クリスマス・イブの東京を絶望が襲う!『サイレント・トーキョー』はメッセージ性とエンタメ性のバランス&優れた楽曲プロダクションが際立つ意欲作

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:BANGER!!! 編集部
クリスマス・イブの東京を絶望が襲う!『サイレント・トーキョー』はメッセージ性とエンタメ性のバランス&優れた楽曲プロダクションが際立つ意欲作
『サイレント・トーキョー』Ⓒ2020 Silent Tokyo Film Partners

佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊ら豪華キャストや、大がかりなセットとCGによる渋谷駅前スクランブル交差点の完全再現など壮大な映像などで早くから話題を呼んでいた2020年の超待望作『サイレント・トーキョー』が、ついに2020年12月4日(金)より公開となる。平和な東京を襲う爆破テロの恐怖をどう描いたのか? 果たして「これは、戦争だ」というショッキングなキャッチコピーの真意とは……?

『サイレント・トーキョー』Ⓒ2020 Silent Tokyo Film Partners

もし渋谷が爆破テロのターゲットになったら……?

近年の大作映画としては珍しく99分というタイトな上映時間の本作は、主婦の山口アイコ(石田ゆり子)が爆破テロ騒ぎに巻き込まれるところから始まる。早々なショッキング展開で観客の好奇心を掻き立てると、間髪入れずに複数キャラクターが絡む群像劇展開へ。ドドドッと主要キャストを顔出しさせることで、序盤からミステリー好きの推理脳を刺激する。

『サイレント・トーキョー』Ⓒ2020 Silent Tokyo Film Partners

そして最大の見所の一つである“スクランブル交差点爆破”のシーンには、心がザワついてしまう人が続出するはず。なにかイベントがあるごとに大勢の人であふれかえるあの交差点が、もし爆破テロに狙われたら……? なんて考えただけで寒気がするのに、その最悪の事態を完璧に映像化してみせているからだ。邦画としては明らかに“攻め”の部類に入るリアルな描写は、観る者の倫理観や道徳観が試されるレベル。そこに込められているのは、その印象的なコピーとは相反する“反戦”への想いだろう。

『サイレント・トーキョー』Ⓒ2020 Silent Tokyo Film Partners

戦争への怒り、政治への怒り、そして無関心への怒り――。“社会派”というイメージは気楽に観られる娯楽作品を求める観客には敬遠されるおそれもあるが、そのリスクを背負ってでも伝えたいことがある、という製作側の意気込みがひしひしと伝わってくる。そこには世界各地で起こっている“悲劇”に対する辛辣なメッセージも込められていて、どことなくアニメ映画『機動警察パトレイバー2 the Movie』(1993年)のある展開を彷彿させる部分もあり、「これは戦争だ」「平和ボケした日本人」というキーワードも共通していて興味深い。

『サイレント・トーキョー』Ⓒ2020 Silent Tokyo Film Partners

私たちが望めば戦争は終わる――Awichがカバーする「Happy Xmas(War Is Over)」が胸を打つ

本作の反戦メッセージは、秦建日子による原作が名曲「Happy Xmas(War Is Over)」にインスパイアされているだけに必然とも言えるだろう。しかし、同曲の歌詞は「戦争はいつか終わるよ」という能天気なものではなく、あくまで我々が具体的にそう望むことで「終わらせることができる」というものだ。しかも本作はエンディングで、この名曲をAwichのカバー・バージョンという形で使用。いまやアジアを代表するフィメール・ラッパー/シンガーであるAwichが歌う切なげな「Happy Xmas(War Is Over)」は、優れたサスペンス映画が必ず持ち合わせている“苦味”と絶妙にマッチしていて、邦画にありがちな「タイアップ先行のエンディング曲で余韻が台無し!」という悲劇も余裕で回避。今回の起用によってAwich(&プロデューサーのChaki Zulu)がメジャーフィールドでも人気爆発となりそうな気配もあり、製作陣の英断に全力でサムズアップしたいところだ。

そして当然ながら本作は、超大型エンターテインメントとして楽しめるという点でも間違いない。99分という尺は観客の集中力を持続させるギリギリのラインであり、内容が充実しているので体感的にはアッという間。全員が主人公とも言える個性的な登場人物たちを演じた豪華キャスト陣の競演を観ているだけでお腹いっぱいになりそうだし、スピード感を重視し各々の背景を“匂わせ”程度に抑えたことで、サスペンス要素を邪魔することなくハラハラドキドキを最後までキープしている。このあたりはさすが、畳みかけるような展開で人気を博したドラマ「SP」シリーズ(2007年~)の波多野貴文監督。エンタメ性とメッセージ性を両立させた本作は、激動という言葉では言い尽くせない、世界のあり方が一変した2020年を締めくくるのに相応しい日本映画と言えるだろう。

『サイレント・トーキョー』Ⓒ2020 Silent Tokyo Film Partners

『サイレント・トーキョー』は2020年12月4日(金)より全国公開

Presented by Silent Tokyo Film Partners

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『サイレント・トーキョー』

12月24日、東京。恵比寿に爆弾を仕掛けたとTV局に電話が入る。半信半疑で中継に向かった来栖公太は、そこにいた主婦・山口アイコとともに犯人の罠にはまり、実行犯へと仕立てられてゆく。その様子を朝比奈仁が静かに見つめるなか、爆発は起きた。そして次の犯行予告が動画サイトに上げられる。「標的は渋谷・ハチ公前。要求は首相との生対談。期限は午後6時」。独自の捜査を行う刑事・世田志乃夫と泉大輝、不可解な行動をとるIT企業家・須永基樹、イヴの夜を楽しみたい会社員・高梨真奈美、そして一帯を封鎖する警察、事件を一層煽るマスコミ、騒ぎを聞きつけた野次馬たち。様々な思惑が交差する渋谷に“その時”が訪れる。それは、日本中を巻き込む運命のXmasの始まりだった。

制作年: 2020
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • クリスマス・イブの東京を絶望が襲う!『サイレント・トーキョー』はメッセージ性とエンタメ性のバランス&優れた楽曲プロダクションが際立つ意欲作