追悼:インド映画界の名優イルファーン・カーンとリシ・カプール 新型コロナウイルスによるロックダウン下の訃報

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:松岡環
追悼:インド映画界の名優イルファーン・カーンとリシ・カプール 新型コロナウイルスによるロックダウン下の訃報
『ヒンディー・ミディアム』© Hindi Medium All rights reserverd.

インド映画界の巨星墜つ 俳優イルファーン・カーン、享年53

新型コロナウイルスの感染拡大が続くインド。2020年3月25日から始まったロックダウンは2度延長され、現在5月17日までの「ロックダウン3.0」が続いている。そのインドを4月末、ショックなニュースが2日連続で襲った。4月29日には、『めぐり逢わせのお弁当』(2013年)や『ヒンディー・ミディアム』(2017年)で日本でもお馴染みの俳優イルファーン・カーンが、そして4月30日には『スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!』(2012年)の校長役などで知られるリシ・カプールが亡くなったのである。2人とも病を得ての治療中ではあったのだが、あまりにも急な訃報だった。

『ヒンディー・ミディアム』© Hindi Medium All rights reserverd.

イルファーン・カーンは1967年1月7日生まれの、まだ53歳。インド映画だけでなくハリウッド映画でも活躍していたので、顔を見れば「ああ、あの俳優か」と思う映画ファンも多いだろう。『マイティ・ハート/愛と絆』(2007年)でパキスタン警察の捜査主任を演じて以来、『スラムドッグ$ミリオネア』(2008年)では主人公ジャマールのウソを暴こうとする警察官、『アメイジング・スパイダーマン』(2012年)では悪役、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』(2012年)では大人になった主人公パイ、『ジュラシック・ワールド』(2015年)では新オーナーの役等々でお馴染みである。また、NHKで放送されたドラマ「東京裁判」(2016年)で、パール判事を演じた姿を憶えている人も多いかも知れない。

だが、インド映画の出演作はこの10倍以上、約80本に上る。確かな演技力、にじみ出る存在感、シリアスな作品もコメディも何でもこなせる幅の広さを持ちながら、一歩引いた立ち位置で作品の質を確かなものにする――そんな彼は、インド人俳優の中にあっても希有な存在だった。

『ヒンディー・ミディアム』© Hindi Medium All rights reserverd.

そんなイルファーンが生まれたのは、観光地として有名なラージャスターン州のジャイプルで、本名はサーハブザーデー・イルファーン・アリー・カーンという。父はタイヤ製造業を営み、中流家庭で育った。母方の叔父の影響で演劇に興味を持った彼は、地元での学業を終えたあと、1984年デリーにある国立演劇学校(NSD)に入学。NSDはオーム・プリーやナワーズッディーン・シッディーキーら、多くの映画人を輩出している名門演劇学校だ。イルファーンの妻スターパーもNSD出身で、2人は1995年に結婚している。

『ヒンディー・ミディアム』
価格:DVD 3,800円+税
発売元:フィルムランド、カラーバード
販売元:TCエンタテインメント

遅咲きの名優イルファーン その転機は00年代に入ってから訪れた

NSD卒業後ムンバイに移ったイルファーンは、1987年にミーラー・ナーイル監督作品『サラーム・ボンベイ!』(1988年)で小さな役を得る。主人公のクリシュナ少年が手紙の依頼に訪れる路上の代書屋で、ほんの数分の出番だった。ミーラー・ナーイル監督はその後、『その名にちなんで』(2006年)でもイルファーンを起用し、タブーと共に主人公の両親を演じさせた。

だが『サラーム・ボンベイ!』出演後10年あまりは、映画やテレビドラマに出ていたものの鳴かず飛ばず。転機は2003年で、まず『Haasil/入手(原題)』での悪役演技が認められ、翌年、フィルムフェア賞の悪役賞を受賞する。また、「マクベス」の翻案『Maqbool/マクブール(原題)』の主役にも抜擢され、注目を集める。こうしてアート系の作品からコメディ映画まで幅広く活躍し、人々に顔と名前を憶えられるようになっていった。

