“伝説のロック・スター” デヴィッド・ボウイとは一体何者だったのか?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
“伝説のロック・スター” デヴィッド・ボウイとは一体何者だったのか?
『デヴィッド・ボウイ ムーンエイジ・デイドリーム』©︎2022 STARMAN PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

3月24日(金)より公開されるドキュメンタリー映画『デヴィッド・ボウイ ムーンエイジ・デイドリーム』より、予告編が解禁となった。

デヴィッド・ボウイとは一体何者だったのか

本作では、現代において最も影響力のあるアーティストにして“伝説のロック・スター”、デヴィッド・ボウイの人生と才能に焦点を当てる。

30年にわたり人知れずボウイが保管していたアーカイブから選りすぐった未公開映像と、「スターマン」「チェンジズ」「スペイス・オディティ」「月世界の白昼夢」など40曲にわたるボウイの名曲で構成。観客はボウイの音楽、クリエイティブ、精神の旅路を追体験する。

デヴィッド・ボウイ財団唯一の公式認定ドキュメンタリー映画である本作は、全編にわたりデヴィッド・ボウイのナレーションで導かれる。予告編も「大切なのは何をするかで、時間のあるなしや、望みなんか関係ない」というボウイのコメントから始まる。

カート・コバーンのドキュメンタリーも手掛けた監督

監督を務めるのは映画プロデューサー、ロバート・エヴァンスのドキュメンタリー映画『くたばれ!ハリウッド』、伝説のロックバンド、ニルヴァーナのカート・コバーンのドキュメンタリー映画『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』を手掛けた名手ブレット・モーゲン。デヴィッド・ボウイ財団が保有する膨大な映像にアクセスすることを許されたブレット・モーゲン監督は全ての映像に目を通すために2年もの歳月を費やし、厳選した貴重映像で構成した。

音楽プロデュースを務めるのはデヴィッド・ボウイ、T・REX、THE YELLOW MONKEY らの楽曲をプロデュースしてきた敏腕プロデューサー、トニー・ヴィスコンティ。そして音響には社会現象級の大ヒットとなったクイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』でアカデミー賞を受賞した音響技術者ポール・マッセイが参加。

『デヴィッド・ボウイ ムーンエイジ・デイドリーム』は3月24日 (金)より全国公開

『デヴィッド・ボウイ ムーンエイジ・デイドリーム』©︎2022 STARMAN PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE