『サイバー・ミッション』応援隊長ジェジュン誕生日記念!独占インタビュー 「10年来の大親友ハンギョン&山Pの共演に驚き!」

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:BANGER!!! 編集部
『サイバー・ミッション』応援隊長ジェジュン誕生日記念!独占インタビュー 「10年来の大親友ハンギョン&山Pの共演に驚き!」
『サイバー・ミッション』©2018 SIRENS PRODUCTIONS LIMITED BONA ENTERTAINMENT COMPANY LIMITED MORGAN & CHAN FILMS LIMITED
豪華アジアスターが競演する映画『サイバー・ミッション』主演ハンギョンさんの大親友で、本日1月26日に誕生日を迎えるジェジュンさんが特別応援隊長に決定!下積み時代に同じ寮の練習生だったという二人。今回は、ジェジュン×ハンギョン ツーショットでのBANGER!!!独占インタビューです。二人とも大の仲良しだという、本作で国際的なサイバー犯罪グループのボスを演じた山下智久さんとのエピソードも語ってくれました。

『サイバー・ミッション』©2018 SIRENS PRODUCTIONS LIMITED BONA ENTERTAINMENT COMPANY LIMITED MORGAN & CHAN FILMS LIMITED

出会いは18年前 中国からのイケメン練習生あらわる!

―特別応援隊長としてジェジュンさんが応援に駆けつけてくれましたが、心強いんじゃないですか?

ハンギョン:ジェジュンさんとは寮が一緒だったので、昔からの友だちです。今回、初めて映画の宣伝で来日したのですが、『サイバー・ミッション』の特別応援隊長として彼が駆けつけてくれて感謝しています。僕たちの友情はずっと続いていくと思いますので、ジェジュンさんこれからもよろしくお願いします(笑)。

―出会った頃のお互いの印象はどうでしたか?

ハンギョン:昔、同じ寮に住んでいた頃、よくジェジュンさんと漫画を読んだり、ゲームをしたり、外に遊びに連れて行ってくれました。

ジェジュン:結構もう何年前でしたっけ…17、18年前になりますけども、最初お会いした時に、中国の練習生って言われて紹介されて、すっごいイケメンだなって思いました。僕が思うに、だいたいイケメンっていうのは、あまり性格良くない人が多いじゃないですか(笑)。ハンギョンは性格も良くて、優しいので、昔から仲良くしているんだと思います。

ハンギョンは運動神経抜群!8階から飛び降りるシーンはスタントなしで挑んだ

『サイバー・ミッション』©2018 SIRENS PRODUCTIONS LIMITED BONA ENTERTAINMENT COMPANY LIMITED MORGAN & CHAN FILMS LIMITED

―『サイバー・ミッション』では、オタク系のホワイトハッカーを演じられていますが、パソコンやスマホを駆使したハッキングシーンだけでなく、アクションもあってスリリングな内容でした。脚本を読んでみて感じたことや、演技するうえで挑戦したことなど教えてください。

ハンギョン:映画撮影前にハッカーの人たちに直接お話を聞く機会がありました。この作品はとてもゲーム性があって、夢があって、私としても興味深い内容だと思いました。実は、私はアクション映画が大好きなんです。アクション映画にも出たことあります。特に、今回の映画は、危ないアクションシーンがあって、例えば8階から飛び降りることがありました。スタントを立てるべきだったのかもしれませんが、どうしても自分がやった方がリアルだと思ったので、自分でチャンレンジしました。

『サイバー・ミッション』©2018 SIRENS PRODUCTIONS LIMITED BONA ENTERTAINMENT COMPANY LIMITED MORGAN & CHAN FILMS LIMITED

―『サイバー・ミッション』の予告やポスターを見て、どんな印象を持ちましたか?

ジェジュン:ハッカーをイメージしたデザインですが、ポスターを見た瞬間、内容よりやっぱ大親友ふたりの顔が先に目に入りました。この映画を絶対観ようと思いました!ハッカー役ですが、引きこもりっぽくないですよね。このキャラクターがどう成長していくか楽しみで、それがポイントですよね。前に他の中国映画の撮影現場に会いに行ったんですよ。ハンギョンさんはアクションシーンがとても上手だなって思ったんですよ。だから、この映画でもアクションシーンが楽しみですね。運動神経がめちゃくちゃいいんですよ!

ハンギョン:運動が大好きなんです(笑)

トモとは9年ぐらい前から仲良し ハンギョンとも繋がるなんて驚き(笑)

―アジアの豪華スターが集結した本作ですが、ここ日本では山下智久さんとの共演も話題になっています。お二人のシーンは緊張感もあって見応えありましたが、共演してみていかがでしか?

ハンギョン:『サイバー・ミッション』では、山下さんと対立する関係なので、そういう意味では撮影のときは緊張感を持っていました。ただ、プライベートではとても仲が良いので、よく一緒にジムに行ったり、食事に行ったりしました。撮影では一緒にアクションシーンも行いましたよ。

―ジェジュンさんも山下さんともかなり仲が良いと聞いていますが?

ジェジュン:9年ぐらい前から仲良しです。僕のライブに観に来てくれたんですよ。そこから繋がって、歳もタメなんで、そこから友だちになりました。まさか、この作品でトモ(山下智久)がハンギョンさんとも繋がるなんて想像もしていなかったです(笑)仲良い3人がそれぞれ繋がって嬉しいですね!

―このインタビュー前に、お二人で出かけていたみたいですが?

ハンギョン:今日は、ジェジュンさんと久しぶりに会って、陶芸の体験教室に行って来ました(笑)。陶芸は初めてだったので、とても面白くて、楽しかったです!一人ずつ、ファンの皆さんへのプレゼントとして、日本酒を入れるお猪口を作りました。

ジェジュン:僕も陶芸は初めてでした。お猪口を作ったのですが、やっぱ時間がかかりそうなので、小っちゃいのを作りました。って、勝手に決めちゃったんですけど(笑)。初体験としては、とても楽しめました。だいたい1時間程かかるんですけど、あっという間に時間が過ぎちゃいました。お猪口の後ろの方に、ハンギョンさんはサインを書いて、僕は名前を書きました。

―どちらが上手に作れましたか?

ジェジュン:俺でしょー!(笑)

ハンギョン:ジェジュンさんの方が上手に出来ましたよ(笑)。

(ジェジュンさんが満面の笑みでハンギョンさんにハグする)

―最後に日本のファンへのメッセージをお願いします

ハンギョン:来日するのは久しぶりです。今回、この映画を日本で公開できてとても嬉しく思っています。今後も、日本のファンに良い映画を届けられるように頑張りますので、これからもよろしくお願い致します。長い間、応援して頂いてありがとうございます!

ジェジュン:僕もまだこの映画が観れていないので(笑)大親友のハンギョンさんとトモ、二人の大切な映画なので、是非僕も来週観に行きたいと思いますので、皆さんも是非観てください!

ジェジュン「これ(ピースサイン)ダサいかな(笑)」と最後まで茶目っ気たっぷりでした。

2019年1月25日(金)より全国ロードショー!

『サイバー・ミッション』

IT時代真っ只中の現代、生活の全てはほとんどインターネットで管理できるようになった。オタク系プログラマーのハオミンは、かつてハッキング対決で負かしたコードネーム“ゼブラ”という男が裏世界で危険な仕事に手を染めていることを香港警察から知らされる。同時にゼブラは、次なる大仕事にハオミンを巻き込もうとパートナーの美少女、スー・イーを使い接触を図ってくる。ハオミンはゼブラの次なる狙いを探るため、覆面捜査官として潜入することに。

制作年: 2018
監督:
キャスト:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 「瞑想的アプローチは日本の審美性に近い」N・W・レフン監督が“13時間の映画”と表現するドラマシリーズ『トゥー・オールド・トゥー・ダイ・ヤング』を語る!