人生ではじめて『007』初期3作に手を出してみた! 今こそ「なんとなく観てこなかったシリーズ」を完走

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
人生ではじめて『007』初期3作に手を出してみた! 今こそ「なんとなく観てこなかったシリーズ」を完走
UNITED ARTISTS / Allstar Picture Library / Zeta Image

BANGER!!!読者の皆様には、「なんとなく見てこなかった人気シリーズ」というものはないだろうか。シリーズ名はもちろん昔から知っているし、今も新作が公開されているのを見かける。でも「全◯◯作」という途方もない数字を見ると、そのうちまとまった時間がある時に……と棚に戻してしまう。そんな作品群のことだ。そう、アレやアレである。しかし、考えてみてほしい。今こそやってきたのだ。その「まとまった時間」というやつが。

こんな時こそ「なんとなく見てこなかった人気シリーズ」を一気見するチャンス。今でしょ。そして、それは僕にとって『007』シリーズだ!

脳天気でキザで激モテのスパイ? ……最高じゃん!!

英国の秘密諜報部(MI6)の凄腕工作員、“殺しのライセンス”を持つコードネーム:007、ジェームズ・ボンドを主人公にしたスパイ・アクション映画。ボンドを演じる役者を変えながら、すでに24作が公開されている超人気シリーズだが、僕は今まで1作品も見たことがなかった。理由は……なんかバカっぽいからだ!

ジェームズ・ボンドという人は妙に女性にモテまくり、秘密兵器が搭載された車をブイブイ乗り回し、ことあるごとにマティーニをシェイクして飲んでいるそうだ。おいおい、僕ももう大人だよ。いくらなんでもそんな能天気でキザなスパイを応援できるだろうか……。しかも、敵はただの人間なのだろう? 怪人や怪物ならともかく、激モテのスパイが一般人を蹴散らすだけの映画なんて、面白いんだろうか?

そんな先入観でどうしても食指が伸びなかった『007』シリーズだが、配信サイトでふと目に止まった第1作『007/ドクター・ノオ』(1962年)を見て、僕は考えをあらためた。あれ? これ……バカっぽくて最高じゃん……!

ボンド、モテまくりの第1作『007/ドクター・ノオ』

なんと、ジェームズ・ボンドは想像以上に女にモテまくり、想像以上にキザで、想像以上に能天気な映画だったのだ! そして、そんなジェームズ・ボンドが想像以上にかっこよく、その活躍は想像以上に楽しい。敵として登場するドクター・ノオも、両腕が鋼鉄の義手という怪人物で、演じるジョセフ・ワイズマンの役作りも含めて「あなたはギリギリ怪人カテゴリ!」と言いたくなる。“龍の形を模したドラゴン戦車”という味のある戦車が火を吐きながら登場した時は、「うおお!」と唸ってしまった。

ボンドガールたちが美しい 第2作『007/ロシアより愛を込めて』

名作と名高い2作目『007/ロシアより愛をこめて』(1963年)は、シリアスな味付けが加わり、メイン・ボンドガールを演じたダニエラ・ビアンキの美貌も相まって世界中で大ヒットしたのも納得の完成度。

世界観が確立された本作は、入門編にも良さそうだ。ボンドがヘリコプターや殺し屋(怪人度はやや薄め)を相手に繰り広げるアクションもスケールアップ。

ちなみに端役のボンドガールたちが、本当にちょろっと出てきてボンドをモテさせたら、そのまま物語に絡まず次々いなくなるという雑な扱いには驚いた(時代を感じさせる部分である)。

きたーー! ついに秘密兵器満載のボンドカーが登場!! 第3作『007/ゴールドフィンガー』

3作目『007/ゴールドフィンガー』(1964年)も、シビれるほどかっこいいオープニングから、美女が金粉まみれで皮膚呼吸できず窒息死するというインパクト絶大の導入部でつかみはOK。

また、敵役となるゴールドフィンガーのガードマン、オッドジョブはゴルフボールを握りつぶすほどの怪力を持つ小柄な東洋人で、刃物を仕込んだシルクハットを投げて攻撃するという怪人っぷり。

View this post on Instagram

Hats off to a new week…

A post shared by James Bond 007 (@007) on

そして本作では、いよいよ秘密兵器満載のボンドカーが登場するのだが、「んなアホな」と思っていたはずのボンドカーに「きたーー!」と喝采をあげてしまった。

細かいことはいい!『007』はグルーヴだ!!

わかってきたぞ。細かいことはいい、『007』はグルーヴだ。もちろんノリだけではなく、“殺しのライセンス”を持つ00(ダブルオーナンバー)やM、Qらを擁するMI6の設定や、冷酷な犯罪組織スペクターの存在はセンスに溢れているし、後年の作品に与えた影響の大きさも痛感させる。また、映画黄金期のヒット作だけあってアクションやセット、ロケーションも目を見張るほどの素晴らしさだ。誰もがスクリーンの向こうに憧れを抱いていた時代の、まさに娯楽作の決定版と言ったところか。

すっかり『007』ワールドに入門した僕は、ダニエル・クレイグ版の最新シリーズも全作鑑賞した。こちらは、軽妙洒脱で余裕たっぷりなショーン・コネリーの初代ボンドに対して、現代版にアップデートされたクールで影のあるジェームズ・ボンドが見られる。この最新シリーズから見始めるのも、非常に入りやすいのではないかと思う。

そんなわけで、皆様もこの機会に「なんとなく見てこなかった人気シリーズ」に触れてみてはいかがだろうか。それでは、4作目『サンダーボール作戦』を観ます。

文:タカハシヒョウリ

『007/ドクター・ノオ』『007/ロシアより愛を込めて』『007/ゴールドフィンガー』はCS映画専門チャンネル ムービープラスで2020年6月より放送

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 人生ではじめて『007』初期3作に手を出してみた! 今こそ「なんとなく観てこなかったシリーズ」を完走