国内最大級のホテル×エンタメ施設からなる超高層複合施設「東急歌舞伎町タワー」が2023年4月開業 各施設名称・ロゴを公開!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
国内最大級のホテル×エンタメ施設からなる超高層複合施設「東急歌舞伎町タワー」が2023年4月開業 各施設名称・ロゴを公開!
東急歌舞伎町タワー イベント開催時のイメージ

ホテル×エンタメ施設からなる超高層複合施設「東急歌舞伎町タワー」が2023年4月、東京・歌舞伎町の新宿TOKYU MILANO跡地に誕生する。

“好きを極める=スキキワ”を実現 歌舞伎町に複合エンタメ施設が爆誕!!

東急歌舞伎町タワーの外観イメージ

地上225mの超高層ビルに生まれ変わった「東急歌舞伎町タワー」は、地下1階から地下4階に1,500人収容のライブホール「Zepp Shinjuku(Tokyo)」、地上の低層階(6階〜8階)にはエンタメ文化を発信する劇場「THEATER MILANO-Za」、中層階(9階〜10階)には映画館のエンターテイメント施設「109シネマズプレミアム新宿」が入居し、上層階(18階〜47階)には、2つのホテル「BELLUSTAR TOKYO」「HOTEL GROOVE SHINJUKU」を展開する。

地下にはライブホール「Zepp Shinjuku(Tokyo)」!!

東急歌舞伎町タワー内にできる「Zepp Shinjuku(Tokyo)」イメージ

ソニー・ミュージック・エンターテインメント傘下のZeppホールネットワークが運営する同ライブハウスは、国内に8館、海外に開業予定を含め2館を展開する。「Zepp Shinjuku(Tokyo)」では、コンサートホール並みの動員数を実現したスケール感と、オールスタンディングで鑑賞するライブハウスの一体感の融合を実現する。1,500人のキャパシティで、アーティストとの距離が近く、一体感を感じることができる。多様な演出に対応すべく、Zepp初の360度LEDビジョンを導入し、一味違ったライブ体験を提供する。 上層階のホテルやレストランとのコラボなど、タワー内施設と連携して新しいエンタメ体験の提供を考えているとのことだ。

エンタメ文化を発信する劇場「THEATER MILANO-Za」!!

東急歌舞伎町タワー内にできる「THEATER MILANO-Za」のイメージ

新宿ミラノ座の名前を継承する新しいライブエンターテインメント劇場「THEATER MILANO-Za」は、約900席を完備する。アーティストと観客がお互いの鼓動や息遣いを感じられる客席空間を実現。さまざまなエンタメコンテンツに対応できるよう、多様な舞台や客席レイアウトに対応する。上層階のホテルの宿泊とセットで長期公演の上演を実現するなど、日本ではまれなエンタメ文化を発信することを目標としている。同劇場では、出演者の宙吊りや、大量に水を使う演出などにも対応でき、客席にはLED照明を設置されており、会場をテーマカラーに染めることができる。

プレミアムな映画体験を実現!!「109シネマズプレミアム新宿」

東急歌舞伎町タワー内にできる映画館「109シネマズプレミアム新宿」のイメージ

“シネコン激戦区”の歌舞伎町に登場する「109シネマズプレミアム新宿」は、モノトーンのデザインからなる全8スクリーンを設け、総席数752席を備える。全スクリーンで全席プレミアムシート(S席・A席)を導入したラグジュアリーな映画体験を実現する。9階にはロビーではなく、当映画館利用者のみが滞在できる“タイムレス・モダン”をコンセプトにしたラウンジを設けた。6番シアターには、左右の壁面でも映像が投影されるという、3面マルチプロジェクション・映画上映システム「ScreenX」を導入!! ここでしか味わえない超迫力満点の映画体験を実現するぞ!!

上層階のホテルは2つ!!「BELLUSTAR TOKYO」「HOTEL GROOVE SHINJUKU」

BELLUSTAR TOKYO

天空のラグジュアリーホテル「BELLUSTAR TOKYO」は、39階〜47階に展開。客室から素晴らしい景観を見ることができ、ラグジュアリー体験を実現する。45階のレストラン&バーでは、3層吹き抜けの開放感あふれる圧倒的な眺望で、記憶に残る食体験を提供する。バーでは、世界で通用するトップバーテンダーがドリンクを提供し、高級感あふれる特別な時間を過ごしていただける。

HOTEL GROOVE SHINJUKU

ミレニアル世代向けの「HOTEL GROOVE SHINJUKU」は、 18階〜38階に展開しており、各エンターテインメント施設での体験の余韻に浸ることができる空間を実現する。利用客の滞在が高揚感(GROOVE)にあふれるように、という思いを込めた。客室でエンタメコンテンツを見れるようなサービスが実現するかもしれない!!

17階には、“まちとつながるフロア”をテーマに、テラス・パーティールームなどを備えたまちの社交場としての役割を果たすレストラン&バーが誕生する。タワー内施設の利用者のみならず、歌舞伎町を訪れる人たちも利用できる。DJブースを完備しており、音楽イベントなどを開催できるとのことだ。

東急歌舞伎町タワー 記者発表会

「東急歌舞伎町タワー」の建築デザインは永山祐子氏が手がけた。明治時代に蟹川が歌舞伎町の街を流れていたという歴史的背景や、水の女神である弁財天が祀られていることから、“水・噴水”をモチーフにした外観&ロゴデザインとなった。

プロジェクトを手がけた東急グループは、時代に合わせたエンタメ施設の東急文化会館(東京・渋谷)や新宿ミラノ座(新宿・歌舞伎町)を展開。東京都が2018年、歌舞伎町を国家戦略特区に認定したことから、「歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)」が始動。繁華街・歌舞伎町の新たなまちのシンボルになるべく、リアル×オンラインのエンタメ発展拠点「東急歌舞伎町タワー」を創出する運びとなった。

場所は、JR新宿駅から徒歩7分と、学校や職場の帰りでも立ち寄りやすい好立地。“好きを極めること=スキキワ”ができるエンタメ複合施設「東急歌舞伎町タワー」にぜひ足を運びたいものだ!!

「東急歌舞伎町タワー」は、2023年4月開業予定。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

ジャンル

  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 国内最大級のホテル×エンタメ施設からなる超高層複合施設「東急歌舞伎町タワー」が2023年4月開業 各施設名称・ロゴを公開!