぬ事態が発生する。本来ならばその海域に存在しないはずのホホジロザメが、カジョー海盆近くに座礁したというクジラの群れの死骸に引き寄せられ、辺り一帯に陣取っていたのだ。

『ホワイトシャーク 海底の白い死神』©2020,The Global Asylum LLC. All Rights Reserved.

飢えと餌場の縄張り意識から攻撃性を増していたサメの群れは、稀に見る凶暴さで一同を襲撃する。慌ててカヤックに乗り、執念深いサメの追撃を奇跡的に切り抜けると、かろうじて近くの砂州にまで逃げ延びたサラ。だがそのとき彼女らのもとには、フロリダキーズ(列島)をすべて飲み込むとまで言われる大潮、“キングタイド”までもが接近していた。

『ホワイトシャーク 海底の白い死神』©2020,The Global Asylum LLC. All Rights Reserved.

このままでは砂州は潮流に飲み込まれて海の底に沈み、再びサメの脅威が押し寄せてくる。意を決したサラは、民間航空パトロールに勤める父からのサポートを受けながら、ついに“海底の白い死神”に立ち向かうが……。

『ホワイトシャーク 海底の白い死神』©2020,The Global Asylum LLC. All Rights Reserved.

マイケル・マドセン再びアサイラムに降臨! しかし体を張った活躍は一切なし!!

アサイラム製のサメ映画と言うと、『メガ・シャーク』シリーズ(2009年~)のようなモンスター・パニック物、あるいは『シャークネード』シリーズ(2013年~)のようなディザスター・パニック物のイメージが先行するかもしれない。だが、この『ホワイトシャーク 海底の白い死神』は、そのいずれにも該当しない正統派シリアス路線の一本だ。なお『ホワイトシャーク』(2018年)という、やけに邦題がよく似たサメ映画とは一切無関係な単独作品のため、そこは混同しないよう注意していただきたい。

『ホワイトシャーク 海底の白い死神』©2020,The Global Asylum LLC. All Rights Reserved.

監督は『アトランティック・リム』(2018年)のジャレッド・コーン。脚本は『ビーチ・シャーク』(2011年)や『PLANET OF THE SHARKS 鮫の惑星』(2016年)などのサメ映画でおなじみマーク・アトキンス。また、第二班の共同監督として『シャークネード』シリーズの監督、アンソニー・C・フェランテがクレジットされている。こうして見るとスタッフには、アサイラム製サメ映画に関わるビッグネームたちが揃っているようだ。

キャストとしては、同じくアサイラム製サメ映画の『MEGALODON ザ・メガロドン』(2018年)に出演したマイケル・マドセンが登場。ただし本作の彼は、スマートフォンを片手に本編でなにが起きているのか、もっぱら視聴者に台詞で解説し続ける役回りを担っている。

山盛りのツッコミどころはご愛嬌! アサイラムらしからぬ真っ当なチャレンジ精神あふれる作品

時限設定の存在するシチュエーションや、母の死に関するヒロインのエピソードなど、本作はかの『ロスト・バケーション』(2016年)といくつかの共通点が見られるサメ映画である。もっとも主人公のちょっとした小細工や、パドルによる迎撃、そしてイルカの横槍などで容易く撃退されてしまうぶん、サメの脅威度は本作の方がはるかに低い。また、作中でキングタイドなる大潮の襲来を度々警告しておきながら、実際の本編においては激しい波や嵐のような自然災害は視覚的に一切発生しないため、諸々ひっくるめていささか拍子抜けではある。

『ホワイトシャーク 海底の白い死神』©2020,The Global Asylum LLC. All Rights Reserved.

さらにクライマックスでは、救援に現れたボートのクルーが「浅瀬のせいで主人公の乗るカヤックのもとまで行けない」という旨の台詞を吐く。だがその直後“浅瀬”に位置しているはずのカヤックは、よりにもよって真下からサメに突き上げられ転覆したあげく、主人公はサメが遊泳するほど余裕のある水深の海中にまで、全身丸々沈んでいる。加えてちらりと映るその海底のショットには、ボートの邪魔になるような岩やサンゴ礁どころか、ただの砂しか見当たらない。これは一体どうしたことだろうか。その他、全体的に会話劇が長めで、その掛け合いが噛み合っていなかったり同じ話を繰り返しがちな点も目立つため、少々難の多いサメ映画ではあるだろう。

『ホワイトシャーク 海底の白い死神』©2020,The Global Asylum LLC. All Rights Reserved.

しかし、普段のトンデモ系とは異なるシリアス路線のアサイラム製サメ映画というだけで、それなりの新鮮味は感じられた。物語の舞台を岩礁から砂州へ、そして再び海へと移すことで極力一本調子にならぬよう変化をつけていたり、主人公を救うために奮闘する民間航空パトロール側の視点などを適宜挟んでいたりと、試行錯誤の痕跡も見受けられる。手放しに褒められはしないまでも、ぎこちないなりのチャレンジ精神が漂うアサイラム作品である。

『ホワイトシャーク 海底の白い死神』©2020,The Global Asylum LLC. All Rights Reserved.

文:知的風ハット

『ホワイトシャーク 海底の白い死神』はCS映画専門チャンネル ムービープラスで2020年12月放送

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ホワイトシャーク 海底の白い死神』

フロリダ湾。モデルのサラたち3人は、沖合3マイルに浮かぶ島にカヤックで撮影に出かけた。島と言ってもそこはハリケーンの影響で海面に現れた岩礁で、潮が満ちれば消えてしまう。その付近は凶暴な人喰いザメが回遊する危険海域だった。上昇する海面。絶望的なサバイバルに挑むことになる。

制作年: 2020
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • どうしたアサイラム!?『ホワイトシャーク 海底の白い死神』は正統派シリアス路線を貫いたマイケル・マドセン主演のド真面目サメ映画