厳選2作!! クズどもを“処刑”する極寒サスペンス 『ウインド・リバー』『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:BANGER!!! 編集部
厳選2作!! クズどもを“処刑”する極寒サスペンス 『ウインド・リバー』『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』
『ウインド・リバー』©2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

2020年もはや数ヶ月が経過し、すでに春一番が吹いた地域もあるようだが、まだまだ寒暖差が激しい日々が続いている。あんまり寒い日が続くと太陽燦々の南国を舞台にした映画が観たくなるところだが、ここはあえて寒々しいド田舎で繰り広げられるサスペンス映画で筋肉を震わせ、効率よくエネルギーを燃焼させてみてはいかがだろう。というわけで少々強引だが、極寒地帯を舞台にした傑作サスペンスを紹介したい。

『ウインド・リバー』©2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

差別的な因習が怖い米ド田舎サスペンスの傑作『ウインド・リバー』!

まずはジェレミー・レナーとエリザベス・オルセンというMCUキャスト共演の傑作『ウインド・リバー』(2017年)から。本作でレナーが演じるのは、先住民居留地として知られる米ワイオミング州ウインド・リバーに暮らす野生生物局のハンターであり、警察に協力を乞われる主人公コリーだ。冒頭、何かから逃げるように雪原を走る先住民の女性が翌朝、無残な死体となっているのをコリーが発見したところから物語が始まる。

『ウインド・リバー』
DVD&Blu-ray好評発売中
DVD:4,000円+税/Blu-ray:5,000円+税
発売・販売元:ハピネット
©2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

この事件を捜査するため派遣されたのが、オルセン演じるFBI捜査官ジェーン。まだ経験が浅く、さらに吹雪が頻発する極寒地帯という慣れない環境で捜査に行き詰まったジェーンは、地元の地理や住民たちの人間関係を知るコリーに協力を求めるのだった。

『ウインド・リバー』©2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

厳寒の地を舞台にしたサスペンスということで、メリッサ・レオが第81回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた移民運び屋映画『フローズン・リバー』(2008年)を想起した人もいるだろう。あのヒリヒリとしたスリルは『ウインド・リバー』にも漂っていて、先住民が重要な鍵となる点も共通しているが、本作では一つの殺人事件をきっかけに辺境にはびこる深刻な差別問題にも踏み込んでいく。

『ウインド・リバー』©2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

コリーならば瞬殺できるはずのクズどもにじわじわと“処刑”を課すシーンなどはカタルシス抜群で、ハンターとしてのスキルを開放する描写はアクション映画としても一級品。いまやスター俳優となったジョン・バーンサルも出演していて、骨太な雰囲気の醸成に貢献している。我々にとっては部落差別ともリンクするような問題を描いているので、ジェニファー・ローレンス主演の『ウィンターズ・ボーン』(2010年)などと併せて絶対に押さえておきたいド田舎因習サスペンスだ。

ハリウッドリメイクされたリベンジ・アクション(+コメディ)の快作『怒りの除雪車』

あんまり重いお話はちょっと……という方にオススメしたいのが、ノルウェーの豪雪地帯を舞台に繰り広げられるリベンジ・アクション『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』(2014年)だ。こちらは『ウインド・リバー』以上に人がバンバン死ぬのだが、あまりにブッ飛んだ展開ゆえにほとんどコメディになってしまっているという、非常に楽しい映画だ。

『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』
価格:¥3,900+税
発売元:株式会社オンリー・ハーツ
販売元:グラッソ

主演はスウェーデンが誇る名優にして、アレキサンダーやビルら息子たちも俳優として第一線で活躍していることで知られるステラン・スカルスガルド。麻薬密売組織に息子を殺された除雪作業員のおじさんがブチ切れ、法で裁けない悪人どもを一人づつ追い詰めて殺していく……というお話だ。

『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』©Paradox/Zentropa Entertainments5 ApS/Zentropa International Sweden AB 2014

いたってシンプルな筋書きのはずが、悪人たちが勝手に暴走したせいで徐々にしっちゃかめっちゃかな展開になっていくという、かなりブラックなコメディに仕上がっているのでバイオレンス映画が苦手な人にもオススメだ。なお、2019年には『スノー・ロワイヤル』として、リーアム・ニーソン主演でハリウッド・リメイクされている。(※『スノロワ』のレビューはこちら

『ウインド・リバー』『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』はCS映画専門チャンネル ムービープラスで2020年2~3月放送

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 厳選2作!! クズどもを“処刑”する極寒サスペンス 『ウインド・リバー』『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』