アカデミー賞有力候補『TÁR(原題)』 ケイト・ブランシェット、10回目のゴールデングローブ賞ノミネート

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
アカデミー賞有力候補『TÁR(原題)』 ケイト・ブランシェット、10回目のゴールデングローブ賞ノミネート
『TÁR(原題)』© 2022 FOCUS FEATURES LLC.

ケイト・ブランシェット主演作『TÁR(原題、読み方:ター)』が、「第80回ゴールデングローブ賞」で作品賞(ドラマ部門)、脚本賞、主演女優賞(ドラマ部門)の3部門にノミネート。日本公開は2023年5月に決定した。

ケイト・ブランシェット10回目のゴールデングローブ賞ノミネート

本年度のヴェネチア国際映画祭でケイト・ブランシェットが主演女優賞受賞を獲得したほか、数々のアカデミー賞前哨戦に名を連ねている本作。監督と脚本を手掛けたのは『イン・ザ・ベッドルーム』『リトル・チルドレン』でアカデミー賞脚色賞に連続ノミネートされたトッド・フィールドだ。

フィールド監督の16年ぶりの新作となる本作は、今年のヴェネチア国際映画祭で上映されるや6分間のスタンディングオベーションを受け、最優秀主演女優賞を受賞。早くもアカデミー賞有力候補に名乗りを上げた。

今回のゴールデングローブ賞でも主要3部門にノミネートされ、特に注目されるケイト・ブランシェットは主演・助演あわせて10回目のゴールデングローブ賞ノミネートとなる。

『TÁR(原題)』は2023年5月公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『TÁR(原題)』

ドイツの有名オーケストラで、女性としてはじめて首席指揮者に任命された指揮者リディア・ター(ケイト・ブランシェット)は、天才的能力と、たぐいまれなるプロデュース力で、自身を1つのブランドとして作り上げてきた。しかし、のしかかる重圧、過剰な自尊心、仕掛けられた陰謀により、彼女の心の闇は少しずつ広がっていくー。

出演:ケイト・ブランシェット、マーク・ストロング、ジュリアン・グローヴァ―
監督/脚本:トッド・フィールド『イン・ザ・ベッドルーム』『リトル・チルドレン』
音楽:ヒドゥル・グドナドッティル

制作年: 2022
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • アカデミー賞有力候補『TÁR(原題)』 ケイト・ブランシェット、10回目のゴールデングローブ賞ノミネート