日本も新しいステージに来ている。もう“上がる”しかない 『ガンニバル』柳楽優弥インタビュー【後編】

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:BANGER!!! 編集部
日本も新しいステージに来ている。もう“上がる”しかない 『ガンニバル』柳楽優弥インタビュー【後編】
柳楽優弥

日本映画界の第一線で活躍する豪華スタッフ/キャストが集結したドラマ『ガンニバル』が、ディズニープラスの「スター」で2022年12月28日(水)より世界独占配信中。

――都会から遠く離れた山間の“供花村”に、家族と共に駐在として赴任した阿川大悟。しかし、この美しい村には「人が喰われるらしい」という恐ろしい噂があった。警察官としての信念で真相を探る大悟だったが、やがて村の穏やかな日常が“おそろしい”顔を見せ始める……。

本作で主人公・大悟を演じた柳楽優弥が、原作漫画の魅力や日本中の山を巡った撮影秘話、そして日本エンタメ界の未来まで語ってくれたインタビュー後編をお届けする。

柳楽優弥

「実写化で“家族の物語”が、より浮かび上がってきた」

―『ガンニバル』の原作漫画を読まれた最初のご感想を教えてください。また原作のどんな部分を最も大事にしたいと思いましたか?

実はサスペンスとか怖いものは苦手なジャンルなんですが、先日(「ディズニー・コンテンツ・ショーケース 2022」で)シンガポールに行ったときに、「『ガンニバル』のような(カニバリズムが)テーマの作品が世界的なトレンドになっていますが」って色んな国のメディアから聞かれて、「え、そうなんですか?」って(笑)。でも片山監督は普通に受け答えしていたので、ああそうなのか、ティモシー・シャラメも人を食べる映画(『ボーンズ アンド オール』)に出るんだ、みたいな。

原作漫画でも主人公・大悟の阿川家と、供花村の人たちや後藤家との対立が強く描かれていましたが、それが映像になったことで阿川家の過去の傷や、そこをどうやって修正していくんだろう? といったような家族の再生の物語という部分が、より浮かび上がってきたように感じます。リハーサルも含めて、吉岡(里帆:大悟の妻・有希役)さんや娘・ましろ役の(志水)心音ちゃんと築けた関係性というのが良かったんだろうなと思いました。

―出演作に原作がある場合は読まれますか?

「読まなくていい」って言われることも多いんですよね。読むと変に意識してしまったり、圧倒されてしまうことも多いので(笑)。でも『ガンニバル』の原作漫画は読みやすくて、共演の俳優さんでも意外な方が「読んでるよ」って言ってくださったりしたので、今回はすすんで読みました。

『ガンニバル』© 2022 Disney

―本作は美しい山間部で撮影されていますが、どこで撮影されたのでしょうか? 山奥での撮影で初体験だったことや苦労されたこと、撮影中の印象的なエピソードがあったら教えてください。

いろんな山にいきました。兵庫、茨城、長野、山梨、静岡……6か所くらい。僕は自走で現場に行っていたんですが、山頂のほうは電波が良くなくて、マップの指示どおりに行っても帰路ではY字路の片方が通行止めになっていたりして(笑)。そのタイミングで電波が切れたりするので、迷いながら下山するのは怖かったですね。
あと第1話に熊が出てくるんですが、そこはCGなので、何もない状態で一人で芝居をするという経験はあまりなかったので新鮮でした。

「“怖い話”すら無理で、本格的に避けて通ってきました(笑)」

―共演者の皆さんとは現場でどんな交流がありましたか?

吉岡さんとは家族の役なので、どういうところで育ったとか、子供の頃どんな映画を観ていたとか、自然とそういう話になりました。あまり現場で芝居論とかは話さないですね。ただ『ガンニバル』についての考えとか意見とか、お互いの気持ちを話し合ったという感じです。

―エピソードが進み物語がドライブしていくにつれて、欧米のエモーショナルな刑事ドラマや推理ドラマ的な趣も感じられました。そういった海外の作品はよく鑑賞されますか?

