なぜ、一人の天才開発者が日本の国家組織に潰されたのか? ネット史上最大の事件、禁断の映画化『Winny』 - BANGER!!!

なぜ、一人の天才開発者が日本の国家組織に潰されたのか? ネット史上最大の事件、禁断の映画化『Winny』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
なぜ、一人の天才開発者が日本の国家組織に潰されたのか? ネット史上最大の事件、禁断の映画化『Winny』
©︎2023映画「Winny」製作委員会

東出昌大と三浦貴大のW主演映画『Winny』(2023年3月10日公開)より、場面写真が一挙解禁された。

ネット史上最大の事件、禁断の映画化

東出昌大と三浦貴大をW主演に迎え、今、国内外で次回作が最も期待されている若手監督・松本優作がメガホンをとった映画『Winny』。

2002年、開発者・金子勇(東出昌大)は、簡単にファイルを共有できる革新的なソフト「Winny」を開発、試用版を「2ちゃんねる」に公開をする。彗星のごとく現れた「Winny」は、本人同士が直接データのやりとりができるシステムで、瞬く間にシェアを伸ばしていく。しかし、その裏で大量の映画やゲーム、音楽などが違法アップロードされ、ダウンロードする若者も続出、次第に社会問題へ発展していく。

©︎2023映画「Winny」製作委員会

次々に違法アップロードした者たちが逮捕されていく中、開発者の金子も著作権法違反幇助の容疑をかけられ、2004年に逮捕されてしまう。サイバー犯罪に詳しい弁護士・壇俊光(三浦貴大)は、「開発者が逮捕されたら弁護します」と話していた矢先、開発者金子氏逮捕の報道を受けて、急遽弁護を引き受けることになり、弁護団を結成。金子と共に裁判で警察の逮捕の不当性を主張するも、第一審では有罪判決を下されてしまう…。しかし、運命の糸が交差し、世界をも揺るがす事件へと発展する――。

©︎2023映画「Winny」製作委員会

解禁となった場面写真は、膨大なメディアに追いかけられながらも、金子自身の潔白と未来の技術者のため、彼を支援する弁護団とともに裁判所に向かう様子や、金子の実姉や弁護士の壇など、生前の彼を知る人たちから「まるで憑依したよう」と驚愕の声もあがった金子が“信用してない相手と向かい合う時の癖”であったと言う腕を組む仕草を切り取ったシーンのほか、プログラムを研究するために一心不乱にPCに向かう姿などを切り取ったものとなっている。

©︎2023映画「Winny」製作委員会

本作の松本優作監督からは、主演を務めた東出、三浦らほかキャストの人物造詣に対して「東出昌大さんや三浦貴大さんを初めとするキャストのひとりひとりが、役に対する取材を独自にされていました。東出さんに関しては、金子さんのお墓参りへ訪れて、遺族の方ともお会いしているんです。それで、金子さんの遺品をお借りすることができました。例えば、東出さんが劇中でかけている眼鏡や腕時計も、金子さんが実際に使っていたものなんですよ。深く入っていって下さったおかげです」とコメントを寄せている。

また撮影エピソードとして、「撮影の初日、金子さんのお姉様が現場へお見えになられたんですけど、東出さんの姿を見て号泣されたんです。当時のことを思い出されただけでなく、そこに魂が移ったような瞬間があったんじゃないかと思って。その光景を見て、『これでいいんだ』と感じました」と当時の想いを語っている。

©︎2023映画「Winny」製作委員会

©︎2023映画「Winny」製作委員会

映画『Winny』は、2018年に開催された「ホリエモン万博 CAMPFIRE映画祭」の“映画企画クラファン大会”でグランプリに輝いたことを起点としている。企画したのは、スマートキャンプやHIRAC FUNDを立ち上げ、現在Web3・NFT領域で新たにNFIGUREを起業している古橋智史。古橋は、以前から日本のテクノロジー発展に寄与したいという思いがあり、「出る杭が打たれない社会を」というテーマで本作を企画した。

メガホンを取るのは、自主映画『Noise ノイズ』(19)にて海外映画祭で高い評価を受け、現在公開中の『ぜんぶ、ボクのせい』で商業映画デビューを果たし、今後の作品が期待される監督、松本優作。これまで現代社会で生きていくことの難しさをリアルに描いてきた松本監督が、金子氏の考えに共鳴、本作を作り上げた。

なぜ、一人の天才開発者が日本の国家組織に潰されてしまったのか? 開発者の未来と権利を守るために、権力やメディアと戦った男たちの真実を基にした物語だ。

『Winny』は2023年3月10日(金)よりTOHOシネマズほか全国公開

©︎2023映画「Winny」製作委員会

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • なぜ、一人の天才開発者が日本の国家組織に潰されたのか? ネット史上最大の事件、禁断の映画化『Winny』