疫病で荒廃した世界に生まれた“半獣の少年”の冒険譚! Netflix『スイート・トゥース:鹿の角を持つ少年』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:傭兵ペンギン
疫病で荒廃した世界に生まれた“半獣の少年”の冒険譚! Netflix『スイート・トゥース:鹿の角を持つ少年』
Netflixオリジナル映画『スイート・トゥース:鹿の角を持つ少年』独占配信中

R・ダウニー・Jr.製作のファンタジー

ロバート・ダウニー・Jrとスーザン・ダウニー夫婦がプロデューサーを務めるNetflixオリジナルシリーズ『スイート・トゥース:鹿の角を持つ少年』。アメコミ原作作品で、プロデューサーが『アイアンマン』シリーズ(2008~2013年)でおなじみダウニー・Jrなのでスーパーヒーローものと思っている人もいるかもしれないが、今作は疫病が蔓延する現代が舞台のファンタジードラマだ。

Netflixオリジナル映画『スイート・トゥース:鹿の角を持つ少年』独占配信中

謎の疫病の大流行によって文明が崩壊したことで半獣の子どもたちが産まれるようになり、彼らを疫病の原因として差別するようになった世界。外界から遮断された山奥で育てられた人間と鹿のハイブリッドの少年“ガス”が、彼を助けた暗い過去を持つ男“ビッグマン”と共に母親を探して冒険する……というストーリーだ。

Netflixオリジナル映画『スイート・トゥース:鹿の角を持つ少年』独占配信中

コミックからあえてトーンを変更したことが功を奏した?

クレジットなどではDCコミックスが原作とされているが、厳密に言えばDCコミックスの大人向けレーベルである<ヴァーティゴ>で2009年から展開された作品。ヴァーティゴはAmazonプライムでドラマ化された『プリーチャー』(2016~2019年)、今後配信予定のNetflixオリジナルシリーズ『The Sandman(原題)』などで知られるレーベルだが、惜しまれつつも展開が終了したためDCコミックスという表記になっているのだろう。

作者のジェフ・レミアはカナダのコミック作家で、DCコミックだけでなくマーベル・コミックスなど様々な出版社で活躍し、数々の受賞歴を持つ人気作家。代表作の一つである「Black Hammer」はレジェンダリー・ピクチャーズの元で映画化が予定されていたが、先日その企画が宙に浮いていることが明らかになったものの、もう一つの代表作である『スイート・トゥース』は晴れて完成したという形。

 

原作コミックは、ポストアポカリプス世界で子供がひどい目に遭い続ける非常にしんどいお話だったが、ドラマ化にあたって大枠は同じストーリーを追いつつも、だいぶトーンが明るくなっている。

Netflixオリジナル映画『スイート・トゥース:鹿の角を持つ少年』独占配信中

それはストーリー面だけでなく風景にも及んでおり、ジェフ・レミアが描いた荒涼とした暗い風景が、ドラマでは人間が減ったことで美しくなった自然を中心とする鮮やかなものとなっている。これが画面さえも暗くなりがちなポストアポカリプスものとしてはなかなかに新鮮な描き方で、今作では非常に効果的だったと思う(Polygonでのインタビューによれば、原作者もこの変更を歓迎している様子)。

Netflixオリジナル映画『スイート・トゥース:鹿の角を持つ少年』独占配信中

とはいえ、原作のキャラクターや辛いストーリーが伝えようとしていることの核となる部分は維持しており、2009年のコミックを、ポストアポカリプスものが出に出まくった後の今に、巧みにアップデートしている作品だ。

Netflixオリジナル映画『スイート・トゥース:鹿の角を持つ少年』独占配信中

パンデミックを経験した“今”へのアップデート

“今”へのアップデートといえば、疫病が物語のキーになるのは原作通りだが、このドラマはコロナ禍の真っ只中で制作された作品であり、感染者を排除しようと疑心暗鬼になり過剰な反応を起こすコミュニティが描かれるなど、嫌なリアリティのある疫病の描写がなされている。こういった部分もまた、このドラマを面白くしているポイントと言えるだろう。

Netflixオリジナル映画『スイート・トゥース:鹿の角を持つ少年』独占配信中

実は2話目まで撮影したところで、コロナ禍で約1年ほど撮影が止まったらしく、主人公のガスを演じるクリスチャン・コンヴェリーはだいぶ身体が成長してしまったらしいのだが、全話を通じて抜群の可愛さを発揮している。その可愛さは、原作の絵から考えると可愛すぎるくらい。とにかくドラマに観客を引き込むのは、なんといっても彼の魅力だろう。

Netflixオリジナル映画『スイート・トゥース:鹿の角を持つ少年』独占配信中

しかし可愛さ一辺倒ではなく、もうひとりの主人公とも言えるアディール・アクタル演じるアディ・シンの物語では、妻が疫病にかかっていることを周囲には隠しながら治療法を探す医師が、人道に反するような方法しか見つけられず追い詰められていく様子など、この世界の厳しさもバッチリ描かれる。

Netflixオリジナル映画『スイート・トゥース:鹿の角を持つ少年』独占配信中

とにかく、そんなリアリティがある疫病と人間の残酷さが濃く描かれるしんどさと、純真な子供が世界に素直に反応していく可愛さ、そして美しい景色から引き出される明るさが実にいい塩梅で共存しており、ガスと彼の親代わりになっていくビッグマンの関係など、厳しいながらも心温まる物語となっている。この状況で疫病のドラマなんか見たくないと思うかもしれないが、コロナ禍の今だからこそチェックしてもらいたい作品だ。

Netflixオリジナル映画『スイート・トゥース:鹿の角を持つ少年』独占配信中

ちなみに、がっつりシーズン2に繋がる作りとなっているので、ぜひ続きを制作して欲しいところだが、今のところ製作発表のアナウンスはなし。2021年5月に配信された『ジュピターズ・レガシー』はシーズン1で打ち切りと発表されたこともあり心配ではあるが、今作の評価は上々なようなので期待しておきたい!

Netflixオリジナル映画『スイート・トゥース:鹿の角を持つ少年』独占配信中

文:傭兵ペンギン

『スイート・トゥース:鹿の角を持つ少年』はNetflixで独占配信中

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『スイート・トゥース:鹿の角を持つ少年』

“大崩壊”により変わり果てた世界。シカと人間のハイブリッドとして生まれた少年が、無愛想だが心優しい男とともに、新たな始まりを求めて大冒険の旅に出る。

制作年: 2021
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • ドラマ
  • 疫病で荒廃した世界に生まれた“半獣の少年”の冒険譚! Netflix『スイート・トゥース:鹿の角を持つ少年』