陰謀、冤罪、豪華客船!大注目の新作サスペンス映画3選!! 第71回ベルリン国際映画祭金熊賞&観客賞ノミネート作『白い牛のバラッド』など、この冬はサスペンスが熱い!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
陰謀、冤罪、豪華客船!大注目の新作サスペンス映画3選!! 第71回ベルリン国際映画祭金熊賞&観客賞ノミネート作『白い牛のバラッド』など、この冬はサスペンスが熱い!

益々寒さが厳しい冬真っ只中、映画界はスリル満点で寒さも吹き飛ぶ極上のサスペンス映画が目白押し!この冬特撰のサスペンス映画を3本ピックアップ。2022年2 月18 日(金)TOHO シネマズ シャンテほか全国公開となる第71回ベルリン国際映画祭金熊賞&観客賞ノミネート作『白い牛のバラッド』など、話題作をご紹介!

『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』2022年2月11日(金)より公開中

現在公開中の『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』(2021年)は伝説のジャズシンガー、ビリー・ホリデイとFBIの知られざる対決とその真実を明かすサスペンス・エンターテインメント。人種差別撤廃運動が激化する1940年代、ビリーの大ヒット曲「奇妙な果実」は運動を扇動すると見なされ、FBIから危険視されていた--。

「ビリー・ホリデイを止めろ! 彼女の歌声が人々を惑わせる」。1940年代、人種差別の撤廃を求める人々が、国に立ち向かった公民権運動の黎明期。アメリカ合衆国政府から、反乱の芽を叩きつぶすよう命じられたFBIは、絶大なる人気を誇る黒人ジャズシンガー、ビリー・ホリデイにターゲットを絞る。大ヒット曲「奇妙な果実」が運動を扇動すると危険視し、黒人の捜査官ジミー・フレッチャーをおとり捜査に送りこんだのだ。だが、逆境に立てば立つほど、ビリーの圧巻のステージパフォーマンスは輝きを増し、肌の色や身分の違いを越えて全ての人を魅了する。やがてジミーも彼女に心酔し始めた頃、FBIが仕掛けた罠、そしてその先に待つ陰謀とは--?

主演には、映画初出演でグラミー賞ノミネート歌手のアンドラ・デイを迎え、『大統領の執事の涙』(2013年)のリー・ダニエルズ監督が社会派なテーマを見事良質なエンターテインメントに昇華させた。

『白い牛のバラッド』2022年2月18日(金)公開

『白い牛のバラッド』はイランから届いた衝撃の冤罪サスペンス。本国では劇場公開が禁止されるほどイランのタブーに鋭く切り込んだ本作は、夫を冤罪で亡くしたシングルマザーと、彼女の前に突然現れた“ある秘密”を抱える男が繰り広げる、罪と償いについての物語。

愛する夫を1年前に冤罪で処刑されてしまったシングルマザーのミナ。今なお喪失感に囚われている彼女のもとに裁判所から信じがたい事実を告げられる。「真犯人が見つかりました。」賠償金が支払われると聞いても納得できず、担当判事アミニへの謝罪を求めるが門前払い。理不尽な現実にあえぐミナに救いの手を差し伸べたのは、夫の旧友と称する男性レザだったが、ふたりを結びつける“ある秘密”には気づいていなかった……。世界が衝撃を受けた想像を絶するラスト・シーンをあなたならどう受け止めるだろうか。

父親を政治犯として処刑された経験を持つ女優マリヤム・モガッダムが主人公を演じ、ペタシュ・サナイハと共に監督も務めた。第71回ベルリン国際映画祭で金熊賞と観客賞にノミネートされ世界から喝采を浴びた。

『ナイル殺人事件』2022年2月25日(金)公開

『ナイル殺人事件』は全世界で20 億冊以上を売上げる「世界一売れている作家」アガサ・クリスティ原作の傑作ミステリーサスペンス。アガサ・クリスティが生涯を通して書き続けた名探偵ポアロシリーズから、1937年に発表された「ナイルに死す」の映像化。エジプト、ナイル川をめぐる豪華客船で大富豪の美しい娘が被害者となり、その容疑者は、彼女の結婚を祝うために集まったクルーズ船の乗客全員--。

豪華客船という密室で、誰が何のために殺したのか?そして、ポアロの人生を大きく変えた≪衝撃の真相≫とは? 愛と嫉妬と欲望が複雑に絡み合う、禁断のトライアングル・ミステリーの幕が開く。『オリエント急行殺人事件』(2017年)に続き、名優ケネス・ブラナーがポアロを演じ、主演と監督を担った。

音楽史上に残る衝撃の実話から、死刑制度に切り込んだ傑作、ミステリーの女王の生誕130周年作品、息をつくのも忘れるドキドキのサスペンス映画たち。どれも見逃せない!

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『白い牛のバラッド』

テヘランの牛乳工場に勤めるミナは、夫のババクを殺人罪で死刑に処されたシングルマザーである。刑の執行から1 年が経とうとしている今も深い喪失感に囚われている彼女は、聴覚障害で口のきけない娘ビタの存在を心のよりどころにしていた。ある日、裁判所に呼び出されたミナは、別の人物が真犯人だと知らされる。ミナはショックのあまり泣き崩れ、理不尽な現実を受け入れられず、謝罪を求めて繰り返し裁判所に足を運ぶが、夫に死刑を宣告した担当判事に会うことさえ叶わなかった。するとミナのもとに夫の友人を名乗る中年男性レザが訪ねてくる。ミナは親切な彼に心を開いていくが、ふたりを結びつける“ある秘密”には気づいていなかった…。

制作年: 2020
監督:
出演:

PR

ジャンル

  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 陰謀、冤罪、豪華客船!大注目の新作サスペンス映画3選!! 第71回ベルリン国際映画祭金熊賞&観客賞ノミネート作『白い牛のバラッド』など、この冬はサスペンスが熱い!