アイアンマンが“カメオ出演”する噂の真相とは!?『ブラック・ウィドウ』脚本家がその経緯を激白!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
アイアンマンが“カメオ出演”する噂の真相とは!?『ブラック・ウィドウ』脚本家がその経緯を激白!
YouTube

現在、大ヒット公開中のスカーレット・ヨハンソン主演MCU最新作『ブラック・ウィドウ』。同作の脚本をつとめたエリック・ピアソンが、公開前から噂になっていた“あの人”の出演について、初期段階の脚本ではカメオ出演するはずだったと告白!

数回の公開延期を経て公開された本作では、スカーレット・ヨハンソン演じる逃亡中の身のナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウが、スパイ機関“レッドルーム”の使者・タスクマスターを相手に激闘を繰り広げる姿を見せ、美人スパイで謎めいたナターシャの壮絶な過去が明かされた。

“あの人”のカメオ出演の真相はいかに…⁉︎

本作は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)の直後から『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年)の間が舞台だったこともあり、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)で命を落としたトニー・スターク/アイアンマンが出演するのではないか⁉︎ と、アイアンマン再登場を望むファンの間で、公開前から噂に。脚本をつとめたピアソンは、その噂の真相について「確かに初期の脚本にはトニーの名前があった」と米Comicbook誌に告白!

「確かに、初期段階の脚本には『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でトニーとナターシャが登場するシーンが書き込まれていたよ。トニーの名前が出てきたのはその時だけだったけどね。」と明かした。

最強ナターシャに助けはいらない⁉︎ アベンジャーズを登場させないことで同意‼︎

監督をつとめたケイト・ショートランドは、本作にほかのアベンジャーズを登場させることについて「マーベルCEOのケヴィン・ファイギが彼らを登場させないことで同意した」と英Total Film誌に明かした。

「当初、すべてのキャラクターの出演について議論していました。私たちが決めたことは、ケヴィンは本当に素晴らしい人で、“ナターシャに男の子は必要ない”と言ったんです。私たちは、彼女が助けを求めているように感じさせたくありませんでした。いつものように、彼女には一人で立ち上がっていてほしかったのです。」とショートランドは明かした。

鑑賞後にブラック・ウィドウの決めポーズをしたくなった人続出!アベンジャーズ史上最強の美人スパイ・ブラック・ウィドウの勇姿を目撃せよ!
『ブラック・ウィドウ』は、映画館&ディズニープラス プレミア アクセスで大ヒット公開中。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ブラック・ウィドウ』

ブラック・ウィドウの前に突如現れた“妹”エレーナ。姉妹は、自分たちを暗殺者に育てたスパイ組織レッドルームの秘密を知ったことで命を狙われる。唯一の味方は、かつて組織が生み出した“偽りの家族”だけ。だが、この家族の再会によって、レッドルームの恐るべき陰謀が動きだす! ブラック・ウィドウの作られた過去との戦いが、世界の命運を握る。

制作年: 2020
監督:
脚本:
出演:
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • アイアンマンが“カメオ出演”する噂の真相とは!?『ブラック・ウィドウ』脚本家がその経緯を激白!