『リオの男』(1963年)などジャン=ポール・ベルモンドの出演作品はよく観ました。ベルモンドは『気狂いピエロ』(1965年)などのヌーヴェルヴァーグ作品から、30歳を過ぎてアクション作品にも挑戦していますが、『ガンニバル』にもアクション要素があるので、そのあたりの面白さは共通するかなと。今回、撮影部の池田(直矢)さんと色々と話す時間があったんですが、片山組は初めてだったので信頼できるスタッフさんにいていただけて良かったです。

『ガンニバル』© 2022 Disney

―では、サスペンス・スリラー作品で何か1本挙げるとしたら?

う~ん、むずかしいな(笑)。でもティモシー・シャラメの新作(『ボーンズ アンド オール』)とかは気になりますね。子供の頃にテレビで怖い映画、例えば『リング』(1998年)とかを観たら寝られなくなったりして、それくらい苦手なんです。いわゆる“怖い話”すら無理で、本格的に避けて通ってきました(笑)。なので今回の撮影では気持ちで負けないようにしつつ、どうやったら狙い通りに撮れるんだろう? という部分で試行錯誤して、そこが(サスペンス作品の)面白いポイントだなと初めて感じられました。

「もう“上がる”しかない」

―今回、シンガポールほか様々な国に行かれたと思いますが、どんな反応がありましたか? 印象に残ったものを教えてください。

いろんな国の方にインタビューしていただきました。よく海外の俳優さんだとインタビュアーさんと交互に映して……みたいな映像がありますけど、ブラッド・ピットとかレオナルド・ディカプリオのインタビューと同じじゃん! っていうのが嬉しかったですね(笑)。

タイとかインドネシアは割とロマンス系の作品が多いそうなんですが、「こういう(『ガンニバル』のような)作品が本当に必要なんです!」って言ってくださる方もいて、質問にしても好意的な雰囲気だったので嬉しかったですね。

柳楽優弥

―そういった海外からの反応には、俳優としてモチベーションが上がりますか?

それは上がりますね。もちろん国内だけで作ることの良さは絶対にあります、僕はそういう環境で生きてきていますし。でもディズニープラス作品のアジア各国の出演者やスタッフの代表が揃うと「韓国すごい勢いあるな」と感じざるを得ないし、とても刺激になりました。

業界全体で「日本も新しいステージに来ているのでは?」ということを皆で感じて、素直に切り替えていくことは大事ですよね。新しい風が吹いてるから、それを追い風に変えたいなという気はしています。それこそ韓国(の映像作品も)も昔から盛り上がっていたわけじゃないって言いますし、いろんな時代があって今の盛り上がりがあるのなら、もう日本も“上がる”しかないんじゃないかなと。

『ガンニバル』はディズニープラスのスターで2022年12月28日(水)より世界独占配信中

撮影:落合由夏

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ガンニバル』

都会から遠く離れた山間の“供花村”に、家族と共に駐在として赴任した阿川大悟。しかし、美しい村には、ある噂があった―この村では人が喰われるらしい…。
警察官としての信念で真相を探る大悟だが、やがて村の穏やかな日常が“おそろしい”顔を見せ始める。次々と起こる不可解な出来事に、友好的だがどこか不気味な村人たち…大悟はすべてに疑心暗鬼になり、狂気の淵へ追いつめられてゆく。
おかしいのは自分か、やつらなのか…“人間の本質”を暴く、全世界を震撼させる驚愕の結末とは。

原作:「ガンニバル」二宮正明(日本文芸社刊)
監督:片山慎三、川井隼人
脚本:大江崇允
出演:柳楽優弥、笠松将、吉岡里帆、高杉真宙、北香那、杉田雷麟、山下リオ、田中俊介、志水心音、吉原光夫、六角精児、酒向芳、矢柴俊博、河井青葉、赤堀雅秋、二階堂智、小木茂光、利重剛、中村梅雀、倍賞美津子

制作年: 2022
  • BANGER!!!
  • ドラマ
  • 日本も新しいステージに来ている。もう“上がる”しかない 『ガンニバル』柳楽優弥インタビュー【後編】