塹壕の巨大セットが圧巻!!『キングスマン:ファースト・エージェント』マシュー・ヴォーン監督が舞台制作に抱く、強いこだわりを明かす!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
塹壕の巨大セットが圧巻!!『キングスマン:ファースト・エージェント』マシュー・ヴォーン監督が舞台制作に抱く、強いこだわりを明かす!
『キングスマン:ファースト・エージェント』© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

表の顔は、高貴なる英国紳士。裏の顔は、世界最強のスパイ組織“キングスマン”。スタイリッシュな英国紳士が、ド派手で超過激なスパイアクションを繰り広げる大人気シリーズ、『キングスマン』(2015年)、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2018年)。世界中で大ヒットを記録し、日本でも多くの熱いファンから支持を集める本シリーズの最新作『キングスマン:ファースト・エージェント』がついに公開!公開するやいなや、世界中が愛したキングスマンシリーズならではの魅力が詰め込まれた一方で、主人公のオックスフォード公と息子のコンラッドが紡ぐ親子愛やキングスマン誕生を描く新しい登場人物の活躍に、絶賛の声が広がっている。

『キングスマン:ファースト・エージェント』© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

中でも注目を浴びているのは、本作の舞台。現代を舞台に描かれた過去2作とは違い、本作では、1914年の誰もが知る第1次世界大戦を舞台に世界大戦の裏に誕生したキングスマンの物語が描かれる。既に解禁されている映像では、キングスマンシリーズらしい過激でぶっとんだアクションを披露しつつも、戦争の壮絶な戦いが垣間見えており、歴史をベースにした本作だからこそ、より一層深みが出た物語のドラマやキャラクターの心情に注目が集まっている。シリーズに続いてメガホンをとったのはマシュー・ヴォーン監督。マシューは過去に時代を遡ったのロケ地について聞かれると、「歴史ものをやる際に最も大変なのはそこなんだ。ある部屋にやってきて、『良いね。さあ、撮影開始だ!』と言うと、『それはできない。電気のコンセントがあるし、電線が剥き出しになっている。テレビもある』などと言われるというわけだ。」と、歴史を物語る上での困難な点を振り返る。製作者たちは、ヨーロッパ中にまたがる街の代役となるロケーションを見つけると共に、20世紀初頭の生命を吹き込んだセットを建てなければならなかったのだ。

『キングスマン:ファースト・エージェント』© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

マシューと共に作品を完成させたプロダクション・デザイナーを務めるダーレン・ギルフォード「監督から『約100年前の時代が舞台だ』と聞いて最初に考えたのは、今までと全く違う作品になるということだった。とても楽しかったし、実にやりがいがあった」と振り返り、「僕にとっては素晴らしい機会だったけれど、完璧にやらなければならないことも分かっていた。ストーリーを支えるものを見つけるために、最初に超有能なリサーチ・チームを結成した。建築物からグラフィックまで、手に入るものはすべて使って徹底的に調べたね。」と舞台制作へ並々ならぬ思いを語る。映画のほとんどの部分をイングランドとその周辺の様々な場所、特に南東イングランドで撮影を行った。本作において最大の難関であったのが第一次世界大戦の塹壕のシーンで作られた模型だそうで、イングランドホワイト・ウォルサムに作られた実際のセットは、約300メートルの長さに及んだとのこと。撮影の多くはイタリアトリノイングランドで行われた。

『キングスマン:ファースト・エージェント』© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

できる限りリアルなセットづくりにこだわったその理由を監督は「第一次世界大戦の恐ろしさと無意味さを表現することや、その実態に近づくことは非常に難しい。僕はそのことをドキュメンタリーのようにならないようにしながらも、リアルに見せたいと思った。あらゆる立場の兵士たちに敬意を払って表現することに最善を尽くした。」と熱い思いを明かす。史実を忠実に描きながらも、キングスマンシリーズとしての魅力も生み出さなければならなかった本作。ポップで現代的なガジェットが登場するキングスマンシリーズを描いてきたマシューにとっては困難なことだったかもしれないが、彼は見事本作を完成させた。渾身の最新作について「本作はワイドスクリーンで見てもらえるように撮影したものだ。スマホやiPadで見てもらうためじゃなくてね。スクリーンに没入してもらえればと思うよ。劇場に行って見てもらうことには本当に価値がある、間違いなくね。」とアピールし、マシューの情熱が籠った本作に対しては「シリーズの中で一番好き」という声も多く、新たに愛されるキングスマンシリーズとして世界中を興奮の渦に包み込んでいる。マシューの熱い思いが詰まった歴史裏に描かれたキングスマン誕生の物語を、ぜひ映画館の大きなスクリーンで“体感”しよう!

『キングスマン:ファースト・エージェント』は、大ヒット公開中!

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『キングスマン:ファースト・エージェント』

1914年。世界大戦を密かに操る謎の狂団に、英国貴族のオックスフォード公と息子コンラッドが立ち向かう。 人類破滅へのタイムリミットが迫る中、彼らは仲間たちと共に戦争を止めることができるのか? 歴史の裏に隠されたキングスマン誕生秘話を描く、超過激スパイ・アクションシリーズ待望の最新作。 最も過激なファースト・ミッションが始まる!

制作年: 2020
監督:
脚本:
出演:
吹替:

PR

ジャンル

  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 塹壕の巨大セットが圧巻!!『キングスマン:ファースト・エージェント』マシュー・ヴォーン監督が舞台制作に抱く、強いこだわりを明かす!