『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』の音楽は、“女性らしさ”と“戦う勇敢さ、力強さ”の融合

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』の音楽は、“女性らしさ”と“戦う勇敢さ、力強さ”の融合
『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』

Netflixで世界配信されている「ジョジョ」シリーズ第6部『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』の劇中サウンドを担当している菅野祐悟氏が、Netflix AnimeのYouTubeチャンネルで同作についての思いを語った。

菅野氏は本作以前にも、第3部『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』、第4部『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』、第5部『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』と3作で「ジョジョ」シリーズのサウンドを担当しており、「世界的に愛されている、ジョジョのシリーズの音楽を担当させていただけるというのは、作曲家として本当に光栄に思っています」と話す。

第6部に当たる『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』で通算4作目のサウンド担当となる菅野氏だが、今作の音作りに関して「前回の音楽を超えたいという思いで一生懸命作っています。3部、4部、5部を超える音楽を作ろうと、一生懸命頑張りました。皆さん楽しみにしてください」とアピールし、「様々な個性豊かなキャラクターがいるので、サウンドでもそれぞれのキャラクターの個性を引き出せるような音楽を作りたいなと思い、毎回チャレンジしています」と音作りへのこだわりを語った。

また、今作の主人公・空条徐倫(くうじょう ジョリーン)はシリーズ初の女性主人公であるため、「(徐倫は)強いキャラクターですので、“女性らしさ”と“戦う勇敢さ、力強さ”を、どのように融合させて表現していくかが、今回チャレンジする一番のポイントだったと思います」と明かしたのだった。

ちなみに菅野氏お気に入りのエンディング曲は第3部『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』エジプト編で起用されたパット・メセニー・グループの「Last Train Home」だそうで、その理由を「ボクの青春時代に聞いていた、とても思い入れがある曲でした」と語っている。

「ジョジョ」シリーズ第6部『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』は、12月1日より第25話~最終話第38話を公開し、Netflixで全世界独占先行配信中。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』

西暦2011年、アメリカ・フロリダ州
恋人とのドライブ中、交通事故に遭遇した空条徐倫は、罠に嵌められて15年の刑期を宣告される

収容されたのは、州立グリーン・ドルフィン・ストリート重警備刑務所——別名「水族館」
絶望の淵に立つ徐倫だったが、父から託されたペンダントを手にした時、彼女の中で不思議な力が目覚める

“この世には死ぬより恐ろしい事があって、それがこの刑務所で起こっているのは確実なんだ”

徐倫の前に現れた謎の少年からのメッセージ
次々と起こる不可解な出来事
面会に訪れた父・空条承太郎から語られた恐るべき真実、そしてDIOという名前…

果たして空条徐倫は、この刑務所という「石作りの海」から自由になることができるのか? 
そして、100年以上に及ぶジョースター家とDIOの因縁に終止符を打つ、最後の戦いが始まる!!

  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』の音楽は、“女性らしさ”と“戦う勇敢さ、力強さ”の融合