マーベル VS DC―― ジェームズ・ガンがその違いを激白! 両社でメガホンを取ったガン監督、今後仕事をしたいのはどっち!?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
マーベル VS DC―― ジェームズ・ガンがその違いを激白! 両社でメガホンを取ったガン監督、今後仕事をしたいのはどっち!?
Facebook

『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』の公開を控えるジェームズ・ガン監督が、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)の違いについて明かした。今後どちらと仕事をしていきたいのか、ガンの本音もちょっぴり明かされているぞ!

ガンは、マーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ(2014年〜)と、DC映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』を手がけ、スーパーヒーロー映画の二大巨頭といえるマーベルとDCの作品を手がけた唯一の映画監督として知られる。米ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューに応じたガンは、マーベルとDCのアプローチの違いについて聞かれ、「DCは、マーベルのようにCEOのケヴィン・ファイギがすべてを仕切っているわけではない」が、「人々が思っているほど大きな違いはみられない」と語った。

マーベルは映画制作者よりもファイギの意見が一番⁉︎

「ケヴィン・ファイギがワーナー・ブラザース(DC映画の配給会社)の人たちよりもずっと編集に関わっていることは間違いないよ。彼はより多くのメモを取る。僕はいつもメモは取らないよ。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の最初のカットを見たら、問題があってね。私はあんなに巨大な作品を作るのは初めてだったから、何がうまくいって何がうまくいかないかを学び、余分なものを削っていったよ。マーベルが発展し、ファイギが映画全体の半分を所有するようになると、彼はより広範囲に渡って活動するようになるのさ」と語った。

マーベル・スタジオ社長 ケヴィン・ファイギ

DCは映画制作者の意図や多様性を尊重!

ガンは、DCの特徴として「ワーナー・ブラザースの人々は、世界を構築し、映画制作者にとってユニークなものを生み出すことにとても興味を持っている」と語っている。

「ワーナー・ブラザースのスタッフは、その世界を構築し、映画制作者独自のものを作ることにとても興味を持っているんだ。私がやっていることは、ペイトン・リード(『アントマン』シリーズ)がやっていることとも、ジョン・ファヴロー(『アイアンマン』シリーズ)がやっていることとも、タイカ・ワイティティ(『マイティ・ソー』シリーズ)がやっていることとも全く違う。しかし、『シャザム!』や『スーサイド・スクワッド』ほどの違いはない。『ジョーカー』は、今までとはまったく違うタイプの映画で、僕にとってはクールだと思ったよ。マット・リーヴスの『ザ・バットマン(原題)』には期待しているよ。本当に優れた映画制作者が参加しているからね。でも、映画には当たり外れがあるものだから、つまらなくなってほしくはないな」と語った。

「全てが終わったと思った」ガン、マーベル解雇&復帰騒動を振り返る

ガンは2018年、過去に投稿した小児性愛やレイプを題材にしたツイートを掘り起こされたのをきっかけに、マーベルと親会社のディズニーから『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3(仮題)』の監督を解雇を言い渡された過去がある。その後、同シリーズの主要キャストやファンによる署名で、2019年に監督の復帰が決まっている。ガンは、その当時のことを振り返り、「全てが終わったように思えた」と語った。

「その日の朝、ケヴィンに電話して、“そんなに大きな問題なのか?”と聞いたら、彼は“分からない”と言っていた。僕は、“本当に君は何も分かっていないのか?驚いたな”と答えたよ。後日、彼から電話があり、彼自身もショックを受けていたけど、権力者たちが決めたことを教えてくれたよ。(解雇の知らせは)信じられなかった。全てが終わったように思えた。何もかもが一瞬でなくなってしまったんだ。家を売らなければならないだろうな。もう二度と働けないだろう。そんな気持ちだったよ。」と振り返った。

マーベルとの仕事は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』次作で最後⁉︎ ガンの本音はいかに!

今後マーベルとDCのどちらかと仕事をする予定があるのか聞かれたガンは、「まだ何も決まってない」と明かした。

「まだ決まっていないよ。今後何をするのか、全く分からない。僕にとっては、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3』が最後の作品になるだろうね。もう一度やるかどうかはわからない。DCだったらいろんなことができるし、楽しいからね。」と語った。

「ルールなんてない!」「誰が死ぬか分からない!」とやりたい放題宣言をしていたガンの最新作『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』は、2021年8月13日(金)より公開。ぜひお見逃しなく!

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』

人類最大の危機、それは極秘「怪獣」プロジェクト⁉ 世界の運命を託されたのは、なんと 14 人全員終身刑のクソやばいヤツら!サメ人間、悪カワ、武器オタ、筋肉野郎、水玉の陰キャ、ほか多数ーー政府指令で、減刑と引き換えに悪党たちが暴れまくる、成功率 0%のデス・ミッション開幕!

制作年: 2021
監督:
脚本:
出演:
声の出演:
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • マーベル VS DC―― ジェームズ・ガンがその違いを激白! 両社でメガホンを取ったガン監督、今後仕事をしたいのはどっち!?