危険は娘だけじゃなく孫娘にまで及ぶ!リーアム・ニーソン叔父貴は今年もやっぱり戦う 2023年上半期必見アクション映画4選 - BANGER!!!

危険は娘だけじゃなく孫娘にまで及ぶ!リーアム・ニーソン叔父貴は今年もやっぱり戦う 2023年上半期必見アクション映画4選

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
危険は娘だけじゃなく孫娘にまで及ぶ!リーアム・ニーソン叔父貴は今年もやっぱり戦う 2023年上半期必見アクション映画4選
『ブラックライト』©2021 BL Productions LLC; Allplay Legend Corporation

L・ニーソン最新作ほか注目アクション目白押し

ハリウッドを代表する“アクションスター”として確固たる地位を築き上げた名優、リーアム・ニーソン主演の最新作『ブラックライト』をはじめ、2023年上半期はアクションが見どころの注目作が続々と公開を迎える。ということで、アクションファン必見の新作ラインナップをご紹介。

『ブラックライト』3月3日(金)公開

ハリウッドの最強スタント・アクションチームが集結! FBI長官vs“陰の最強フィクサー”が大死闘を繰り広げる

全米2週連続NO.1ヒットを記録した『ファイナル・プラン』(21)のマーク・ウィリアムズ監督が、リーアム・ニーソンと再びタッグを組んだ本作。通称“フィクサー”と呼ばれ、FBI長官直々に雇われているトラヴィス・ブロック(リーアム・ニーソン)は、極秘任務で潜入捜査をしている秘密捜査官に危険が迫った際、救出し更生させるという陰の任務を担っていた。

ある日、救出した潜入捜査官ダスティ(テイラー・ジョン・スミス)から、FBIが一般人の殺しに関与しているという話を聞かされる。にわかに信じられなかったが、彼はその事実を記者のミラ(エミー・レイヴァー・ランプマン)にリークしようとして消されてしまう。ミラと共に調査する中、極秘プログラム“オペレーション・U(ユニティ)”が存在することを知るブロックだったが、その中、娘と孫娘が危機にさらされることとなる―。

迫力満載のカーチェイスにド派手な銃撃戦など、手段を一切選ばず容赦なしで徹底的に追い詰めるトラヴィスとFBIの大死闘も見どころの本作。戦闘コーディネーターに『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『スーサイド・スクワッド』のリチャード・ノートン&ガイ・ノリスのチームを迎え、スタントコーディネーターを『96時間』『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』『フライト・ゲーム』など過去16本の作品で15年以上もニーソンのスタントを担当してきたマーク・ヴァンスロウ、『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』のシェリー・ジョンソンが撮影監督を担当するなど、錚々たる面々が集結した。ハリウッドが誇る最強スタント・アクションチーム×ニーソンの激しいカーチェイスや手に汗握る戦闘シーンは必見だ。

『ノースマン 導かれし復讐者』1月20日(金)公開

父王を殺され、母をさらわれた男が復讐に立ち上がる! 旅路の果てに待つ運命を描いたリベンジ・アクション。

『ウィッチ』(15)、『ライトハウス』(19)で全世界に衝撃を与えたロバート・エガース監督が初のアクション大作に挑戦。若き王子アムレート(オスカー・ノヴァク/アレクサンダー・スカルスガルド)は、旅から帰還した父オーヴァンディル王(イーサン・ホーク)とともに、成人の儀式を執り行っていた。しかし、儀式の直後、叔父のフィヨルニル(クレス・バング)がオーヴァンディルを殺害し、グートルン王妃(ニコール・キッドマン)を連れ去ってしまう。

殺された父の復讐と母の救出を誓い、一人島を脱出したアムレートは、やがて獰猛なヴァイキング戦士の一員となっていた。預言者との出会いにより、遂に自身の運命と使命を思い出した彼は、復讐へと動き出す……。アムレートが辿る数奇な運命、そして壮絶な復讐劇を目に焼き付けよう。

『呪呪呪 死者をあやつるもの』2月10日(金)公開

『新感染』監督最新作は、ゾンビ集団vsジャーナリスト&少女呪術師のホラーバトル!

『新感染 ファイナル・エクスプレス』(16)、『新感染半島 ファイナル・ステージ』(20)などのヨン・サンホ監督による最新作。チョン刑事(チョン・ムンソン)は、閑静な住宅街で起きた悲惨な怪事件を追うが、事態は混沌を極めていく。

事件を暴こうと調査をするジャーナリストのイム・ジニ(オム・ジウォン)はとある陰謀が関係していることを突き止めるが、強大な“呪い”により蘇ったゾンビ集団が「3つの殺人」を果たすために、姿を現し襲いかかってくる。ジニは旧知の呪術師ソジン(チョン・ジソ)と、呪術でゾンビとその黒幕に立ち向かうが……。

韓国エンタメの最先端<呪術×Kゾンビ>によるハイブリットホラーアクションの本作。ゾンビ映画史に新たな1ページを刻むこと間違いなしだ。

『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』3月3日(金)公開

マルチバースとカンフーで世界を救う!? A24が贈る、空前絶後のアクション・エンターテイメント。

映画スタジオ「A24」史上最大のヒットを記録した最新作『エブエブ』は,異色のアクションアドベンチャー。破産寸前のコインランドリーを経営するエヴリン(ミシェル・ヨー)は、気が弱く優柔不断な夫、いつまでたっても反抗期の娘、ボケているのに頑固な父を抱え、まさに人生どん底状態。

そんな彼女が国税庁の監査官(ジェイミー・リー・カーティス)に厳しい追及を受けている最中に、突然、夫のウェイモンド(キー・ホイ・クァン)に連れていかれたのは、なんと並行世界(マルチバース)! 彼女の前に現れたのは、「僕は君の夫じゃない。別の宇宙から来た“僕”だ」と言う、見違えるようにたくましい夫だった……。やがてエヴリンは救世主へと覚醒!?

全人類の命運を掛けた予測不能な戦いはもちろん、異色な世界観も楽しめるはずだ。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 危険は娘だけじゃなく孫娘にまで及ぶ!リーアム・ニーソン叔父貴は今年もやっぱり戦う 2023年上半期必見アクション映画4選