『めぐり逢わせのお弁当』
Blu-ray&DVD発売中
価格:Blu-ray ¥4,700+税/DVD ¥3,800+税
発売・販売元:東宝
© AKFPL, ARTE France Cinéma, ASAP Films, Dar Motion Pictures, NFDC,Rohfilm — 2013

2010年代に入るとさらに活躍は広がり、外国映画出演のほか、実在の盗賊を描いた『Paan Singh Tomar/パーン・シン・トーマル(原題)』(2012年)では国家映画祭の主演男優賞を受賞、前述の『めぐり逢わせのお弁当』では第8回アジアン・フィルム・アワードの主演男優賞を獲得するなど、作品と彼の演技が高い評価を受け始める。超大物俳優アミターブ・バッチャンと共演した『ピクー』(2015年)や、『ヒンディー・ミディアム』なども、評価が高かった作品だ。

ところが、そんな順風満帆のさなか、イルファーン・カーンは体調を崩す。神経内分泌腫瘍という非常にまれな癌にかかったことを2018年3月に公表した彼は、その後イギリスでの治療に入る。のちに彼が語った話によると、あまりにもまれな病気だったため、治療に当たる医師たちも、薬を投与しても治癒の方向に行っているのかどうか判断に迷ったそうだ。そんな治療を経て2019年2月にインドに帰国し、『Angrezi Medium/英語ミディアム(原題)』の撮影に参加して完成させたのだが、この作品は2020年3月13日から公開されたものの、イルファーン・カーンの声によるプロモーション参加も空しく、コロナ禍による休館のために上映がストップした。

そして4月末、<「3日前に亡くなったジャイプルに住む母親の葬儀にロックダウンのため参列できない」とイルファーン・カーンが嘆いている>というニュースが伝えられた直後、彼自身が体調を崩して病院に運ばれたというニュースが続き、そして訃報がもたらされた。インドのみならず世界中の映画人と映画ファンから、彼の死を悼む声が上がったのは当然だろう。

インドを代表する大物家系! ベテラン俳優リシ・カプールの訃報も……

ところがイルファーンの訃報を聞いた翌日、今度はベテラン俳優リシ・カプールの訃報が飛び込んできた。リシ・カプールは“インド映画界のキング”と言われた監督・俳優・プロデューサーで、『放浪者』(1951年)や『詐欺師』(1955年)で知られるラージ・カプールの息子であり、1970~1990年代は超人気俳優だった。

Netflixオリジナル映画『ラジマライス 父の秘密作戦』独占配信中

また、息子が『バルフィ! 人生に唄えば』(2011年)や『SANJU/サンジュ』(2018年)の主演ランビール・カプールという、大物俳優家系の要のような存在だった。

リシ・カプールは2018年に白血病であることが判明、ニューヨークに渡って治療を続けた後、2019年9月に帰国。闘病を支えた妻ニートゥー・シンは、かつて数々の作品でリシの相手役を務めており、2人はシャー・ルク・カーン主演作『命ある限り』(2012年)でも夫婦役で出演している。

息子ランビールが『ガリーボーイ』(2019年)の女優アーリヤー・バットと今年中には結婚か、と言われていた時だけに、訃報は多くの人を悲しませた。

Netflixオリジナル映画『ラジマライス 父の秘密作戦』独占配信中

リシ・カプールは1952年9月4日生まれで、彼も67歳とまだ若い。Netflixでは『ラジマライス 父の秘密作戦』(2018年)が見られるが、若い頃のヒット作『アマル・アクバル・アントニー』(1977年)や、最近出演した秀作『Mulk/祖国(原題)』(2018年)なども見られるようにならないものかと思う。いま、インドは2人の名優を喪失した悲しみに沈んでいる。

Netflixオリジナル映画『ラジマライス 父の秘密作戦』独占配信中

文:松岡環

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』『めぐり逢わせのお弁当』はAmazon Prime Videoで配信中

『ラジマライス 父の秘密作戦』はNetflixで独占配信中

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 追悼:インド映画界の名優イルファーン・カーンとリシ・カプール 新型コロナウイルスによるロックダウン下の訃報